208件中 21 - 30件表示
  • 保険

    保険から見たあいおいニッセイ同和損害保険

    あいおいニッセイ同和損害保険(大東京火災海上保険(旧野村系) + 千代田火災海上保険 + 同和火災海上保険 + ニッセイ損害保険。 MS&ADインシュアランスグループホールディングスの子会社)保険 フレッシュアイペディアより)

  • 保険

    保険から見た日立キャピタル

    日立キャピタル損害保険(旧:ユナム・ジャパン傷害保険。日立キャピタルの子会社)保険 フレッシュアイペディアより)

  • 保険

    保険から見たセコム損害保険

    セコム損害保険(旧:東洋火災海上保険(三菱傍系)→セコム東洋損害保険、セコムの子会社)保険 フレッシュアイペディアより)

  • 保険

    保険から見たイングランド銀行

    1802年「ロイズの父」アンガースタイン(John Julius Angerstein)が王立救命艇協会の母体となる公債4万3千ポンドの基金を設立した。この基金は国へ移管されるまでにロイズや太陽保険だけでなくイングランド銀行やイギリス東インド会社からも資金を得た。保険 フレッシュアイペディアより)

  • 保険

    保険から見た消費者金融

    大手消費者金融企業各社が、会社を受取人として債務者に対し生命保険を掛けていた問題である。債務者に断り無く生命保険を掛けていたケースもある。これは債務者死亡(自殺・生死不明での夜逃げ等も含む)による貸し倒れリスクとそれによる審査の厳格化の回避、債務を相続した遺族の負担の軽減、債務者死亡後の返済に関わる迷惑を遺族にかけない、などの名目があるものの、2005年度でこの消費者団体信用生命保険で保険金を受け取ったケースは4万件弱あり、さらに死亡原因の半数の2万件が不明、その1割が自殺であったことが判明した。またこの保険金を消費者金融企業各社が合計300億円受領していたこと、そして一部には弁済金以上の保険金を獲得した例もあると判明した。保険 フレッシュアイペディアより)

  • 保険

    保険から見た損害保険

    私営保険は、民間の保険会社が販売・運営する保険で、主に生命保険と損害保険を扱う。生命保険とは人の生死に関して一定額の保険金を支払う保険で、損害保険とは一定の偶然の事故によって生ずることのある損害を填補する保険である。。保険会社に付保規制を課し、違反となる保険商品を規制している国もある。日本政府は保険業法により、一部の例外を除き、日本に支店等を設けない外国保険業者は、日本に住所・居所を有する人若しくは日本に所在する財産又は日本国籍を有する船舶若しくは飛行機に係る保険契約を締結してはならないと定めている。保険 フレッシュアイペディアより)

  • 保険

    保険から見た投資信託

    20世紀を通じて、アメリカの保険会社は投資信託の主要な購買層であった。保険 フレッシュアイペディアより)

  • 保険

    保険から見たペット

    アイペット損害保険 (ペット向け保険専門の保険会社)保険 フレッシュアイペディアより)

  • 保険

    保険から見たスイス・リー

    スイス・リー(スイス・リインシュアランス・カンパニー・リミテッド、スイス)保険 フレッシュアイペディアより)

  • 保険

    保険から見たチューリッヒ保険

    1859年(安政6年)には、開港したばかりの横浜で、外国人を対象に外国保険会社によって火災保険や海上保険の引き受けが始められた。1867年(慶応3年)には、福澤諭吉が『西洋旅案内』の附録の中で、「災難請合の事 イシュアランス」として「生涯請合」(生命保険)、「火災請合」(火災保険)、「海上請合」(海上保険)の仕組みを広く紹介した。また、夏目漱石も保険制度の普及を著書にて薦めている。1879年(明治12年)には東京海上保険会社(現、東京海上日動火災保険株式会社)が、1881年(明治14年)には明治生命保険会社(現、明治安田生命保険相互会社)が創立され、本格的に保険が行われるようになった。なお、この19世紀後半にチューリッヒ保険やトラベラーズのような保険会社が生まれていった。保険 フレッシュアイペディアより)

208件中 21 - 30件表示

「保険」のニューストピックワード