85件中 51 - 60件表示
  • JR貨物UT17C形コンテナ

    JR貨物UT17C形コンテナから見た信越化学工業信越化学工業

    信越化学工業所有、トリメチルクロロシラン(KA-31)専用。全高2,591mm(規格外)、最大総重量18.07t(規格外)。コキ50000積載禁止。JR貨物UT17C形コンテナ フレッシュアイペディアより)

  • 国鉄ホキ6000形貨車

    国鉄ホキ6000形貨車から見た信越化学工業信越化学工業

    所有者は日本ゼオン、第一物産(その後三井物産へ社名変更)、呉羽化成(その後呉羽化学工業へ社名変更)、日本合成化学工業、三菱化成工業、昭和電工、信越化学工業、錦商事の8社であり、夫々の主な常備駅は能町駅、和賀仙人駅、勿来駅、西大垣駅、黒崎駅、鹿瀬駅、黒井駅、勿来駅であった。国鉄ホキ6000形貨車 フレッシュアイペディアより)

  • シリコンウェハー

    シリコンウェハーから見た信越化学工業信越化学工業

    シリコンウェーハの大手ベンダーには日系メーカーが多く、全体に占める日系のシェアは60%を超える。最大手は信越半導体、二番手はSUMCOである。以下、MEMC(米)、Siltronic(仏)、クアーズテック(日)、LG Siltron(韓)などが大手で、それ以外にも比較的小規模なメーカー、再生ウェーハ専門、SOIウェーハ専門など、特徴を持ったメーカーがある。シリコンウェハー フレッシュアイペディアより)

  • 八十二銀行

    八十二銀行から見た信越化学工業信越化学工業

    信越化学工業 - 旧帝国銀行(旧三井銀行)→旧第一銀行からの流れで久しく続いていた現みずほ銀行からの主力行の鞍替えで同行が名乗りを上げる。八十二銀行 フレッシュアイペディアより)

  • 専用鉄道

    専用鉄道から見た信越化学工業信越化学工業

    信越化学工業直江津工場専用線 - 信越本線黒井駅分岐(2000年頃廃止)専用鉄道 フレッシュアイペディアより)

  • 東京メトロ1000系電車

    東京メトロ1000系電車から見た信越化学工業信越化学工業

    主電動機(東京メトロ形式:MM-S2B形・メーカー形式SEA-534A形)は1時間定格120kW出力の回転子に永久磁石を使用した永久磁石同期電動機(PMSM・電圧400V・電流198A・定格回転数1,890rpm)で、従来の三相誘導電動機よりも高効率の使用ができる(従来の92%を96%まで向上)。永久磁石は信越化学工業製の「レア・アースマグネット」を使用している。また、電動機自体の発熱がないことから冷却装置が不要となるため、全密閉方式とすることで騒音低減も図られている。歯車比は109:14 (7.79) と高めにとっている。東京メトロ1000系電車 フレッシュアイペディアより)

  • 小坂徳三郎

    小坂徳三郎から見た信越化学工業信越化学工業

    小坂 徳三郎(こさか とくさぶろう、1916年1月20日 - 1996年2月23日)は、日本の実業家、政治家。信越化学工業社長・会長、信濃毎日新聞社長、衆議院議員、運輸大臣(53代)などを歴任した。小坂徳三郎 フレッシュアイペディアより)

  • 高崎健康福祉大学短期大学部

    高崎健康福祉大学短期大学部から見た信越化学工業信越化学工業

    富士通・京セラ・日本電気・日立製作所・三洋電機・三菱電機・沖電気工業・ミツバ・澤藤電機・富士重工業・住友軽金属工業・大同特殊鋼・日立金属・明電舎・信越化学工業・日本板硝子・松下電工・サンデン・大成建設・佐田建設・三菱マテリアル・旭ホームズ・日本シイエムケイ・日本ペイント・カルソニックカンセイ・本田技研工業・関電工・住宅金融公庫・農林中央金庫・みずほ銀行・三井住友銀行・りそな銀行・北越銀行・八十二銀行・武蔵野銀行・東和銀行・野村證券・大和証券・日興コーディアル証券・第一生命保険・明治安田生命保険・東京海上日動火災保険・三井住友海上火災保険・あいおい損害保険・東京海上日動火災保険・リコー・両毛システムズ・東芝インフォメーションシステムズ・ゼネラルソフトウェア・FFC・高島屋・西武百貨店・ダイエー・内田洋行・岩谷産業・資生堂・群馬トヨタ・群馬日産自動車・ジェイティービー・近畿日本ツーリスト・トップツアー・日本通運・三菱倉庫・ジェイアール東海パッセンジャーズ・東京電力・東京瓦斯ほか高崎健康福祉大学短期大学部 フレッシュアイペディアより)

  • 芝浦メカトロニクス

    芝浦メカトロニクスから見た信越化学工業信越化学工業

    2017年(平成29年)12月 - 信越エンジニアリング(株)(信越化学工業の子会社)及び(株)ニューフレアテクノロジーと資本業務提携。(株)東芝からの自己株式取得と、東芝による信越エンジニアリング・ニューフレアテクノロジー・市場への株式売出しにより、東芝がその他の関係会社でなくなる。芝浦メカトロニクス フレッシュアイペディアより)

  • 野口遵

    野口遵から見た信越化学工業信越化学工業

    野口 遵(のぐち したがう、1873年7月26日 - 1944年1月15日)は、日本の実業家。日本窒素肥料(現・チッソ)を中核とする日窒コンツェルンを一代で築いた。「電気化学工業の父」や「朝鮮半島の事業王」などと称された。チッソの他にも、旭化成、積水化学工業、積水ハウス、信越化学工業の実質的な創業者でもある。野口遵 フレッシュアイペディアより)

85件中 51 - 60件表示

「信越化学工業」のニューストピックワード