55件中 21 - 30件表示
  • JR貨物UT13C形コンテナ

    JR貨物UT13C形コンテナから見た信越化学工業信越化学工業

    信越化学工業所有、四塩化珪素専用。全高2591mm(規格外)、最大総重量24.0t(規格外)。コキ200・106積載限定。JR貨物UT13C形コンテナ フレッシュアイペディアより)

  • 国鉄2950形蒸気機関車

    国鉄2950形蒸気機関車から見た信越化学工業信越化学工業

    1931年7月の三岐線開業にあたって1両(製造番号432)が製造された自重44.5tの機関車である。三岐鉄道ではE101形(101)と称した。同じE101形を称した機関車にはもう1両(102)があったが、こちらは汽車製造製であった。101は1955年(昭和30年)12月に廃車となり、大鉄車両を通じて東洋レーヨン(後のユニチカ)宇治工場に譲渡されたが、さらに信越化学工業武生工場に移り、S1と改称された。国鉄2950形蒸気機関車 フレッシュアイペディアより)

  • 河野俊二

    河野俊二から見た信越化学工業信越化学工業

    2003年(平成15年)6月 信越化学工業株式会社取締役河野俊二 フレッシュアイペディアより)

  • 鹿島臨海工業地帯

    鹿島臨海工業地帯から見た信越化学工業信越化学工業

    信越化学工業鹿島工場(奥野谷浜地区)鹿島臨海工業地帯 フレッシュアイペディアより)

  • 第六高等学校 (旧制)

    第六高等学校 (旧制)から見た信越化学工業信越化学工業

    金川千尋 - 信越化学工業現社長第六高等学校 (旧制) フレッシュアイペディアより)

  • 松本高等学校 (旧制)

    松本高等学校 (旧制)から見た信越化学工業信越化学工業

    小坂雄太郎 - 信越化学工業社長松本高等学校 (旧制) フレッシュアイペディアより)

  • ロッテルダム港

    ロッテルダム港から見た信越化学信越化学工業

    新マース川とニューヴェヴァーターヴェーフの分岐点下流側にあり、埠頭番号は4000番台。上流から第三石油埠頭(3e Petroleumhaven)、化学埠頭(Chemiehaven)、聖ローレン埠頭(Sint-Laurenshaven)がある。いずれも石油化学工業関連の埠頭で、世界最大のポリ塩化ビニル(PVC)製造会社である信越化学や、エッソ、ヴォーパックと言ったメーカが所在する。ロッテルダム港 フレッシュアイペディアより)

  • 西郷村

    西郷村から見た信越化学工業信越化学工業

    (株)信越半導体 白河工場西郷村 フレッシュアイペディアより)

  • 富士フイルムホールディングス

    富士フイルムホールディングスから見た信越化学工業信越化学工業

    東京証券取引所に上場する化学セクタの企業の中で、時価総額は信越化学工業に次いで2位の規模を誇る。富士フイルムホールディングス フレッシュアイペディアより)

  • 時価総額

    時価総額から見た信越化学工業信越化学工業

    21位信越化学工業(約2兆2,259億円)時価総額 フレッシュアイペディアより)

55件中 21 - 30件表示

「信越化学工業」のニューストピックワード