前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
202件中 1 - 10件表示
  • 山岳仏教

    山岳仏教から見た修行修行

    日本に仏教が伝来したのは、欽明天皇の時代の538年であるとされるが、平安時代(794年 - 1192年)に唐で修行を積み、本場の山岳宗教に触れ帰国した最澄や空海によって天台宗・真言宗が起こされ、比叡山、高野山などが開山される。比叡山延暦寺は最澄によって788年(延暦7年)に、高野山金剛峯寺は空海により816年(弘仁7年)にそれぞれ開かれた。それまでの政治色の強かった都市での仏教への批判的意味合いも含み、鎮護国家を標榜しながらも密教的色彩を強め、国家体制とは一定の距離を置いた。日本は国土の大半が山林であり、古来より山岳信仰が行われ、こうした考えが受け入れやすい地盤があったといえる。世俗的な次元からも貴族などが修行僧の持つ験力(行力)に現世利益・病魔退散を期待したことなども山岳仏教の発達を後押しすることになり、天皇家など朝廷の庇護もあり、急速に一般化の道を歩む。806年(延暦25年)には山岳仏教が都市仏教と並び正式に国家仏教の一つとなる。現世利益的色彩の強い、陰陽道の色彩を濃厚に含んだ密教修法や法然の説く浄土宗なども発達。さらに山岳修行に重点を置く修験道へとつながり、神仏習合思想が発生する。また、一方で平安時代には教団は巨大化、純一化が進んだ。山岳仏教 フレッシュアイペディアより)

  • アーシュラマ

    アーシュラマから見た修行修行

    林棲期(ヴァーナプラスタ、vānaprastha) - 森林に隠棲して修行する時期アーシュラマ フレッシュアイペディアより)

  • 即身成仏

    即身成仏から見た修行修行

    即身成仏を開くためには、日常生活の枠から逸する必要があり一定以上の修行が必要とされる。時には比叡山の千日回峰行のように限りなく死に近接することもある。これらの修行の面を重視したのが天台・真言など密教や山岳信仰の流れを汲む修験道である。修験道では修験者(山伏)が白装束(古来の日本では死装束でもあった)を纏って修行するなど死を前提とした点での即身仏と混同されやすい由縁もある。背景には擬死再生の思想があり、山伏の籠もる深山は山中他界と観念されていたのである。山伏は一種の他界から帰還する(=蘇る)ことによって超人的な力(法力)を獲得すると考えられ、平地民の間では天狗のイメージのように畏怖の対象ともなっていた。即身成仏 フレッシュアイペディアより)

  • 霊感

    霊感から見た修行修行

    霊感は例えば次のような状態で見られる。ひとつは断食、不眠(お籠り)、修行による疲労 等の生理的条件、および山中・神殿・深夜の時間帯といった環境的条件をととのえて、余計な意識活動・理知的活動を消してゆくことで得られる場合である。もうひとつは、霊能者と言われる、生得的に無意識的活動に入りやすい人物がそれを得ている場合がある。霊感 フレッシュアイペディアより)

  • 性器切断

    性器切断から見た修行修行

    宗教的理由による男性器切断は、人身御供としてのものと、教義や個人的修行としてのものに大別される。性器切断 フレッシュアイペディアより)

  • 題目

    題目から見た修行修行

    鳩摩羅什が漢字に翻訳した法華経一部八巻二十八品の題目(題名)は、「妙法蓮華経」の五字である。「南無妙法蓮華経」とは、妙法蓮華経(法華経)の法{御教え(みおしえ)}に帰依することである。題目を連続して唱える行は、法華経の教えを信じ、自身が大宇宙の一点であることを宣言する修行であると同時に、大宇宙の一生命体である小宇宙の自身に対し、宇宙本来の流れや力を自身の肉体に呼び戻すないし呼び起こす回帰及び覚醒である。この漢字に翻訳された五字・七字の題目を連続的に唱えることで、経典のすべてを読み実践するのと同じ功徳があるとされている。題目 フレッシュアイペディアより)

  • 超能力

    超能力から見た修行修行

    「六神通(ろくじんつう)」は仏陀やその弟子が修行によって顕したとされる神通力を六つ列挙したものである。中国の道教で唐代から重視されるようになった内丹術においても、仏典の六神通の概念が借用されている。その修行のプロセスの第三段階の「煉気化神(れんきかしん)」の大周天の後半では、六神通という六つの超能力が現れるようになる、と説明された。六神通とは心境通(しんきょうつう、自分の臓器が見えたり、頭脳が冴え渡る状態)、神境通(しんきょうつう。未来を予知したり、壁の向こう側のものを見る能力)、天眼通(てんげんつう。地球上の山河が手の紋でも見るように見える能力)、天耳通(てんじつう。あらゆる方角の音が聞こえ、生前のことまで目前のことのように感じられる能力)、宿命通(しゅくめいつう。人の宿命を知ることができる能力)、他心通(たしんつう。他人の心を知ることができる能力)である。超能力 フレッシュアイペディアより)

  • 刈田嶺神社 (蔵王町遠刈田温泉)

    刈田嶺神社 (蔵王町遠刈田温泉)から見た修行修行

    その後、白鳳8年(679年)に、役小角が大和国(現奈良県)の吉野山から蔵王権現を現在の不忘山に奉還して周辺の奥羽山脈を含めて修験道の修行の場とし、「蔵王山」と呼んだ。すると当社はいつしか「蔵王大権現」と呼ばれるようになった。刈田嶺神社 (蔵王町遠刈田温泉) フレッシュアイペディアより)

  • 神秘体験

    神秘体験から見た修行修行

    苫米地の説明によると、このような体験は、宗教やセミナーなどによる特定の因果関係が準記号、非記号レベルでプログラミングされたためではなく、特別な修行体系などを経て、あるときに偶発的に起こる、という。苫米地は、この体験には圧倒的なリアリティが伴うことから、懐疑的であった科学者でさえも人格が変わったように神秘世界に迷い込むことすらある、と解説した。神秘体験 フレッシュアイペディアより)

  • 修行僧

    修行僧から見た修行修行

    修行僧 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
202件中 1 - 10件表示

「修行」のニューストピックワード