262件中 21 - 30件表示
  • 行者

    行者から見た修行修行

    行者(ぎょうじゃ)とは、○○の修行を行う者の意であり、本来は仏教に限らず、広く古代インド宗教全般に見られ、特に断食行や針山の上に坐禅をするなどの苦行の行者が有名であり、釈迦も悟りを開く前に苦行をしていた事で知られる。中国・日本に於いては、特に山岳修行を行う者を指すようになり、修験道の開祖である役小角は「役行者」と呼ばれている。修験道の行者については山伏も参照。行者 フレッシュアイペディアより)

  • 居士

    居士から見た修行修行

    出家をせずに家庭において修行を行う仏教の信者。またそこから転じて戒名の末尾につける敬称・尊称ともなった。居士 フレッシュアイペディアより)

  • トゥー・ヴァージンズ

    トゥー・ヴァージンズから見た修行修行

    レノンは1960年代中盤から前衛音楽に興味を抱き、自作のアルバムを制作する構想を持っていた。1966年にレノンはアメリカで前衛芸術家として活動していたオノとロンドンで出会い、翌年にはオノの個展に出資したり、オノをビートルズのレコーディング・セッションに招待したりするようになった。レノンがインドへマハリシ・マヘシ・ヨギの修行を受けに行っていた1968年2?4月には、2人は文通で密に連絡を取り合っていた。このようにして次第にオノへの思慕を深めていったレノンは、1968年5月19日夜、妻シンシアの旅行中にオノを自宅に招待し、翌日明け方にかけて、前衛音楽のアルバム制作に着手した。『トゥー・ヴァージンズ』はこのときに2人が完成させた最初のアルバムであり、その内容はレノンとオノが即興で出した音ばかりを集めた計12曲で成り立っている。なおレノンは、本作録音中にオノと初めて肉体的に結ばれたことを公言し、宣伝に利用していた。以後、オノはレノンと同棲生活を始め、常に行動を共にするようになった。トゥー・ヴァージンズ フレッシュアイペディアより)

  • 蔵王山神社

    蔵王山神社から見た修行修行

    680年(天武天皇9年)、奥羽山脈の宮城県側の不忘山に「権現社」が建立され、690年(持統天皇4年)に、役小角という行者が吉野の金峯山寺から金剛蔵王大権現を勧請して、宮城県側の刈田岳山頂に祀った(「蔵王大権現社」。後の刈田嶺神社(奥宮)および刈田嶺神社(里宮))。これ以降、修験道の修行の場となった当地の奥羽山脈は「蔵王山」と呼ばれるようになった。蔵王山神社 フレッシュアイペディアより)

  • 太極拳法

    太極拳法から見た修行修行

    武当太極は、以柔克剛(柔をもって剛を制す)、以四两拔斤(小さな力で大きな効果を出す)、そして后?先制(後の先=相手の動きの後に動いて制する)という発想に基づいた武術である。 修行においては、現在行われている太極拳のような単純な套路だけではなく、両儀、太極、無極の3種類の異なる段階の拳技や、巧法を、初級から高級までの段階で、動静、内外を兼ね備えて修行すると言う。太極拳法 フレッシュアイペディアより)

  • 上座 (仏教)

    上座 (仏教)から見た修行修行

    僧侶集団において上座(かみざ)に座るべき高僧のこと。元来は10年以上の修行を積んだ僧侶に対する敬称であった。その中でも特に重んじられるべき僧侶には、「大徳(サンスクリット語:bhadanta)」・「尊者(サンスクリット語:ārya)」・「具寿(同:âyusmat)」などの敬称が用いられた。上座 (仏教) フレッシュアイペディアより)

  • 執着

    執着から見た修行修行

    執着(しゅうじゃく、abhiniveza अभिनिवेश (sanskrit))とは、仏教において、事物に固執し、とらわれること。主に悪い意味で用いられ、修行の障害になる心の働きとする。執着 フレッシュアイペディアより)

  • ホーリー・マウンテン

    ホーリー・マウンテンから見た修行修行

    錬金術師は、9人の弟子と共に、不老不死の秘法を知る賢者達から秘法を奪う為に、修行の末、賢者達が住む聖なる山()に至るが…。ホーリー・マウンテン フレッシュアイペディアより)

  • 慎福寺 (鈴鹿市)

    慎福寺 (鈴鹿市)から見た修行修行

    3月の初午法会では、厄災消除、福寿増長祈願の護摩修行が施工され、参拝者に厄除甘酒が振舞われる。4月21日のお接待大師の日には、昔よりの甘酒接待が始まりで、今ではおむすび、煮物等の接待が行われている。慎福寺 (鈴鹿市) フレッシュアイペディアより)

  • マッカリ・ゴーサーラ

    マッカリ・ゴーサーラから見た修行修行

    意志にもとづく行為は成立しえないのであるから、輪廻するもののあり方は宿命的に定まっており、6種類の生涯(六道)をたどって清められ、やがて解脱にいたる。「840万大劫」とよばれる計り知れない長大な年月のあいだ、賢者も愚者も流転し輪廻して苦の終わりに達するのであり、その期間、修行によって解脱に達することは不可能である。ゴーサーラは、あたかも糸玉を投げると解きほぐされ、糸がすっかり解け終わるまで転がりつづけるように、賢き者も愚かな者も定められた期間の間は生々流転をつづけ、最後は何の努力もなく、自然に解脱にいたると主張した。マッカリ・ゴーサーラ フレッシュアイペディアより)

262件中 21 - 30件表示

「修行」のニューストピックワード