85件中 11 - 20件表示
  • 信越化学

    信越化学から見た信越化学工業信越化学工業

    信越化学 フレッシュアイペディアより)

  • 信越半導体

    信越半導体から見た信越化学工業信越化学工業

    信越半導体 フレッシュアイペディアより)

  • 日本酢ビ・ポバール

    日本酢ビ・ポバールから見た信越化学工業信越化学工業

    日本酢ビ・ポバール株式会社(にほんさくビ・ポバール、英文名称JAPAN VAM & POVAL CO.,LTD.)は、酢酸ビニルやポバール(ポリビニルアルコール)の製造を行う企業。信越化学工業とユニチカの共同出資により設立されたが、現在は信越化学工業の100%子会社となっている。日本酢ビ・ポバール フレッシュアイペディアより)

  • 河野俊二

    河野俊二から見た信越化学工業信越化学工業

    2003年(平成15年)6月 信越化学工業株式会社取締役河野俊二 フレッシュアイペディアより)

  • 伊藤健一 (実業家)

    伊藤健一 (実業家)から見た信越化学工業信越化学工業

    伊藤 健一(いとう けんいち、1936年 - 2014年3月1日)は、日本の実業家。新潟県出身。元信越化学工業取締役。伊藤健一 (実業家) フレッシュアイペディアより)

  • 国鉄2950形蒸気機関車

    国鉄2950形蒸気機関車から見た信越化学工業信越化学工業

    1931年7月の三岐線開業にあたって1両(製造番号432)が製造された自重44.5tの機関車である。三岐鉄道ではE101形(101)と称した。同じE101形を称した機関車にはもう1両(102)があったが、こちらは汽車製造製であった。101は1955年(昭和30年)12月に廃車となり、大鉄車両を通じて東洋レーヨン(後のユニチカ)宇治工場に譲渡されたが、さらに信越化学工業武生工場に移り、S1と改称された。国鉄2950形蒸気機関車 フレッシュアイペディアより)

  • 国鉄1720形蒸気機関車

    国鉄1720形蒸気機関車から見た信越化学工業信越化学工業

    国有化後は、10年あまりそのまま越後線で使用されたが、その後は稲沢、敦賀、美濃太田等で入換用とされ、あるいは私鉄への貸し渡し用となった。廃車は1950年(昭和25年)3月で、そのうちの1両(番号不明)が信越化学工業武生工場に譲渡されている。国鉄1720形蒸気機関車 フレッシュアイペディアより)

  • 群馬県道194号宇田磯部停車場線

    群馬県道194号宇田磯部停車場線から見た信越化学工業信越化学工業

    信越化学工業 群馬事業所 磯部工場(安中市西上磯部/磯部2丁目)群馬県道194号宇田磯部停車場線 フレッシュアイペディアより)

  • 群馬県道213号磯部停車場妙義山線

    群馬県道213号磯部停車場妙義山線から見た信越化学工業信越化学工業

    信越化学工業 群馬事業所 松井田工場(安中市松井田町人見)群馬県道213号磯部停車場妙義山線 フレッシュアイペディアより)

  • ロッテルダム港

    ロッテルダム港から見た信越化学信越化学工業

    ニューウェ・マース川とニューウェ・ウァーターウェーフの分岐点下流側にあり、埠頭番号は4000番台。上流から第三石油埠頭(3e Petroleumhaven)、化学埠頭(Chemiehaven)、聖ローレン埠頭(Sint-Laurenshaven)がある。いずれも石油化学工業関連の埠頭で、世界最大のポリ塩化ビニル(PVC)製造会社である信越化学や、エッソ、と言ったメーカが所在する。ロッテルダム港 フレッシュアイペディアより)

85件中 11 - 20件表示

「信越化学工業」のニューストピックワード