202件中 71 - 80件表示
  • 禁欲

    禁欲から見た修行修行

    その一方で、精神修養のために断食や粗食を通して、あるいは性欲を抑えることで、より高度な精神性を獲得できるという考えもある。これは主に神秘主義や宗教に顕著な傾向だが、これらの思想は元を正せばより良い社会の構築をめざしているだけに、各々の個人に欲望に妄りに耽らない強い精神的な力を求めた部分に関連すると考えられる。禁欲 フレッシュアイペディアより)

  • 鎌倉仏教

    鎌倉仏教から見た修行者修行

    1175年(承安5年)、黒谷別所での修行をへた法然は、もっぱら阿弥陀仏の誓願を信じ「南無阿弥陀仏」と念仏を唱えれば、死後は平等に往生できるという専修念仏の教えを説き、中国の唐代の僧善導の著作『観無量寿経疏』に依拠して浄土宗を開いた。阿弥陀仏の誓願(弥陀の本願)とは、阿弥陀仏がまだ「法蔵比丘」とよばれる修行者だったときに立てた48の願のことであり、また、これらの願がすべて成就しなければ仏とはならないと誓い、すべての衆生を必ず救済しようとしたことを指す。ところで、すでに法蔵比丘は十劫のむかしに悟りを開いて仏となっているのだから、願いはすべて成就されていることとなる。法然は、阿弥陀仏が多くの行のなかから48を選び、さらにそのなかで最も平易な行は第十八願の念仏行なのであるから、人は、ただひたすらそのことを信じ、念仏を唱えればよいと説いたのである。ここでは、顕密の修行のすべては難行・雑行としてしりぞけられ、念仏を唱える易行のみが正行とされた。法然は浄土門以外の教えを「聖道門」と呼んで否定し、仏僧たちが口では戒律を尊びながらも実際には退廃した生活を送っている現状を批判した。鎌倉仏教 フレッシュアイペディアより)

  • 鎌倉仏教

    鎌倉仏教から見た修行修行

    これに対し、「旧仏教」(南都六宗、天台宗および真言宗)側も奈良時代に唐僧鑑真が日本に伝えた戒律の護持と普及に尽力する一方、社会事業に貢献するなど多方面での刷新運動を展開した。そして、「新仏教」のみならず「旧仏教」においても重要な役割を担ったのが、官僧(天皇から得度を許され、国立戒壇において授戒をうけた仏僧)の制約から解き放たれた遁世僧(官僧の世界から離脱して仏道修行に努める仏僧)の存在であった。鎌倉仏教 フレッシュアイペディアより)

  • 興禅護国論

    興禅護国論から見た修行修行

    第四「古徳誠証門」…古来の仏僧は禅を修行したことの証拠。興禅護国論 フレッシュアイペディアより)

  • 早起き

    早起きから見た修行修行

    剣道家である中山博道(昭和の剣聖の1人)は、睡眠時間を4時間に削る事によって修行時間を増やした。これも早起きのメリットと言える。なお、睡眠時間が長いと平均余命が伸びるとされるが、博道自身は80過ぎまで天寿を全うしている。早起き フレッシュアイペディアより)

  • ザ・カップ

    ザ・カップから見た修行修行

    1998年、現代文明からはるか離れたヒマラヤのふもとの仏教寺院で修行する少年僧たちは、この年に開催されたサッカーのワールドカップにくびったけ。いちばんのやんちゃ者のウゲンは、先輩格のロドゥとつるんである晩宿舎を抜け出し近所の民家で試合を見る。だが、試合に夢中になるあまりけんか騒ぎを起こして放り出されてしまう。僧院の先生にも抜け出したことが見つかって炊事当番のペナルティをもらう。そしてウゲンは一番気になる決勝戦が行われる日、先生に「決勝を見せてもらえたら、心を入れ替えてまじめに修行します」と直談判する。ザ・カップ フレッシュアイペディアより)

  • 水無昭善

    水無昭善から見た修行修行

    幼い頃から寺に出入りし、15歳の時に仏門に入る。和歌山県・高野山で修行を重ね、2007年から祥炎山不動院の住職を務めている。水無昭善 フレッシュアイペディアより)

  • ビーチバレーガールしずく

    ビーチバレーガールしずくから見た修行修行

    忍者の末裔。修行が趣味。一人称は「あたし」掛け声が、「ニン!」「斬!」。ビーチバレーガールしずく フレッシュアイペディアより)

  • 森万里子

    森万里子から見た修行修行

    「エントロピー・オブ・ラブ」(Entropy of Love)、「バーニング・デザイアー」(Burning Desire)、「ミラー・オブ・ウォーター」(Mirror of Water)、「ピュア・ランド」(Pure Land)の4点からなる写真作品。それぞれアリゾナの砂漠、ゴビ砂漠の火焔山、フランスのミラージュの洞窟、死海の風景を背景に、菩薩に扮した作者が二重写しになっている。それぞれ、受胎、修行、悟り、涅槃を表したものという。森万里子 フレッシュアイペディアより)

  • 本覚

    本覚から見た修行修行

    理論付けとなる仏典としては、真諦訳とされる『大乗起信論』の用例が基本的なものである。そこでは、現実における迷いの状態である「不覚」(ふかく)と、修行の進展によって諸々の煩悩をうち破って悟りの智慧が段階的にあらわになる「始覚」(しかく)と相関して説かれている。迷いの世界にいながら悟りの智慧のはたらきが芽生えてくる過程の中で、そのような智慧のより根源的なありかたとしての本覚という観念の存在が考えられた。これは唯識思想における阿頼耶識の種子(しゆうじ)の本有(ほんぬ)・始有の考えかたから発想されたと考えられ、われわれの日常心の根源的なありかたを説明する術語である。本覚 フレッシュアイペディアより)

202件中 71 - 80件表示

「修行」のニューストピックワード