85件中 61 - 70件表示
  • JSR

    JSRから見た信越化学信越化学工業

    1957年、合成ゴムの国産化を目指して政府および関連民間企業の出資(出資比率は政府40%、民間企業60%)によって設立された国策会社・日本合成ゴム株式会社を前身とする。1969年に完全民営化し、事業の多角化を進める。創立40周年を迎えた1997年、現社名(日本合成ゴム株式会社の英文社名 Japan Synthetic Rubber Co.,Ltd.に由来)に商号変更した。高分子化学分野で培った研究開発力を活かして技術革新を進め、ファインケミカルを第二の収益柱としている。信越化学、日東電工と並び、化学業界屈指の高収益企業である。JSR フレッシュアイペディアより)

  • 富士フイルムホールディングス

    富士フイルムホールディングスから見た信越化学工業信越化学工業

    東京証券取引所に上場する化学セクタの企業の中で、時価総額は信越化学工業に次いで2位の規模を誇る。富士フイルムホールディングス フレッシュアイペディアより)

  • 武生駅

    武生駅から見た信越化学工業信越化学工業

    1984年(昭和59年)2月1日 - 貨物の取扱を廃止(旅客駅)。信越化学工業武生工場への専用線があった。武生駅 フレッシュアイペディアより)

  • コンビナート

    コンビナートから見た信越化学工業信越化学工業

    花王(株)鹿島工場、日本乳化剤(株)鹿島工場、(株)カネカ鹿島工場、(株)ADEKA鹿島工場、信越化学工業(株)鹿島工場、(株)クラレ鹿島事業所、ライオンケミカル(株)鹿島工場、(株)ユポ・コーポレーション鹿島工場、(株)油化スケネクタディー鹿島工場、三菱ガス化学(株)鹿島工場、JSRクレイトンエラストマー鹿島工場、(株)クラレ鹿島事業所、三井化学(株)鹿島工場、日本ブチル(株)鹿島工場コンビナート フレッシュアイペディアより)

  • 2007年の日本

    2007年の日本から見た信越化学工業信越化学工業

    新潟県上越市の信越化学工業直江津工場で爆発。17人が重軽傷。2007年の日本 フレッシュアイペディアより)

  • 越前市

    越前市から見た信越化学工業信越化学工業

    日信化学工業 - 1955年、チッソと信越化学工業との共同出資で設立。1965年、信越化学工業が全株式取得。1980年、本社を武生市(現越前市)に移転。越前市 フレッシュアイペディアより)

  • 小坂善之助

    小坂善之助から見た信越化学工業信越化学工業

    小坂善太郎(孫、順造の長男):衆議院議員・外務大臣・労働大臣・信越化学工業顧問を務めた。小坂善之助 フレッシュアイペディアより)

  • 安中市

    安中市から見た信越化学工業信越化学工業

    市の東部に東邦亜鉛安中製錬所がある。一時期にはカドミウムによる汚染が深刻化し問題となった。公害に関しては、安中公害訴訟を参照。また、市の西部(磯部地区)には信越化学工業磯部事業所があり、そのまた西1.5km位の所には信越化学工業松井田事業所が有る。安中市はこの二大企業(東邦亜鉛、信越化学工業)に依存するような形になっており、その二大企業に深く関連する企業もある。安中市 フレッシュアイペディアより)

  • 大同電力

    大同電力から見た信越化学工業信越化学工業

    日本水力より引き継いだ硫安事業を分離して1922年11月に設立。1945年(昭和20年)、信越化学工業に合併された。大同電力 フレッシュアイペディアより)

  • 積水化学工業

    積水化学工業から見た信越化学工業信越化学工業

    元々は大財閥日窒コンツェルン(現在のチッソ(事業会社としてはJNC)、旭化成、信越化学工業と出自を同じくする同根企業群)の一部門であったが、戦後の財閥解体に伴い、1947年3月3日に「積水産業」として創業される。1948年に積水化学工業株式会社に社名を変更すると、プラスチックを主力とした化学企業として目覚しい成長を遂げてゆく。積水化学工業 フレッシュアイペディアより)

85件中 61 - 70件表示

「信越化学工業」のニューストピックワード