593件中 91 - 100件表示
  • シングル介護

    シングル介護から見た保険保険

    非婚者が行うシングル介護の場合、親に対してどの程度の介護を必要とするかに依存するが、多くの日常の時間を割くことが多く、非婚者が仕事を持っている場合、その仕事をこなす時間が十分とれない事にある。このため、介護に時間を割けるように仕事や勤務先を変えたりするが、この場合は非婚者の収入が減る。また、親から目が離せないなどの介護が必要な状況では勤務を辞める場合もあるが、この場合は親の年金のみが収入となることがある。非婚者の収入が減ったり、勤務を辞めて収入が途絶え、さらに親の年金受給額が少なかったり、無年金の場合もあり、非婚者と親の生活は困窮を極めることもある。現在、介護保険は介護サービスを外部から受ける場合の費用への保険であり、雇用保険が失業中の収入の保険であるが、シングル介護を行う非婚者の収入の減少や途絶えた場合の保険は存在しない。このため、シングル介護をする者、される者、親子ともども生活に困窮する事態となる。シングル介護 フレッシュアイペディアより)

  • 中小企業信用保険

    中小企業信用保険から見た保険保険

    中小企業信用保険(ちゅうしょうきぎょうしんようほけん)は、日本政策金融公庫が中小企業信用保険法(昭和25年12月14日法律第264号)に基づき、信用保証協会が中小企業者の債務に対して保証を付する再保険であり、中小企業信用補完制度の一環をなす。中小企業信用保険 フレッシュアイペディアより)

  • 事業費モニタリング

    事業費モニタリングから見た保険料保険

    保険会社の監督当局である金融庁は、保険会社の経営効率化への取り組み等の経営努力を保険料に適宜適切に反映させる観点から、保険料のうち、保険数理に直接よらない部分を中心に商品審査を簡素化するとともに、事業費に関する充実したモニタリングを行うことにより、監督の実効性の向上を図り、保険料の合理性・妥当性・公平性を確保した上で、保険商品の価格の弾力化を推進するため、2006年2月に「保険業法施行規則」および「保険会社向けの総合的な監督指針」を改正した。これは、2005年3月に公表した金融改革プログラムにおいて検討課題とされていた「保険商品の多様化と価格の弾力化の推進」の具体的施策の一部として実施されたものである。事業費モニタリング フレッシュアイペディアより)

  • ペット&ファミリー少額短期保険会社

    ペット&ファミリー少額短期保険会社から見た保険保険

    本社は東京都文京区本郷にある。社名の通り、ペットや動物に関しての保険商品を扱う。ペット&ファミリー少額短期保険会社 フレッシュアイペディアより)

  • ケイマン諸島の経済

    ケイマン諸島の経済から見た保険保険

    信託、保険、会社型投資信託 (Mutual Fund) 活動とともに、成長産業である観光産業はオフショアマネー (Offshore Money) を扱うために高度の銀行制度を必要としている。このような銀行サービスは、ケイマン諸島で業務を行っている570以上の銀行(多くの世界最大級の銀行の支店を含む)によって行われている。ケイマン諸島の経済 フレッシュアイペディアより)

  • 特定滞納者特別措置条例

    特定滞納者特別措置条例から見た保険料保険

    税や保険料を滞納し、納税について誠実性を欠く者に対し行政サービス等を制限することを規定している。特定滞納者特別措置条例 フレッシュアイペディアより)

  • 農業災害補償法

    農業災害補償法から見た保険保険

    この法律に基づき全国各地に農業共済組合が組織され、実際の補償業務を行っている。法律で定められた保険事業であるため、掛金に対し国が補助を行っていることが特徴的である。農業災害補償法 フレッシュアイペディアより)

  • 栄町通 (神戸市)

    栄町通 (神戸市)から見た保険会社保険

    明治から昭和前期まで神戸随一の金融街として栄えた歴史をもつ。戦後、三宮がその役割を担うようになってからも栄町通1丁目?3丁目には近年まで銀行や保険会社等の重厚な近代建築が並んでいた。しかし、1995年の阪神・淡路大震災で多くの建物が被災し解体で姿を消したことに加え、銀行の支店統廃合の時期が重なったために金融機関や企業の多くが撤退し、跡地は、マンションや駐車場となって沿道の風景が一変して現在に至っている。以上の歴史的経緯より、かつては日中に機能する街路として、夜間は都市のバス道にしては街灯が少なく沿道の建物も消灯し暗かったが、震災後、地下鉄海岸線の工事に際して街路の整備がなされている。栄町通 (神戸市) フレッシュアイペディアより)

  • 金融再生委員会委員長

    金融再生委員会委員長から見た保険業保険

    日本の金融再生委員会に置かれた国務大臣であるが、主任の大臣ではない。主として金融行政を所管する国務大臣であった。金融再生委員会は、金融破綻処理制度、および、金融危機管理についての、調査、企画、立案を所管した。具体的には、金融機能の安定と再生を目的に、金融機関破綻時に必要な処置を講じた。また、銀行業、保険業、証券業、その他の金融業の適切な運営や経営の健全性を確保するため免許、検査、監督を行うとともに、証券取引の公正さを確保するため監視を行った。金融再生委員会委員長は、金融再生委員会のこれらの会務を総理するとともに、金融再生委員会を代表した。金融再生委員会委員長 フレッシュアイペディアより)

  • 四天王寺大学短期大学部

    四天王寺大学短期大学部から見た保険会社保険

    英語科:金融機関や保険会社が割合として最も多い傾向にある。それに次いで、サービス業・流通・運輸業や建設業などが多い。実績としてミズノ・奈良ホテルなどがある。四天王寺大学短期大学部 フレッシュアイペディアより)

593件中 91 - 100件表示

「保険」のニューストピックワード