前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
262件中 1 - 10件表示
  • 天狗芸術論

    天狗芸術論から見た修行修行

    1人目の天狗は、古の芸術修行の手段を説明する。古人はその時に応じるのみと教えたと。心が剛でも技に熟さなければ、応じることはできず、技は気をもって修練する。気は心の作用で形を使う。だから「気の要」は、滞ることなく、剛健にして屈せざること。技の中の道理と器たる心身の機能が合致し、技が熟せば、気と融和し、技の中の理が現れ、心に疑いが無くなった時、事理(技と原理)一致して、気が収まり、精神が安定し、応用に支障が無くなる。ゆえに芸術は修練を要とする。技が熟さなければ、気は和せず、形も従わず、心と形と2つになり、自在にならなくなる。天狗芸術論 フレッシュアイペディアより)

  • 山岳仏教

    山岳仏教から見た修行修行

    日本に仏教が伝来したのは、欽明天皇の時代の538年であるとされるが、平安時代(794年 - 1192年)に唐で修行を積み、本場の山岳宗教に触れ帰国した最澄や空海によって天台宗・真言宗が起こされ、比叡山、高野山などが開山される。比叡山(延暦寺)は最澄によって788年(延暦7年)に、高野山(金剛峯寺)は空海により816年(弘仁7年)にそれぞれ開かれた。それまでの都市に寺院を構える仏教諸宗派が政治との結びつきを強めていたことへの批判的意味合いも含み、鎮護国家を標榜しながらも密教的色彩を強め、政治とは一定の距離を置いた。国土の大半が山林であり、古来より山岳信仰が行われていた日本には、こうした考えが受け入れやすい地盤があったといえる。世俗的な次元からも、貴族などが修行僧の持つ験力(行力)に現世利益・病魔退散を期待したことなども山岳仏教の発達を後押しすることになり、皇室など朝廷の庇護を受けて、急速に一般化の道を歩む。。現世利益的色彩の強い、陰陽道の色彩を濃厚に含んだ密教修法や法然の説く浄土宗なども発達。。また、一方で平安時代には教団は巨大化、純一化が進んだ。山岳仏教 フレッシュアイペディアより)

  • 兵藤光政

    兵藤光政から見た修行修行

    父と母がメンバーであった、琴似ポプラうたう会で幼少期を過ごす。病院(精神科、心療内科)の主治医の勧めで5年間清掃会社で勤める。叔父(農業ベンチャー企業を経営)の勧めで27歳の時、タレントで実業家の田中義剛氏の元で修行。札幌に帰るが泣かず飛ばずの日々に悩まされる。落ちるところまで落ちる。その後「じいちゃんのような職人肌ではなくビジネス的だったんだ!」と悔い改める。真剣に集中して学べるネットカフェを探してた所、JR総合案内所で紹介してくれ、特定非営利活動法人札幌ビズカフェでビジネスを学ぶ。無職で独身、36歳の時、ふと友達に言われYOUTUBEに「男はつらいよ」のカバーをアップする。これが音楽関係者の目に止まりバッキングトラックの制作をはじめる。カバー曲もアップし続ける。兵藤光政 フレッシュアイペディアより)

  • アーシュラマ

    アーシュラマから見た修行修行

    林住期(ヴァーナプラスタ、) - 森林に隠棲して修行する時期アーシュラマ フレッシュアイペディアより)

  • 性器切断

    性器切断から見た修行修行

    宗教的理由による男性器切断は、人身御供としてのものと、教義や個人的修行としてのものに大別される。性器切断 フレッシュアイペディアより)

  • 神秘体験

    神秘体験から見た修行修行

    苫米地の説明によると、このような体験は、宗教やセミナーなどによる特定の因果関係が準記号、非記号レベルでプログラミングされたためではなく、特別な修行体系などを経て、あるときに偶発的に起こる、という。苫米地は、この体験には圧倒的なリアリティが伴うことから、懐疑的であった科学者でさえも人格が変わったように神秘世界に迷い込むことすらある、と解説した。神秘体験 フレッシュアイペディアより)

  • AKIRA (シンガーソングライター)

    AKIRA (シンガーソングライター)から見た修行修行

    ベースを始めたころの事を振り返り、「練習とはしんどいと思う事をやることが練習。嫌だな、しんどいなと思う事をやる事が修行」といった事を教えられた事があります。それからベースを練習するにあたってとにかくしんどい事に取り組んで、難しい事をどんどん追求してやり始めた。そしてそれからの一年で自分でもわかるぐらいにベースが格段に上手くなったという事がありました。それからというもの、音楽に限らず、自分からしんどい事やつらい事を進んでやるように心がける意識しています。音楽だけじゃなく、世の中の事すべてに対していつも「修行」を意識する事で、得られるものがそこにはあるんじゃないかなって思うんです。」(--本人ブログより引用。)と、自身の経験や教えられた事をもとに熱く語っている。AKIRA (シンガーソングライター) フレッシュアイペディアより)

  • 刈田嶺神社 (蔵王町遠刈田温泉)

    刈田嶺神社 (蔵王町遠刈田温泉)から見た修行修行

    その後、白鳳8年(679年)に、役小角が大和国(現奈良県)の吉野山から蔵王権現を現在の不忘山に奉還して周辺の奥羽山脈を含めて修験道の修行の場とし、「蔵王山」と呼んだ。すると当社はいつしか「蔵王大権現」と呼ばれるようになった。刈田嶺神社 (蔵王町遠刈田温泉) フレッシュアイペディアより)

  • 超能力

    超能力から見た修行修行

    「六神通(ろくじんつう)」は仏陀やその弟子が修行によって顕したとされる神通力を六つ列挙したものである。中国の道教で唐代から重視されるようになった内丹術においても、仏典の六神通の概念が借用されている。その修行のプロセスの第三段階の「煉気化神(れんきかしん)」の大周天の後半では、六神通という六つの超能力が現れるようになる、と説明された。六神通とは心境通(しんきょうつう、自分の臓器が見えたり、頭脳が冴え渡る状態)、神境通(しんきょうつう、未来を予知したり、壁の向こう側のものを見る能力)、天眼通(てんげんつう、地球上の山河が手の紋でも見るように見える能力)、天耳通(てんじつう、あらゆる方角の音が聞こえ、生前のことまで目前のことのように感じられる能力)、宿命通(しゅくめいつう、人の宿命を知ることができる能力)、他心通(たしんつう、他人の心を知ることができる能力)である。超能力 フレッシュアイペディアより)

  • 延暦寺

    延暦寺から見た修行修行

    また、「12年籠山行」「千日回峯行」などの厳しい修行が現代まで続けられており、日本仏教の代表的な聖地である。延暦寺 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
262件中 1 - 10件表示

「修行」のニューストピックワード