305件中 81 - 90件表示
  • 骨角器

    骨角器から見た道具道具

    骨角器(こっかくき、)は、動物や魚・貝類の骨、角、牙、殻などを材料として製作された人工品である。道具に限らず、装身具も含む。骨角器 フレッシュアイペディアより)

  • 矢筈

    矢筈から見た道具道具

    踏み台を使わずに掛軸を掛けるための棒状の道具。本項で詳述する。矢筈 フレッシュアイペディアより)

  • 農具

    農具から見た道具道具

    農具(のうぐ) は、農業に使う手作業用道具農具 フレッシュアイペディアより)

  • 鋤

    から見た道具道具

    鋤(すき)とは、ガーデニングや農業において、地面を掘ったり、土砂などをかき寄せたり、土の中の雑草の根を切るのに使用される手作業用の道具、農具である。 フレッシュアイペディアより)

  • 仏具

    仏具から見た道具道具

    仏具(ぶつぐ)は、仏教の儀式で使用される日用品とは異なる特殊な道具、あるいは僧侶などの聖職者が使用する装飾品の事である。法具、法器とも言う。仏具 フレッシュアイペディアより)

  • 鳶口

    鳶口から見た道具道具

    鳶口(とびぐち)とは丸太や原木など木材の移動・運搬・積み上げや、木造の建築物の解体や移動(曳き屋)に使用される。古くは鳶職を中心に組織された町火消の消防作業に使われた道具である。このため鳶職という名が冠されたともいわれる。鳶口 フレッシュアイペディアより)

  • 自給自足

    自給自足から見た道具道具

    自給自足(じきゅうじそく)とは、生活に必要な物資をすべて自ら(単身または家族で)手に入れる生活のあり方のことである。一般的な生物はすべて自給自足である。ヒトにおいてはそれが普通でないのは、道具などの使用において、専門性や分業制が現れ、流通が広域化していることに由来する。自給自足 フレッシュアイペディアより)

  • 制限要因

    制限要因から見た道具道具

    実際には要因は原料とは限らない。また何が制限要因となるかによってその影響も変わる。たとえばものを作るには道具もエネルギーも必要だから、原料があってもエネルギーがたりない場合にはエネルギーが限定要因となるであろう。道具が不足する場合は、時間をかければ原料すべてを処理できるであろうから、総生産量については制限要因とならない。しかし道具が少なければ効率は下がるから、生産速度を見た場合には制限要因となることがわかる。制限要因 フレッシュアイペディアより)

  • 計量器

    計量器から見た道具道具

    計量器(けいりょうき)とは、計量法では、計量するための器具・機械・装置を指す。なお計量法では「計量」とは、次に掲げるもの(以下「物象の状態の量」と言う)を計ることを指す。計量器 フレッシュアイペディアより)

  • リンク機構

    リンク機構から見た道具道具

    リンク機構はもともと機械要素や道具に用いられていた。典型的な例はサスペンションやボルトカッターである。内燃機関のピストン、コンロッド、クランクは古典的な4リンク1自由度のリンク機構である。リンク機構は複雑な動作を実現する最も単純で安く効率的な方法として用いられている。リンク機構 フレッシュアイペディアより)

305件中 81 - 90件表示

「使うもの」のニューストピックワード