262件中 61 - 70件表示
  • 十八番

    十八番から見た修行修行

    阿弥陀如来が仏になる修行をしている時に立てられた48種類の誓い(弥陀の48願)の十八番目が「念仏をする人達を必ず救済する」というものであり、これが他の諸仏の立てられた誓いより突出している(すべての生けとし生けるものすべてを救う)ことから、十八番が得意なものの代名詞となった。十八番 フレッシュアイペディアより)

  • 北川啓三

    北川啓三から見た修行修行

    14歳の時には実家で営んでいた左官業にも父とともに参加する。大正の末から昭和の初めにかけて左官修行のために関東へ行き、この間に歌舞伎や芝居をよく見ていたと伝わる。このためか後年自らが制作するねぶたの題材としても歌舞伎を得意としていた。北川啓三 フレッシュアイペディアより)

  • 深山幽谷

    深山幽谷から見た修行修行

    古代、中国で仙人が修行したといわれるような、人里離れた山中の仙境を意味する。『深山窮谷』、『窮山通谷』、『窮山幽谷』なども同義である。深山幽谷 フレッシュアイペディアより)

  • 清掃

    清掃から見た修行修行

    掃除 - 家事・教育・修行としての清掃清掃 フレッシュアイペディアより)

  • 千宗旦

    千宗旦から見た修行修行

    1600年(慶長5年)頃、少庵が隠居したのに伴い、家督を継いだ。祖父の利休が豊臣秀吉により自刃に追い込まれたことから政治との関わりを避け、生涯仕官しなかった。茶風は祖父利休のわび茶をさらに徹底させ、ために乞食修行を行っているように清貧であるという意味から、「乞食宗旦」と呼ばれたという。千宗旦 フレッシュアイペディアより)

  • サジェストペディア

    サジェストペディアから見た修行修行

    催眠状態の、あるいは特殊な修行を積んだ、または天才や精神障害を持つ人間にしか起こりえないと考えられていたさまざまな現象は、日常一般に普遍的に存在するサジェスチョンによって、ごく普通の人間にも起こり得る。さまざまな現象とは、たとえば、超記憶、無血無痛の開腹手術、自律神経のコントロール、固定観念の定着、固定観念からの解放などである。サジェストペディア フレッシュアイペディアより)

  • 加波山信仰

    加波山信仰から見た修行修行

    山麓直下の部落を越えた広範な地域に禅定講(ぜんじょうこう)が組織され、講員は旧7月から8月の1箇月間、加波山山中に散在する「禅定場(ぜんじょうば)」と定められた巨巌、奇巌、岩窟の各所を巡拝する。禅定(ぜんじょう)は仏教用語の「禅定」に由来し、修験道においては修験者が山中の岩窟に籠もる修行形態を意味し、更に広く山中を抖擻する修行形態をも指すが、加波山においては専ら一般民衆による禅定場の巡拝や山頂を目指す登拝を指している。もっともその場合でも「山先達」と呼ばれる神社からの免許を受けた修験者による指導案内はなされており、これは後述する修験の霊場が一般民衆に開放された結果、修験者に倣って一般民衆が行うようになった修行の一環であると見なされ、その意味で加波山の修験霊場的性格を表すものと指摘できる。なお各所の禅定講も多様な形態と性格とを有すが、概ね加波山禅定を志願する者が集まり、3年、5年と年限を区切って講員全員が禅定を果たす事を目差したものとなっており、起源として結成には山先達の布教に依る所が大であったろう事、加波山権現(3神社)側も経済的基盤を求めてこれを積極的に支持していたであろう事、が共通点として指摘できる。加波山信仰 フレッシュアイペディアより)

  • メーチー

    メーチーから見た修行者修行

    メーチー()は、タイを中心とした地域における女性の仏教修行者を指す。「メー」とはこの場合多の語頭に付けて女性であることを表す言葉、「チー」とは修道者という意味である。メーチー フレッシュアイペディアより)

  • 水無昭善

    水無昭善から見た修行修行

    幼い頃から寺に出入りし、15歳の時に仏門に入る。和歌山県・高野山で修行を重ね、2007年から自身が設立した祥炎山不動院の住職を務めている。水無昭善 フレッシュアイペディアより)

  • 行尊

    行尊から見た修行修行

    父は参議源基平。園城寺(三井寺)の明尊の下で出家、頼豪から密教を学び、覚円から灌頂を受けた。1070年(延久2年)頃より大峰山・葛城山・熊野などで修行し、修験者として知られた。行尊 フレッシュアイペディアより)

262件中 61 - 70件表示

「修行」のニューストピックワード