305件中 71 - 80件表示
  • 化学の歴史

    化学の歴史から見た道具道具

    化学の起源は燃焼という現象に遡ることができる。火は、ある物質を別のものに変容させる神秘的な力であり、それゆえ驚きと迷信の出所となった。食品の調理による食習慣の変化や、陶器、それぞれの用途に特化した道具類の製作など、火は古代社会にさまざまな側面で影響を与えてきた。化学の歴史 フレッシュアイペディアより)

  • ガジェット (爆弾)

    ガジェット (爆弾)から見た道具道具

    ガジェット(gadget。道具や、ちょっとした装置という意味)の名は、「爆弾」のようなあからさまな名前にすると、マンハッタン計画の目的を知らない人々から情報が漏れてしまったり、スパイ活動によりその内容が明らかになることを警戒し、コードネームとして付けられたものである。ガジェット (爆弾) フレッシュアイペディアより)

  • 畳紙

    畳紙から見た道具道具

    畳紙(たとうがみ)とは、結髪の道具や衣類などを包むための紙のこと。単にたとう、タトウなどとも呼ばれる。畳紙 フレッシュアイペディアより)

  • フサオマキザル

    フサオマキザルから見た道具道具

    道具使用は、動物行動学や比較心理学において、たとえばベンジャミン・ベックによれば、「道具使用とは、環境内にある何にもくっついていない物体を身体外で利用することにより、道具以外の物体や自分以外の生物、あるいは使用者自身の形状や状況、状態を、利用しないときに比べて効率よく変化させることである。その際、使用者が道具を保持ないし運搬するのは、使用の最中またはそれ以前にかぎられ、また使用者は、道具を適切かつ有効な方向に向ける責を負う」と定義されている。また、オマキザル研究者のドロシー・フラゲイジー、エリザベッタ・ヴィザルベルギ、リンダ・フェディガン (Linda Fedigan) は、このような通常の定義に、「行為者は、道具とほかの物体ないし基盤との関係を産みだすのであり、ただ単純に既存の関係を利用するわけではない」という必要条件を追加している。これらの定義を満足する道具使用行動が、オマキザルで多く報告されている。フサオマキザル フレッシュアイペディアより)

  • 有害玩具

    有害玩具から見た道具道具

    ポケットナイフは欧米では古くより日常的な道具として用いられ、日本でも江戸時代から刀子と呼ばれる日用品としての小刀があり、肥後守という伝統工芸品的な物がある。これらの刃物は人類が進化してきた上で、火の使用と同程度の意味がある以上、普段からよく使う道具として考えることができる。このため少々怪我をしても、児童には大いにナイフを使わせ、多少の怪我を経験し刃物の扱いと危険性を学習させるべきだと考える人も多い。しかしフォールディングナイフやキャンプ用のシースナイフならまだしも、ダガーや銃剣のような実質的に武器として発展してきた物ともなると少々話は違ってくる。通信販売では、銃剣や凶悪なスタイルのファイティングナイフが販売されており、一部の店では携帯はおろか所持するだけでも問題視されるものも販売されている。この問題では、白兵戦に使用することを主目的に製造されたナイフを販売していた者達が銃刀法違反などで有罪に処された例がある。道具として扱う分には知育玩具ということも可能だが、リンゴをむいたり鉛筆を削るのに適さないような種類のナイフは有害とみなすことができる。有害玩具 フレッシュアイペディアより)

  • エアダスター

    エアダスターから見た道具道具

    パソコンなどの精密機器や家具などに付着した埃を吹き飛ばす目的で使用される。特に精密機器では微細な部品が使用されているため、埃を吸い込む道具を使用するとそれらの部品も誤って吸い込んでしまう恐れがある。また、ブラシやハタキ状の清掃器具は静電気を発生させるため、基板等に直接使用すると電子部品の破損の原因にもなる。そのため、このような機器を安全に清掃するために埃を吹き飛ばす道具であるエアダスターが使用される。特に、パソコン修理を職業とする者や自作パソコンユーザーはエアダスターをよく使用する。エアダスター フレッシュアイペディアより)

  • 消耗品

    消耗品から見た道具道具

    消耗品(しょうもうひん)とは、道具の内でも、一回の使用で状態変化を起こすか、使用に際して摩滅(すりへってやがて無くなること:→摩耗)するためにやがては消耗して無くなったり使用できない状態に変化する物品(工業製品など)のことである。消耗品 フレッシュアイペディアより)

  • 性能

    性能から見た道具道具

    機械や道具では、各種能力の特性を大きさで表したものが性能である。定量化された指標となるため、使用目的における適合性を検討したり、似た用途の機械類の比較に用いられたりする。性能 フレッシュアイペディアより)

  • 凶器

    凶器から見た道具道具

    凶器(きょうき、元の用字は兇器)とは、ヒトの生命・身体に危害を与え、殺害や傷害のために用いられる道具の総称。刀剣や銃などのような性質上の凶器と、自動車やチェーンソーなどの用法上の凶器との別がある。凶器 フレッシュアイペディアより)

  • 蛸 (突き棒)

    蛸 (突き棒)から見た道具道具

    蛸(たこ、タコ)とは、重さをもって地面等の基礎を突き固める道具(棍棒・槌などといった突き棒)、すなわち、撞槌(とうつい)の俗称的呼称。蛸木(たこぎ、たこ木、タコ木)の略称。蛸 (突き棒) フレッシュアイペディアより)

305件中 71 - 80件表示

「使うもの」のニューストピックワード