813件中 21 - 30件表示
  • アメリカンファミリー生命保険会社

    アメリカンファミリー生命保険会社から見た保険保険

    持ち株会社であるアフラック・インコーポレッド(Aflac Incorporated、本社:ジョージア州コロンバス市、NYSE:AFL、東証一部:8686)の子会社であり、日本及びアメリカでの保険販売を行っている。アメリカンファミリー生命保険会社 フレッシュアイペディアより)

  • 青年海外協力隊

    青年海外協力隊から見た保険保険

    青年海外協力隊(せいねんかいがいきょうりょくたい、)とは、日本国政府が行う政府開発援助 (ODA:Official Development Assistance) の一環として、外務省所管の独立行政法人国際協力機構 (JICA) が実施する海外ボランティア派遣制度である。青年海外協力隊の募集年齢は20?39歳。募集分野には農林水産、人的資源、保険・医療などがあり、さらに120以上もの職種に分かれている。2015年3月末現在までに88ヶ国、計42,367名の隊員が派遣されている。青年海外協力隊 フレッシュアイペディアより)

  • 近藤文二

    近藤文二から見た保険保険

    近藤 文二(こんどう ぶんじ、1901年10月24日 - 1976年11月25日)は、日本の経済学者。大阪市立大学名誉教授。保険学、社会保障論を研究。近藤文二 フレッシュアイペディアより)

  • 年金

    年金から見た保険会社保険

    各国の基礎年金においては税方式が一般的である。日本は社会保険方式である。民間保険会社や信託銀行、その他の会社や私的団体によって運営される年金においても、拠出制年金が採用される(養老保険など)。年金 フレッシュアイペディアより)

  • 郵政民営化

    郵政民営化から見た保険保険

    本記事で中心となる日本では、郵便局が預金(貯金、郵便貯金)や保険などの金融業務を行っている。それぞれ明治/大正の頃から続いており、現在どちらも年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)と並んで世界最大の金融機関となっている。諸外国の情勢については、年金に関する動態と、記事に書かれない事実の有無に注意が払われるべきである。2011年11月11日の記者会見で、アメリカ合衆国通商代表部のロナルド・カーク代表は、日本が環太平洋戦略的経済連携協定の交渉に参加する際の事前協議で、牛肉の輸入制限や自動車の貿易障壁とあわせ、郵便貯金/簡易保険事務範囲拡大の是非を議題に取り上げる意向であった。郵政民営化 フレッシュアイペディアより)

  • ネット銀行

    ネット銀行から見た保険保険

    従来の銀行と同じように、商品に定期預金があり金利は従来の銀行より高めである。他に外貨預金や投資信託、ローンなどを取り扱うところや、金融商品仲介(証券・保険)まで行うところがある。また振込においては従来の銀行とは異なるサービスを提供しているところもある。ネット銀行 フレッシュアイペディアより)

  • 保険業法

    保険業法から見た保険会社保険

    同法は保険監督法の基本法として、保険会社および保険募集に対する監督に係るあらゆる事項について規定しており、組織に関し保険会社の特性に照らして会社法に修正を行う部分、業務を規制し監督の実効性を担保する部分、保険募集を規制し消費者保護を目的とする部分からなる。保険業法 フレッシュアイペディアより)

  • 建築家

    建築家から見た保険保険

    アメリカ建築家協会(American Institute of Architects、AIA)は、継続的な教育プログラム、標準契約や慣行とのデザイン賞を含め、アメリカの建築家、へのサービスの範囲を提供し、プロの組織である。そのイメージとは対照的に、AIAは建築家のライセンスに直接関与していない。実際、建築家のための「AIAライセンス」または「AIA認証」は存在しない。ただし、AIAのメンバーは、その名前に接尾辞「AIA」を使用することがある。AIAは資格者のみが入会できる団体であり、保証・保険などのサービスとネットワークを提供する職能団体である。身分証明に AIA を付記することは、この会員にのみ許される。とはいえ、 AIA メンバーでなければ建築家ではない、というわけではなく、 AIA に所属しない建築家も多い。建築家 フレッシュアイペディアより)

  • 自動車保険

    自動車保険から見た保険保険

    日本では1997年よりリスク細分型自動車保険が認可され、主に外資系保険会社を中心に、放送(コマーシャル)や新聞などマスメディアを使った広告で展開している。ドライバーの年齢、性別、地域、車種、走行距離、運転免許証の色などによって保険料が違うのが特徴である。近年は、国内の既存保険会社が子会社を作って参入するケースもある。「週末にしか車を使用しない」など、走行距離が極端に短いケースでは保険料が安くなるが、通勤など日常的に車を利用する地方などで走行距離が伸びるケースでは、国内の保険会社よりも高くなることがある。また、法人での契約はできず、個人契約に限られ、車種も一般的な乗用車(5・3ナンバー)や小型貨物車(4ナンバー)、軽自動車に限られ、キャンピングカーなどの特種用途自動車、(いわゆる8ナンバー)は加入できない(合法的な改造車も加入できない場合がある)。自動車保険 フレッシュアイペディアより)

  • コンサルティング

    コンサルティングから見た保険保険

    企業の業務領域でも、顧客と「相談する」という観点から、保険会社の営業職や転職斡旋企業の代理人がコンサルタントを名乗る場合がある。しかし、これらは個人を顧客とする業務であり、従来本来のコンサルティングとは根本的に異なる職種である。また、相談業務そのものには課金せず、相談の先で得られる保険料収入や転職者斡旋料などで課金していることからも、コンサルティングとは異なる。コンサルティング フレッシュアイペディアより)

813件中 21 - 30件表示

「保険」のニューストピックワード

  • 国際観光旅客税(出国税)

  • 安心・安全・健康のテーマパークを目指せ!

  • jp/i/35491/18/resize/d35491−18−616954−3.jpg