338件中 81 - 90件表示
  • 防犯装備

    防犯装備から見た道具道具

    防犯装備(ぼうはんそうび)とは、主に個人が携帯所持する防犯用品(道具)を指す。防犯グッズとも言う。防犯装備 フレッシュアイペディアより)

  • 思考

    思考から見た道具道具

    人類に近いチンパンジーについて、ドイツの心理学者ヴォルフガング・ケーラーは、手が届かないバナナを道具を使って取らせる実験(『類人猿の知恵試験』)を行い、思考についての考察を纏めた。それによると、棒とバナナが同じ視野に入らない場合、チンパンジーがバナナを獲得することは非常に困難になる。また、無用なものも含めた複数の道具がある状況では、成功するまで数々の道具を使った試行錯誤を繰り返す。これらは、バナナを見つけたチンパンジーは本能からそれを手に入れることへ行動エネルギーがベクトル化され、実は有用な道具類も同時に見えない限り意味を見出せず、視線を外したとたん切捨てられる傾向があるためである。また、複数の道具の有用性を事前には想像できず、試さなければ判らないという点も汲み取れる。思考 フレッシュアイペディアより)

  • 爪切り

    爪切りから見た道具道具

    爪切り(つめきり)は、人間を含む動物の爪のうち伸びすぎた余剰部分(白い部分=爪甲遊離円の部分)を切り取る行為。また、爪の長さや形状を整えるための道具である。爪切り フレッシュアイペディアより)

  • 遊具

    遊具から見た道具道具

    遊具(ゆうぐ)とは、遊びに供するために利用される道具・設備である。一般には公園などに置かれて、子供たちが遊びに使う道具設備の意味であるが、他方では娯楽に供させる施設にも、遊具と呼ぶ物がある。遊具 フレッシュアイペディアより)

  • 現代的行動

    現代的行動から見た道具道具

    洗練された道具、(道具を作るための)二次道具現代的行動 フレッシュアイペディアより)

  • 探査機

    探査機から見た道具道具

    人間は、その歴史の開闢以来、様々なことを知ろうとしてきた。この理由は好奇心の成せる技であったり、あるいはそれよりもはるかに切実で実利的な理由(「今いる場所・状況より快適な場所が他に無いか」など)であったりと様々であるが、探査機はそういった人間の活動を補助するために、人間自身によって作られた道具の一種である。探査機 フレッシュアイペディアより)

  • ゆりかご

    ゆりかごから見た道具道具

    ゆりかご(揺り籠)は、幼児・乳幼児を収めてあやすための道具(家具・容器)である。揺籃(ようらん)ともいう。ゆりかご フレッシュアイペディアより)

  • 布団叩き

    布団叩きから見た道具道具

    布団叩き(ふとんたたき)とは、テニスラケットのような形をした布団の手入れ道具である。英語圏ではカーペットビーター()と一般的に呼ばれており、他にもカーペットクリーナー、ダストビーター、鞭、尻叩きなど、さまざまな呼び名がある。布団叩き フレッシュアイペディアより)

  • ハモウカル

    ハモウカルから見た道具道具

    ハモウカルからは紀元前4500年から紀元前4000年の間に遡るとみられる、黒曜石製品を作る工房や土器片などが発見されており、ハモウカルが古代における黒曜石製の道具や武器を作る拠点であったことを示している。ハモウカル周辺にはこうした岩石は存在しないため、原料の黒曜石はどこかから輸入されたものとなる。化学的分析の結果、一番近い黒曜石の産地で、170km北にあるネムルト山(ネムルト・ダウ、Nemrut Dağ、現在トルコ領)から産出されたものであることが明らかになった。ハモウカルは大量の道具や武器の生産、およびアナトリア南部とメソポタミアを結ぶ交易で栄えた都市ということになる。ハモウカル フレッシュアイペディアより)

  • 調理用計量器

    調理用計量器から見た道具道具

    調理用計量器(ちょうりようけいりょうき)とは、調理をする際に調味料などの分量を量るための道具。調理用計器ともいう。調理の際には目分量がとられることも多いが、調理の標準化や品質管理という点では調理用の計器類は重要な意味を持つ。具体的には計量カップ、計量スプーン、温度計、タイマーなどがある。料理のレシピを記載する場合にも、決められた種類の計量器を指定して材料の分量を書き記す場合が多い。一見して同じに見えるものでも国によって容量が異なる場合がある。本項では、体積を量る計量器について記載する。調理用計量器 フレッシュアイペディアより)

338件中 81 - 90件表示

「使うもの」のニューストピックワード