1 2 3 4 5 6 7 8 9 次へ
85件中 81 - 85件表示
  • 商社

    商社から見た信越化学工業信越化学工業

    三益半導体工業(半導体関連のメーカー商社、信越化学系)商社 フレッシュアイペディアより)

  • 東京メトロ16000系電車

    東京メトロ16000系電車から見た信越化学工業信越化学工業

    主電動機には1時間定格出力 205 kW の東芝製の永久磁石同期電動機(PMSM・東京メトロ形式MM-S5A形・メーカー形式SEA-535形)を採用した。永久磁石は信越化学工業製の「レア・アースマグネット」を使用している。PMSM を採用することで従来の三相誘導電動機よりもエネルギー効率を高くすることができ(従来の92%を96%まで向上)、さらには全密閉構造とすることで低騒音も実現させた。PMSM を採用することで、従来の三相誘導電動機を使用する10000系と比較して消費電力を10%削減できるものとしている。東京メトロ16000系電車 フレッシュアイペディアより)

  • 東日本大震災

    東日本大震災から見た信越化学工業信越化学工業

    シリコンウェハーの世界シェア6割をもつ2工場、信越半導体白河工場(西郷村)とSUMCO米沢事業所が操業停止した。東日本大震災 フレッシュアイペディアより)

  • 国鉄タム7700形貨車

    国鉄タム7700形貨車から見た信越化学工業信越化学工業

    1960年(昭和35年)から1965年(昭和40年)にかけて4ロット4両が、三菱重工業、富士重工業、日立製作所において新製された。製造の状況は次のとおりである。所有者は、信越化学工業(常備駅は黒井駅)であった。国鉄タム7700形貨車 フレッシュアイペディアより)

  • 黒井駅 (新潟県)

    黒井駅 (新潟県)から見た信越化学工業信越化学工業

    2000年春頃までは、構内南側にある上り引き上げ線から駅西側にある信越化学工業直江津工場へ向かう専用線があり、タンク車による化学薬品輸送が行われていた。この専用線が最後まで使用されていた専用線で、1980年代にはこの他にも日本ステンレス(現・新日鐵住金直江津製造所)の専用線、日本海水化工の専用線、新潟県営の公共臨港線が存在した。黒井駅 (新潟県) フレッシュアイペディアより)

1 2 3 4 5 6 7 8 9 次へ
85件中 81 - 85件表示

「信越化学工業」のニューストピックワード