262件中 11 - 20件表示
  • 霊感

    霊感から見た修行修行

    霊感は例えば次のような状態で見られる。ひとつは断食、不眠(お籠り)、修行による疲労 等の生理的条件、および山中・神殿・深夜の時間帯といった環境的条件をととのえて、余計な意識活動・理知的活動を消してゆくことで得られる場合である。もうひとつは、霊能者と言われる、生得的に無意識的活動に入りやすい人物がそれを得ている場合がある。霊感 フレッシュアイペディアより)

  • 飯福田寺

    飯福田寺から見た修行修行

    大宝元年(701年)、山の岩窟で役小角が百日間修行を行ったことにより開創された。 寺領・五百石を受け北畠家の祈祷寺として栄えるが、北畠家が滅亡し戦火によって寺は消失する。 天正11年(1583年)、織田信雄より寺領・百十五貫文を寄付され復興するが、織田家断絶と共に衰退。 さらに松坂城主・蒲生氏郷により、伽藍を解体し松坂城築城の材料に使用される。 近世になり津藩主・藤堂家の庇護を受け、伽藍は整備され、行場も補修された。 現在は多くの人々が修行と巡拝に参詣している。 1948年県立公園に指定、1953年県の名勝・史跡に指定された。飯福田寺 フレッシュアイペディアより)

  • 中沢新一

    中沢新一から見た修行修行

    「宗教から経済、科学から芸術にいたるまでの広大な領域でおこっている心の活動」をみずからの研究主題として、超域的観点から人文諸科学の知を再編成することを目指す人類学者。クロード・レヴィ=ストロース、フィリップ・デスコーラ、ジャック・ラカン、ジル・ドゥルーズ等の影響を受けた現代人類学と、南方熊楠、折口信夫、田邊元、網野善彦等による日本列島の民俗学・思想・歴史研究、さらに自身の長期的な修行体験に基づくチベット仏教の思想研究などを総合し、「対称性人類学」という独自の視点に基づく人類学を提唱する。中沢新一 フレッシュアイペディアより)

  • オウム真理教

    オウム真理教から見た修行修行

    教祖である麻原彰晃(本名:松本智津夫)はヒマラヤで最終解脱した日本で唯一の存在で空中浮揚もできる超能力者であり、その指示に従って修行をすれば誰でも超能力を身に付けることができるなどと言って若者を中心とする信者を多く獲得した。マスメディアではオウム真理教出家者が理系の高学歴者ばかりで構成されていたかのようなイメージで報道されたが、多くの宗教団体にありがちなように、実際は社会で普通に生きてゆくことに疑問を感じたり社会に居場所をなくした人たちや、DV被害者、被虐待児、精神疾患、発達障害、パーソナリティ障害を持つものなども多く、こうした社会的弱者の構成員も多かった。オウム真理教 フレッシュアイペディアより)

  • 修行僧

    修行僧から見た修行修行

    修行僧 フレッシュアイペディアより)

  • Keiko (イラストレーター)

    Keiko (イラストレーター)から見た修行修行

    航空会社退社後は修行を兼ねてデザイン事務所等に勤務の後、フリーのイラストレーターになる。一時期、元接客のプロとして、ビジネス専門学校で接遇マナー等の講師を務める。Keiko (イラストレーター) フレッシュアイペディアより)

  • 修行者

    修行者から見た修行修行

    修行者 フレッシュアイペディアより)

  • 行脚

    行脚から見た修行修行

    行脚(あんぎゃ)とは、仏教の僧侶が修行のために諸国を徒歩でめぐること。仏教用語以外にも転用されることがある。行脚 フレッシュアイペディアより)

  • 刈田嶺神社

    刈田嶺神社から見た修行修行

    創建時は蔵王権現の修験道寺院で、神仏分離令で神道になった神社。蔵王連峰・刈田岳を修行の場とする修験道寺院に由来することから1875年(明治8年)に現名称に改称。山形県山形市にある刈田神社 (山形市)は、江戸時代に当社を分祀したもの。刈田嶺神社 フレッシュアイペディアより)

  • 法典流

    法典流から見た修行僧修行

    山で修行する修行僧、修験者の武術を元に生まれた武術である。そのため山野で稽古したり、滝に打たれて修行を行うなど、独特の技術体系を持つ。様々な武器を遣う綜合武術でもある。法典流 フレッシュアイペディアより)

262件中 11 - 20件表示

「修行」のニューストピックワード