202件中 31 - 40件表示
  • 普寛講 (稲城市)

    普寛講 (稲城市)から見た修行修行

    松浦は木曽御嶽山での修行の際に普寛行者と一体化する宗教体験を持ち、木食普寛(もくじきふかん)を名乗って加持祈祷を行うようになった。普寛講 (稲城市) フレッシュアイペディアより)

  • 居士

    居士から見た修行修行

    出家をせずに家庭において修行を行う仏教の信者。またそこから転じて戒名の末尾につける尊称ともなった。居士 フレッシュアイペディアより)

  • 刈田嶺神社

    刈田嶺神社から見た修行修行

    創建時は蔵王権現の修験道寺院で、神仏分離令で神道になった神社。蔵王連峰・刈田岳を修行の場とする修験道寺院に由来することから1875年(明治8年)に現名称に改称。山形県山形市にある刈田神社 (山形市)は、江戸時代に当社を分祀したもの。刈田嶺神社 フレッシュアイペディアより)

  • 十地経

    十地経から見た修行修行

    菩薩の修行が十段階に分けて説かれている。十地経 フレッシュアイペディアより)

  • 長寶寺

    長寶寺から見た修行修行

    寺に所蔵される『よみがえり草紙』によれば、本堂に安置される閻魔王は、永享11年(1439年)6月6日、慶心坊尼を頓死させた。頓死させた理由は、存命中に仏道の修行を怠(なま)けると地獄に堕ちるということを知らせるために、地獄の恐ろしさを見聞させ、逆修を勧めさせるためであった。閻魔王は「閻魔大王の証判を持つ物は地獄に落ちない」といい、閻魔王の証判をもっていた慶心坊尼は地獄に堕ちた3日後に蘇生したという。長寶寺 フレッシュアイペディアより)

  • 末法無戒

    末法無戒から見た修行修行

    末法の世における仏道の修行では、正法時や像法時に成立した諸々の細かい戒律はまったく無益であるということ。解釈によっては、無益どころか害になるともいう。末法無戒 フレッシュアイペディアより)

  • 蔵王山神社

    蔵王山神社から見た修行修行

    680年(天武天皇9年)、奥羽山脈の宮城県側の不忘山に「権現社」が建立され、690年(持統天皇4年)に、役小角という行者が吉野の金峯山寺から金剛蔵王大権現を勧請して、宮城県側の刈田岳山頂に祀った(「蔵王大権現社」。後の刈田嶺神社(奥宮)および刈田嶺神社(里宮))。これ以降、修験道の修行の場となった当地の奥羽山脈は「蔵王山」と呼ばれるようになった。蔵王山神社 フレッシュアイペディアより)

  • 名塩良一郎

    名塩良一郎から見た修行修行

    東京の森永商事での修行時代が「本州での人脈作りや早くから東京進出や関西進出する動機に繋がった」と懐述している。名塩良一郎 フレッシュアイペディアより)

  • 懐素

    懐素から見た修行修行

    幼くして仏門に入り、その後、長安に移って玄奘三蔵の弟子となった。修行の暇に好んで書を学んだが、貧乏だったので芭蕉をたくさん植えてその葉を紙の代わりにし、それが尽きると大皿や板を代用して磨り減るまで手習いした。また、禿筆が山をなしたので筆塚を作って供養したという。懐素 フレッシュアイペディアより)

  • 羅切

    羅切から見た修行修行

    日本の仏教の隠語で男性器あるいは陰茎のことを、修行の妨げになるという意味で、インドの悪魔「マーラ」に由来する「魔羅」という隠語で呼んだことから、その魔羅を切断するという意味で「羅切」と呼ばれるようになった。羅切 フレッシュアイペディアより)

202件中 31 - 40件表示

「修行」のニューストピックワード