262件中 31 - 40件表示
  • 名塩良一郎

    名塩良一郎から見た修行修行

    東京の森永商事での修行時代が「本州での人脈作りや早くから東京進出や関西進出する動機に繋がった」と懐述している。名塩良一郎 フレッシュアイペディアより)

  • MAYUKO (ギター奏者)

    MAYUKO (ギター奏者)から見た修行修行

    修行のため、カラカウアアベニューにてパフォーマンスを幾度か行う。MAYUKO (ギター奏者) フレッシュアイペディアより)

  • ライジング ザン ザ・サムライガンマン

    ライジング ザン ザ・サムライガンマンから見た修行修行

    一団はジパングを席巻し、アメリカの侵略をも企てている暗殺団『邪火龍(ジャッカル)』だった。忍び稼業をしていた老師「マスター・スズキ」に助けられ、九死に一生を得たジョニーは、奴らに勝つため以前聞いたジパングの刀術を教えて欲しいと懇願する。ジョニーの願いを受け入れたスズキは、彼とともに修行のためジパングへ渡った。ライジング ザン ザ・サムライガンマン フレッシュアイペディアより)

  • 普寛講 (稲城市)

    普寛講 (稲城市)から見た修行修行

    松浦は木曽御嶽山での修行の際に普寛行者と一体化する宗教体験を持ち、木食普寛(もくじきふかん)を名乗って加持祈祷を行うようになった。普寛講 (稲城市) フレッシュアイペディアより)

  • 三学

    三学から見た修行修行

    三学(さんがく)とは、仏道を修行する者がかならず修めるべき基本的な修行項目をいう。『涅槃経』獅子吼菩薩品に詳細に説かれている。三勝学(さんしょうがく)とも。三学 フレッシュアイペディアより)

  • 穀断ち

    穀断ちから見た修行修行

    穀断ち(こくだち)は、修験道の行のひとつ。穀物を食べずに修行すること。別称を木食戒、断穀行。具体的には五穀または十穀を食べないことをさす。五穀・十穀の名をとって五穀断ち、十穀断ちともいう。人間の消化能力では木の実や草木から十分なカロリーを得ることは難しく、穀物を絶つことは実質的に減量を行うことを意味した。穀断ち フレッシュアイペディアより)

  • 十地

    十地から見た修行修行

    十地(じっち、じゅうじ)は、菩薩が修行して得られる菩薩五十二位の中、下位から数えて第41番目から第50番目の位をいう。十廻向の上位であり等覚より下位にあたる。上位から法雲・善想・不動・遠行・現前・難勝・焔光・発光・離垢・歓喜の10位がある。十地 フレッシュアイペディアより)

  • 後山

    後山から見た修行修行

    後山は、「西大峯山」と呼ばれることもある、修験道の中心地として栄えた山の一つであり、今日でも美作市側にある道仙寺奥の院の周囲は女人禁制とされている。後山そのものは役小角により開かれたと伝えられているが、道仙寺は建長年間(1249年 - 1255年)に僧徹雲法印によって開かれたとされており、実際の後山における修験道の発展は13世紀以降と見ることができる。今日でも50以上の行場が存在し、様々な形での修行が行われている。後山 フレッシュアイペディアより)

  • 塗香

    塗香から見た修行修行

    もともとの起源はインドにあり、香木から香料を取り、体に付けて体臭などを消すのに使ったという。ここから発展し、身体を清める、邪気を寄せ付けないという意味で仏教で取り入れられたとされる。多くは、修行に入る前や法要を執行する前に行われる。宗派により違いがあるが、一般に、先ず指ひとつまみの少量の塗香を左手に受け、右手の人差し指と中指に少しつけ、口に含む。次に香を両手で数度磨り合わせ、その後、その両手で胸(実際は衣の上)に当て塗る。身・口・意の三業を清めるとされる。塗香 フレッシュアイペディアより)

  • キリスト者共同体

    キリスト者共同体から見た修行修行

    キリスト者共同体は、拘束的な聖書解釈を持たない。また、それは確かに独自の翻訳を作成したが、それにも拘らず拘束的な聖書の翻訳は存在しない。キリスト者共同体は、聖書を、修行の為の本であると理解している。その内容は、内的な生活において永続的に係わり続けることで、初めて理解可能なものとなる。そのことを通して、今なお続いているものとして啓示が体験される。キリスト者共同体 フレッシュアイペディアより)

262件中 31 - 40件表示

「修行」のニューストピックワード