202件中 21 - 30件表示
  • 難度

    難度から見た修行修行

    仏教においては自力で長い間修行する事で悟りに至る難行道(聖道門)と念仏などの仏の慈悲に頼って悟りを目指す易行道(浄土門)の難易二道が存在する。これは竜樹が十住毘婆沙論の中で初めて説いたものであり、彼自身は易行道による極楽往生を薦めている。また、曇鸞は浄土三部経に説かれる念仏の修行を易行道とし、それ以外の経典に記されている修行法を難行道としたうえで後者では悟りは開くことができず、前者のみが極楽往生に至るという考えを示した。難度 フレッシュアイペディアより)

  • 修行者

    修行者から見た修行修行

    修行者 フレッシュアイペディアより)

  • 竹成五百羅漢

    竹成五百羅漢から見た修行修行

    照空上人(上瑞和尚)は天明8年(1788年)5月竹成で生まれており、文化9年(1812年)出家し野登寺にて修行する。天保12年(1841年)竹成へ帰村後、安政2年(1855年)4月11日68歳で入滅 。竹成五百羅漢 フレッシュアイペディアより)

  • 胎蔵界五仏

    胎蔵界五仏から見た修行修行

    開敷華王如来 南方(画面では右方)に位置し「修行」(悟りへ向かって努力を積むこと)を表す胎蔵界五仏 フレッシュアイペディアより)

  • 大峯奥駈道

    大峯奥駈道から見た修行修行

    大峯奥駈道(おおみねおくがけみち)は、吉野と熊野を結ぶ大峯山を縦走する、修験道の修行の道。大峯奥駈道 フレッシュアイペディアより)

  • 法師

    法師から見た修行修行

    文字の法師 - 経典ばかり読誦していて実践的な修行を行わない僧侶に対する蔑称。暗証の禅師と対。法師 フレッシュアイペディアより)

  • 上杉房定

    上杉房定から見た修行修行

    延徳3年(1491年)、管領細川政元と歌人冷泉為広が越後を訪問した。表向きは奥州に修験道の修行に行くという政元を房定が説得して京都に帰らせた事になっているが、近年では10代将軍足利義材の廃立計画について房定・顕定父子の協力を求めに来たのではないかとも言われている。上杉房定 フレッシュアイペディアより)

  • 加波山信仰

    加波山信仰から見た修行修行

    山麓直下の部落を越えた広範な地域に禅定講(ぜんじょうこう)が組織され、講員は旧7月から8月の1箇月間、加波山山中に散在する「禅定場(ぜんじょうば)」と定められた巨巌、奇巌、岩窟の各所を巡拝する。禅定(ぜんじょう)は仏教用語の「禅定」に由来し、修験道においては修験者が山中の岩窟に籠もる修行形態を意味し、更に広く山中を抖擻する修行形態をも指すが、加波山においては専ら一般民衆による禅定場の巡拝や山頂を目指す登拝を指している。もっともその場合でも「山先達」と呼ばれる神社からの免許を受けた修験者による指導案内はなされており、これは後述する修験の霊場が一般民衆に開放された結果、修験者に倣って一般民衆が行うようになった修行の一環であると見なされ、その意味で加波山の修験霊場的性格を表すものと指摘できる。なお各所の禅定講も多様な形態と性格とを有すが、概ね加波山禅定を志願する者が集まり、3年、5年と年限を区切って講員全員が禅定を果たす事を目差したものとなっており、起源として結成には山先達の布教に依る所が大であったろう事、加波山権現(3神社)側も経済的基盤を求めてこれを積極的に支持していたであろう事、が共通点として指摘できる。加波山信仰 フレッシュアイペディアより)

  • 典座

    典座から見た修行僧修行

    典座(てんぞ)は禅宗寺院の役職の一つ。禅宗寺院で修行僧の食事、仏や祖師への供膳を司る。六知事(ろくちじ)の第五位。典座 フレッシュアイペディアより)

  • 師家

    師家から見た修行僧修行

    師家(しけ)は禅宗で修行僧を指導する力量を具えた者をさす尊称。また、その資格。古くは一般に嗣法の師僧をさす呼び名だったが、現在では修行道場である僧堂を主宰し、悟達の修行僧に印可を与える資格を有する者をいう。老師と尊称される。臨済宗では修行僧に公案を与え、その境涯を点検できるのは師家のみとされている。師家 フレッシュアイペディアより)

202件中 21 - 30件表示

「修行」のニューストピックワード