202件中 41 - 50件表示
  • トランス (意識)

    トランス (意識)から見た修行修行

    宗教的修行によって、外界との接触を絶ち、法悦状態になったものトランス (意識) フレッシュアイペディアより)

  • スターオーシャン ブルースフィア

    スターオーシャン ブルースフィアから見た修行修行

    背中に双頭竜・ギョロとウルルンが取り憑いた、不運な剣士。前作での冒険の後、プリシスたちが地球へ行ってしまったためしばらく寂しさのあまり寝込んでいたが、現在は立ち直って剣の修行に打ち込んでおり、その点ではディアスとも話が合うらしい。当初は疎んじていたギョロとウルルンとの生活も今ではそれなりに楽しんでいるが、一般人への影響が無きにしもあらずなので、人里はなれたリンガの山小屋で暮らしている。スターオーシャン ブルースフィア フレッシュアイペディアより)

  • シェル・レーヌ

    シェル・レーヌから見た修行修行

    オイルショックの発生した1974年(昭和49年)頃に東京から鳥羽へ帰郷した石井隆久は、製造から販売まで一貫してできる仕事がしたいと考え、神戸と東京で修行を積み、資本金1000万円で1978年(昭和53年)に株式会社ブランカを設立した。ブランカはパンとケーキの生産と販売を手掛け、売れ行きは良かったが、経費を差し引いた利益は少なかった。そこで新商品として真珠貝の形をしたマドレーヌ「シェル・レーヌ」を開発、観光客向けに販売を始めた。シェル・レーヌ フレッシュアイペディアより)

  • トゥー・ヴァージンズ

    トゥー・ヴァージンズから見た修行修行

    レノンは1960年代中盤から前衛音楽に興味を抱き、自作のアルバムを制作する構想を持っていた。1966年にレノンはアメリカで前衛芸術家として活動していたオノとロンドンで出会い、翌年にはオノの個展に出資したり、オノをビートルズのレコーディング・セッションに招待したりするようになった。レノンがインドへマハリシ・マヘシ・ヨギの修行を受けに行っていた1968年2?4月には、2人は文通で密に連絡を取り合っていた。このようにして次第にオノへの思慕を深めていったレノンは、1968年5月19日夜、妻シンシアの旅行中にオノを自宅に招待し、翌日明け方にかけて、前衛音楽のアルバム制作に着手した。『トゥー・ヴァージンズ』はこのときに2人が完成させた最初のアルバムであり、その内容はレノンとオノが即興で出した音ばかりを集めた計12曲で成り立っている。なおレノンは、本作録音中にオノと初めて肉体的に結ばれたことを公言し、宣伝に利用していた。以後、オノはレノンと同棲生活を始め、常に行動を共にするようになった。トゥー・ヴァージンズ フレッシュアイペディアより)

  • 戸隠流

    戸隠流から見た修行修行

    また、アメリカの総合格闘技大会UFC初期には、戸隠流の弟子(アメリカ人)が参戦していた。他にアメリカからCIAやFBIの格闘術として注目されて、CIAとFBIから視察されてCIAとFBIの情報部員と捜査官からは「戸隠流格闘術」の研修と訓練と修行を行ってる。戸隠流 フレッシュアイペディアより)

  • ロビーとケロビー

    ロビーとケロビーから見た修行修行

    主人公。なべ王国の王子。頭の部分が鍋になっている。なべ王国での所業が災いし、修行と称してロビーズランドへ強制的に送り込まれた。特定のアイテムを利用してケロビーと合体することによってそのアイテムの特徴をもつものに変身できる。金や物に釣られやすい傾向がある他、働くのが嫌いな傾向もあって職業を転々としている。アテナに好意を寄せている。ロビーとケロビー フレッシュアイペディアより)

  • 龍双ケ滝

    龍双ケ滝から見た修行修行

    部子川と稗田川の合流地点にあり、落差60mの岩肌をなだらかに流れ落ちる分岐瀑である。名前の由来はかつてこの近くに龍双坊という修行僧が住んでいたことに由来する。附近は冬季車両通行止めとなる区間にあるが、四季折々の景色を求めて観光客も多く集う。特に夏から秋にかけては木々の緑とのコントラスト、紅葉の黄や赤とのコントラストが大変見事であり、特に多くの人が集まる。また少し下流に下ったところには甌穴郡があり、ここでも水と木々の美しい光景を目にすることが出来る。龍双ケ滝 フレッシュアイペディアより)

  • 托鉢

    托鉢から見た修行修行

    托鉢(たくはつ、サンスクリット:pindapata)とは、仏教やジャイナ教を含む古代インド宗教の出家者の修行形態の1つで、信者の家々を巡り、生活に必要な最低限の食糧などを乞い、信者に功徳を積ませる修行。乞食行(こつじきぎょう)、頭陀行(ずだぎょう)、行乞(ぎょうこつ)とも。托鉢 フレッシュアイペディアより)

  • 東西遊記

    東西遊記から見た修行修行

    南谿の旅遊は書名に適わしい日本列島の西南端から東北端に至るものであり、それは当代において「探検家」の名に値する大旅行でもあったが、例えば商人のように遠隔地を往来する者や、修験者や僧侶を始めとする宗教者、諸国の歌枕を訪ねる連歌師等、相互に重層しつつも広く職能民として「道々の輩(ともがら)」と総称された人々による遍歴や漂泊は古くから見られ、彼等は広い意味での「芸能」の一種として諸国を修行する者であった。そして、医業もまた広い意味での「芸能」であるので、医者である南谿の旅も医学という芸道を「修行」する旅であったと言い得る。もっとも、江戸時代になって国内の平和と安定が齎された後の旅は前代と比較にならない程に安全なもので、遍歴自体を生業とする者はともかくも元禄年間(17・8世紀の交)の松尾芭蕉の旅(『奥の細道』)に代表される文人墨客(知識人)による廻国・巡歴の風も盛んとなっていた。但し、そうした巡遊の目的は多くは未だ著名な歌枕等の名所旧蹟を求めるのみのものであって、南谿のような僻陬の地に迄足を踏み入れるものではなかった。それが南谿の時代には中央人士のほぼ未踏であった地に足跡を残す者が現れ、その目的は平賀源内に代表される日本に存在する薬草や鉱石類を発見しようする本草学や博物学といった、或いは古川古松軒のように日本の地理を極めようとする地理学といった、或いは菅江真澄のように諸地方の自然・風俗に直に接して当代の日本各地の風俗や人情を見直そうとする人文学といった学術的なものであり、鎖国という制限下で国外への渡海がほぼ不可能であった事から逆に生じた、当時の「日本」に対する貪欲な探求心とその結果としての「日本(再)発見」とも言い得る姿勢が認められるが、歴史的な流れから見ると南谿の旅もそうした動きの一環に位置付けられる。また、南谿の活躍した天明以後は日本諸地方を巡歴する風が文化の担い手である「仕官せざる知識人」の行動様式となっており、南谿の旅はその比較的早期の例であるので、両遊記の刊行と評判がそうした旅行熱に拍車を掛けたものとも考えられる。東西遊記 フレッシュアイペディアより)

  • 藤原田麻呂

    藤原田麻呂から見た修行修行

    天平12年(740年)長兄が起こした藤原広嗣の乱に連座して隠岐国に配流。天平14年(742年)罪を赦されて帰京するが、政治とは関わることなく、蜷淵(現在の奈良県高市郡明日香村稲淵)の山中に隠棲する。仏教への信仰心が厚く、修行に努めた。藤原田麻呂 フレッシュアイペディアより)

202件中 41 - 50件表示

「修行」のニューストピックワード