202件中 11 - 20件表示
  • 慎福寺 (鈴鹿市)

    慎福寺 (鈴鹿市)から見た修行修行

    3月の初午法会では、厄災消除、福寿増長祈願の護摩修行が施工され、参拝者に厄除甘酒が振舞われる。4月21日のお接待大師の日には、昔よりの甘酒接待が始まりで、今ではおむすび、煮物等の接待が行われている。慎福寺 (鈴鹿市) フレッシュアイペディアより)

  • 廃寺

    廃寺から見た修行修行

    また、道教やインドの諸宗教、ゾロアスター教、ユダヤ教、キリスト教、イスラム教等々、仏教以外の宗教施設を「寺院」と呼ぶことがあり(cf. 寺院)、キリスト教など一部宗教では修行者(修道者)を「修道僧」「僧」「尼僧」などと呼ぶことがあるのと同じく、適当な漢訳語が無いことから、廃止された、または、廃墟化・遺跡化したそのような宗教施設を、漢字文化圏で「廃寺」と呼ぶことも珍しくない。廃寺 フレッシュアイペディアより)

  • Keiko (イラストレーター)

    Keiko (イラストレーター)から見た修行修行

    航空会社退社後は修行を兼ねてデザイン事務所等に勤務の後、フリーのイラストレーターになる。一時期、元接客のプロとして、ビジネス専門学校で接遇マナー等の講師を務める。Keiko (イラストレーター) フレッシュアイペディアより)

  • 四拍呼吸

    四拍呼吸から見た修行修行

    四拍呼吸(よんぱくこきゅう、しはくこきゅう、)とは、黄金の夜明け団系近代西洋儀式魔術で基礎的な修行法として行われるリズム呼吸法である。黄金の夜明け団ではニオファイト位階用の文書で簡単な呼吸法として紹介された技法であった。次の手順で行う。四拍呼吸 フレッシュアイペディアより)

  • MAYUKO (ギター奏者)

    MAYUKO (ギター奏者)から見た修行修行

    修行のため、カラカウアアベニューにてパフォーマンスを幾度か行う。MAYUKO (ギター奏者) フレッシュアイペディアより)

  • 田束山

    田束山から見た修行修行

    田束山は僧にとって格好の修行の場であった。現在、田束山に登るには麓の樋の口地区から入山するか払川・上沢地区から入山するか二通りあるが当時は主に樋の口地区から入山していた。樋の口(ひのくち)という地区の名前も元々は「僧が山の入り口なので松明に火を点ける入り口」が由来となっている。その古くからの集落である樋の口から田束山に登拝する樋の口御坂の東の沢を「滝の沢」と呼びが、その沢沿いが「行者の道」として現在整備されている。一帯は「東の行場」と呼ばれる修行場だったと伝えられており、「蜘蛛滝」「穴滝」といった滝が見られる(坊ァ墓もこれに由来)。田束山 フレッシュアイペディアより)

  • 行者

    行者から見た修行修行

    行者(ぎょうじゃ)とは、○○の修行を行う者の意であり、本来は仏教に限らず、広く古代インド宗教全般に見られ、特に断食行や針山の上に坐禅をするなどの苦行の行者が有名であり、釈迦も悟りを開く前に苦行をしていた事で知られる。中国・日本に於いては、特に山岳修行を行う者を指すようになり、修験道の開祖である役小角は「役行者」と呼ばれている。行者 フレッシュアイペディアより)

  • 平林寺

    平林寺から見た修行修行

    平林寺(へいりんじ)は、埼玉県新座市野火止にある臨済宗妙心寺派の寺院。山号は金鳳山。修行道場として僧堂が設置されている。平林寺 フレッシュアイペディアより)

  • タットワ

    タットワから見た修行修行

    近代西洋儀式魔術ではインドのヨーガにおけるヤントラをベースとした修行体系であり、以下の様な図形を用いて五大元素を深く瞑想する事。タットワ フレッシュアイペディアより)

  • 成瀬雅春

    成瀬雅春から見た修行修行

    ハタ・ヨーガを中心に独自の修行を続け、空中浮揚、シャクティチャーラニー・ムドラー(クンダリニー覚醒技法)や。成瀬雅春 フレッシュアイペディアより)

202件中 11 - 20件表示

「修行」のニューストピックワード