262件中 71 - 80件表示
  • まんが奥の細道

    まんが奥の細道から見た修行修行

    ゲームの序盤ではアルバイトや修行を行い、資金と多くのジャンルに分かれた「知識ポイント」をためることになる。漫画を執筆する際にはまず「対象層」や「ジャンル」を選択し、獲得したポイントを割り当てて漫画の設定を行う。そして出来上がった作品は出版社の企画に投稿するか直接持ち込むことになり、採用されて雑誌へ掲載されるようになると、出版社からの執筆依頼が来るようになる。まんが奥の細道 フレッシュアイペディアより)

  • 読経

    読経から見た修行修行

    経典の読誦は、本来、経典の意義を理解し実践するため、また経典を記憶し流布するためのものであったが、大乗仏教になると、しばしば「読誦」そのものに修行や呪術といった宗教的意義を認めるようになった。読経は音韻を研究する悉曇学や声明へと発展し、読経を専らとする読経僧のうち秀でた僧は能読と呼ばれ僧俗ともに尊敬を集めた。読経 フレッシュアイペディアより)

  • ポゥ

    ポゥから見た修行修行

    ポゥの儀式を済ませた航法師はパルウまたはポゥと呼ばれる。これは航法師としての最低限の知識と経験を持っていることを意味し、ポゥの儀式を済ませた後も航海者としての修行は続けられる。パルウ以外の階位についてであるが、インフォーマント(学術研究に文化的情報を提供する現地の人物)の中でも、パルウの上には階位は無いとする者と、パルウの上にもう一つ上級の階位があるとする者と、パルウの上には上級の階位が二つあるとする者とがおり、詳細は今後の研究を待たねばならない。ポゥ フレッシュアイペディアより)

  • 沙門

    沙門から見た修行者修行

    沙門(しゃもん、, シュラマナ、, サマナ)は、古代インド社会に於いて生じた、仏教・ジャイナ教などヴェーダの宗教ではない新しい思想運動における男性修行者を指す。「つとめる人」の意。桑門、勤息、貧道とも言う。後に仏教では比丘と同義になった。沙門 フレッシュアイペディアより)

  • 胎蔵界五仏

    胎蔵界五仏から見た修行修行

    開敷華王如来 南方(画面では右方)に位置し「修行」(悟りへ向かって努力を積むこと)を表す胎蔵界五仏 フレッシュアイペディアより)

  • 王重陽

    王重陽から見た修行修行

    大定元年(1161年)には、南時村に「活死人」の墓と名付けた深さ4mもの穴を掘り、そこで修行を続けること二年半に及んだ。そしてついに本来の真性を得て道を悟り、金丹が成った。この場所には、彼の没後、元・憲宗二年(1252年)に、重陽成道宮という道観が建立されている。大定三年(1163年)には、活死人の墓を埋めた王重陽は、劉蒋村近郊に粗末な庵を結び、修行と教化を開始したが、重陽を知る郷人は相変わらず「害風」扱いをして受け入れることはなかった。王重陽 フレッシュアイペディアより)

  • 西光寺山

    西光寺山から見た修行修行

    昔、西光寺山山頂に諸国を漫遊し修行を積んだ高僧が庵を結び住んでいた。僧は百姓の病気を治療したり、講話をしたり、農作物の作り方などを指導し、村人に大変慕われていた。僧の住む粗末な庵には、ひときわ立派な木箱が置かれていたため、村人は何が入っているのか興味しんしんに僧に尋ねたところ村が飢餓や疫病に襲われた際に救ってくれるものが入っている、しかし中を見ると悪い心を起こすものが出るので決してあけてはならない、と言った。見るなと言われると見たくなるのが人情で、ある日、僧がいない隙を見て若者の一人が木箱の蓋を開けてみた。すると中には金無垢の鶏がまばゆい光を放っていた。この事実は村人へ口伝され評判となった。村を通りがかった旅人がこの話を耳にし真夜中に僧の庵に忍び込み木箱へ手をかけた。途端に、稲光と雷鳴がとどろき旅人は谷底へ転げ落ちてしまった。僧は何事もなかったかのように寝入っていた。西光寺山 フレッシュアイペディアより)

  • 道場

    道場から見た修行修行

    道場という言葉は、梵語のbodhi-manda(菩提樹下の金剛座)の訳語で、仏道修行の場を指した。これが転じて江戸時代の初め頃に武術の稽古場のことを指す事例も出てきたが、一般的には「稽古場」と呼ばれていた。道場 フレッシュアイペディアより)

  • 死ぬ瞬間

    死ぬ瞬間から見た修行修行

    キューブラー=ロスは死の意味をここであえて哲学的に探ろうとはしない。本書の意図ではないからであるが、一方「死ぬ人が”平和と威厳”をもって死ぬ権利がある」と主張する。この死に臨んだ静かな境地をキューブラー=ロスは「デカセクシス(Decathexis)」と呼んだ。自分自身を周囲の世界とのかかわりから引き離すというような意味である。これは日本語の”解脱、涅槃の境地”、”無我の境地”などに該当する。このときに患者は頻繁に短い間隔で新生児のようにウトウトとまどろむ必要があると説く。この時期は、短くて数時間、通常数日、長ければ数週間続くことがあるという。その後、臨終が来る。仏教では相当な修行を積み到達する涅槃も、キューブラー=ロスは凡人でも周囲の人々の愛と協力があればデカセクシスに容易に到達できるとする。また、愛と協力の本質はコミュニケーションであるとした。死ぬ瞬間 フレッシュアイペディアより)

  • 岩橋山

    岩橋山から見た修行修行

    河内と大和の国境にある葛城山(ここでいう葛城山とは、金剛山地全般を指している。詳細は「葛城山」の呼称を参照してください。)で修行していた役行者は、修行の為、吉野金峰山から大峰山にも山入りするようになった。その結果、役行者に帰依していた一般人も彼を見習って葛城山と吉野金峰山の両聖地を目指して信仰登山を開始しだした。岩橋山 フレッシュアイペディアより)

262件中 71 - 80件表示

「修行」のニューストピックワード