85件中 21 - 30件表示
  • 小坂善太郎

    小坂善太郎から見た信越化学工業信越化学工業

    長野県長野市出身。学習院を経て、1935年(昭和10年)に東京商科大学(現在の一橋大学)を卒業する(上田貞次郎ゼミナール)。三菱銀行勤務や信越化学工業取締役を経て、1946年(昭和21年)の第22回衆議院議員総選挙に長野1区(当時)から立候補し、初当選する。以後、当選16回(当選同期に二階堂進・江崎真澄・小沢佐重喜・石井光次郎・坂田道太・水田三喜男・村上勇・川崎秀二・井出一太郎・早川崇・中野四郎など)。片山内閣で9か月間大蔵政務次官を務める。小坂善太郎 フレッシュアイペディアより)

  • 五十嵐邁

    五十嵐邁から見た信越半導体信越化学工業

    企業人としても実績は評価され、1979年から1985年にかけて大成建設の取締役を務める。定年退職後、退職金をつぎ込み、それまで全く幼虫期の生態や形態が不明だったテングアゲハ(Teinopalpus imperialis)の調査団を結成し、ヒマラヤ山脈のふもと、インドのダージリンで探索を行った。結果、キャンベリーモクレンが食樹であることを明らかにするとともに、各齢の幼虫形態の記載を行った。その後、信越半導体で社長となる。五十嵐邁 フレッシュアイペディアより)

  • 明星セメント

    明星セメントから見た信越化学工業信越化学工業

    1958年(昭和33年) - 昭和電工、信越化学工業、日本カーバイド工業の3社が共同出資して設立。明星セメント フレッシュアイペディアより)

  • 宮崎毅

    宮崎毅から見た信越化学工業信越化学工業

    2007年(平成19年)6月:信越化学工業株式会社取締役宮崎毅 フレッシュアイペディアより)

  • 国鉄タサ4000形貨車

    国鉄タサ4000形貨車から見た信越化学工業信越化学工業

    落成時の所有者は日本ゼオン、信越化学工業の2社である。国鉄タサ4000形貨車 フレッシュアイペディアより)

  • 中村庸夫

    中村庸夫から見た信越化学工業信越化学工業

    また、ソニー、信越化学工業、ミシュラン、郵船クルーズ、凸版印刷、海遊館、名古屋港水族館などのカレンダーを担当した。中村庸夫 フレッシュアイペディアより)

  • JR貨物UT13C形コンテナ

    JR貨物UT13C形コンテナから見た信越化学工業信越化学工業

    信越化学工業所有、四塩化珪素専用。全高2591mm(規格外)、最大総重量24.0t(規格外)。コキ200・106積載限定。JR貨物UT13C形コンテナ フレッシュアイペディアより)

  • 新南陽駅

    新南陽駅から見た信越化学工業信越化学工業

    また、上記の東ソー専用線から分岐し日本ポリウレタン工業株式会社南陽工場や信越化学工業株式会社(現・信越ポリマー株式会社南陽工場)へ至る専用線や、当駅東側から分岐し駅南東の徳山曹達株式会社(現・株式会社トクヤマ徳山工場)(昭和19年10月開通)へ至る専用線もあったが、いずれも廃止された。新南陽駅 フレッシュアイペディアより)

  • 奥野谷浜駅

    奥野谷浜駅から見た信越化学工業信越化学工業

    かつては信越化学工業鹿島工場、鹿島石油鹿島製油所、武田薬品工業鹿島工場への専用線もあった。武田薬品工業専用線では、速星駅からタンク車で濃硝酸が輸送されていたが2008年3月限りで廃止された。信越化学工業専用線ではポリ塩化ビニルを、鹿島石油専用線では石油などを取り扱っていた。三菱化学専用線には液化酸化エチレンの荷役設備が設置され、塩浜駅へ液化酸化エチレンが発送されていたが2011年3月限りで廃止された。(東日本大震災により3月11日発送をもって事実上終了)奥野谷浜駅 フレッシュアイペディアより)

  • ハイフォン

    ハイフォンから見た信越化学工業信越化学工業

    2013年、市内のディンブー工業団地で、信越化学工業のレアアース磁石原料精製工場が稼働開始した。ハイフォン フレッシュアイペディアより)

85件中 21 - 30件表示

「信越化学工業」のニューストピックワード