前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9
85件中 1 - 10件表示
  • 直江津捕虜収容所事件

    直江津捕虜収容所事件から見た信越化学工業信越化学工業

    東京俘虜収容所第四分所(直江津捕虜収容所)は、1942年12月7日に新潟県中頸城郡直江津町(後の直江津市、現在の上越市)の信越化学工業の工場内に開設され、1943年2月、中頸城郡有田村春日新田(現・上越市川原町)に移転した。1945年9月に閉鎖された。使役企業は信越化学工業のほか、日本ステンレスなどで、終戦時収容人員は698人で、内訳はアメリカ人兵士338人、オーストラリア人兵士231人、イギリス人90人、オランダ人39人であった。直江津捕虜収容所事件 フレッシュアイペディアより)

  • 国鉄UT1形コンテナ

    国鉄UT1形コンテナから見た信越化学信越化学工業

    113〜116、信越化学所有。 塩化メチレン専用。国鉄UT1形コンテナ フレッシュアイペディアより)

  • 国鉄タキ5800形貨車

    国鉄タキ5800形貨車から見た信越化学工業信越化学工業

    落成時の所有者は日本ゼオン、三菱商事、日信化学工業、東洋曹達工業(現在の東ソー)、信越化学工業の5社である。1971年(昭和46年)12月17日に日信化学工業所有車10両(タキ5809 - タキ5818)が信越化学工業へ名義変更された。1978年(昭和53年)9月26日に信越化学工業所有車6両(タキ5825 - タキ5830)が日本陸運産業(現在の日陸)へ名義変更された。国鉄タキ5800形貨車 フレッシュアイペディアより)

  • 金児昭

    金児昭から見た信越化学工業信越化学工業

    金児 昭(かねこ あきら、1936年 - 2013年12月19日)は、日本の実業家、経営評論家。信越化学工業顧問、元金融監督庁顧問。金児昭 フレッシュアイペディアより)

  • 美濃部亮吉

    美濃部亮吉から見た信越化学工業信越化学工業

    1938年(昭和13年):人民戦線事件で検挙され法大教授を辞任 翌年、信越化学工業の嘱託美濃部亮吉 フレッシュアイペディアより)

  • 日本水力

    日本水力から見た信越化学工業信越化学工業

    日本水力が所有した発電所はその後の変遷を経て北陸電力に継承されている。また兼業の硫安事業は後に信越化学工業へと統合された。日本水力 フレッシュアイペディアより)

  • シリコーン

    シリコーンから見た信越化学工業信越化学工業

    日本では東京芝浦電気が1941年にケイ素樹脂の研究に着手し、1951年から自社製品に使用している。シリコーン素材としての販売は、1953年に信越化学工業から。ダウコーニング社は、1966年に東レとの共同出資で東レ・ダウコーニング・シリコーン株式会社(現 東レ・ダウコーニング株式会社)を設立している。シリコーン フレッシュアイペディアより)

  • 小坂順造

    小坂順造から見た信越化学工業信越化学工業

    小坂 順造(こさか じゅんぞう、1881年3月30日 - 1960年10月16日)は、日本の実業家、政治家。信越化学工業及び東信電気及び長野電灯創業者。長野県生まれ。小坂順造 フレッシュアイペディアより)

  • SUMCO

    SUMCOから見た信越化学工業信越化学工業

    シリコンウェハー生産の世界シェアは首位の信越化学工業に肉薄し世界シェア25%の2位。(2016年9月現在)。SUMCO フレッシュアイペディアより)

  • チッソ

    チッソから見た信越化学工業信越化学工業

    旭化成、積水化学工業、積水ハウス、信越化学工業、センコーグループホールディングス、日本ガスなどの母体企業でもある。チッソ フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9
85件中 1 - 10件表示

「信越化学工業」のニューストピックワード