202件中 81 - 90件表示
  • 地球ZIG ZAG

    地球ZIG ZAGから見た修行修行

    毎週応募によって選ばれた一般人が1人で約1週間海外の町・村・島などに滞在し、現地の人々と交流しながら、様々な体験や修行をし、帰国後、その体験をスタジオで報告するドキュメンタリー番組として放送された。のちにヴェルディなどでプレーする三浦知良など、本番組の放送当時、日本ではまだ無名だった人物もいち早く取り上げられた。番組内では、報告者を隊員、司会者は隊長・副隊長と呼ばれ、スタジオには毎回1名または2名のゲストが招かれた。本番組のコンセプトは、のちに本番組と同じテレビマンユニオンが製作した『世界ウルルン滞在記』に受け継がれた。地球ZIG ZAG フレッシュアイペディアより)

  • 決意文

    決意文から見た修行修行

    内容は信者としての決意を文章化したもので、「修行するぞ、修行するぞ・・・」が特に有名であるが、他にも「三宝に帰依するぞ、三宝に帰依するぞ・・・」のような穏健なものから、「悪趣をポアするぞ、悪趣をポアするぞ・・・」のような過激なものまで様々な決意文がある。決意文 フレッシュアイペディアより)

  • 笑福亭晃瓶

    笑福亭晃瓶から見た修行修行

    蒲生(今は今福、京橋商店街の辺り)で生まれ、生まれてすぐ長吉長原に引っ越す。小学校の途中から萱嶋に住んで寝屋川南小学校に通った。中学位になって平野に戻ってきて長吉中学校に通った。長吉高校卒業後、いくつかの仕事、劇団員を経て、鶴瓶が好きで鶴瓶のような漫談がしたくて、人気者になって女性にもてたくて、鶴瓶に弟子入り。入門を請うたのは達瓶のほうが早かったが、親の説得に時間がかかったため、その間に晃瓶と純瓶が入門。結果、年齢順での入門になる。「達瓶が先に入門していたら、落語家晃瓶はなかったと思う」。通いで西宮市で3年間修行し、修行中は主に料理を担当。初舞台は十三の鰻屋の2階。元々漫談志向だったが、師匠鶴瓶が2002年頃から落語に力を入れ始めたため、晃瓶含め鶴瓶の弟子全員が落語に熱心に取り組む。近年は、落語家、ラジオパーソナリティーのみならず、講演会の講師としても活躍。2013年、作家デビュー。笑福亭晃瓶 フレッシュアイペディアより)

  • 高知県の文学史

    高知県の文学史から見た修行修行

    高知に五山文学の息吹が伝えられたのは、文保2年(1318年)に夢窓疎石(1275年 - 1351年)が来高したのがきっかけであった。夢窓は世俗の煩いを逃れ、修行の地を求めて、遠く土佐に至り、五台山のふもと吸江湾のほとりに吸江庵という庵を結んだ。彼が高知に住まいしたのは、翌年元応元年(1319年)までの1年あまりに過ぎなかったが、当時の禅林のなかでもことに詩文をよくした夢窓の存在は、高知内外の文壇に大きな影響を及ぼした。特に、当地の名勝10箇所を選び、詩を賦した「吸江十景」(玄夫(武)島、潮音洞、白鷺洲、呑海亭、泊船岸、雨華巌、粋適庵、磨甎堂、独鈷水、見国嶺)は、後代高知の文人によって繰りかえし詠われる好題材となった。高知県の文学史 フレッシュアイペディアより)

  • 願人坊主

    願人坊主から見た修行修行

    願人坊主(がんにんぼうず)は、江戸時代(17世紀 - 19世紀)に存在した日本の大道芸人の一種で、神仏に対する参詣・祈願あるいは修行・水垢離を客の代理として行うことに始まり、江戸市中を徘徊してさまざまな芸による門付、あるいは大道芸を行う者の総称である。琵琶法師同様、僧形の芸人であって、僧ではない。略して願人坊(がんにんぼう)、願人(がんにん)とも。願人坊主 フレッシュアイペディアより)

  • 見性

    見性から見た修行修行

    性を、仏性、法性、心性ともいうので、見仏性、見法性、見心性、あるいは見心見性、明心見性などと使用する。性は本来、煩悩に汚染されることはなく、それ自体で清浄なものであり、この自性清浄心に気づくことを指す。禅における悟りであり、臨済禅では今日でも見性を目指して坐禅修行に励む。見性 フレッシュアイペディアより)

  • 死に装束

    死に装束から見た修行修行

    日本においては、納棺(遺体を棺に納める)前に故人に対して施されるものであるが、多くは仏式で巡礼者または修行僧の衣装である。これは、古くから葬儀は仏式で行われ、死者が浄土へ死出の旅または善光寺などへ巡礼することを想定して用意されたもので、死出の旅を説かない浄土真宗では死に装束は施されない。死に装束は、古くは親族によって用意されていたが、現在では葬儀業者で用意されたものを使用することが多くなった。また、近年では、個人に対し死に装束を施さずに浴衣や個人が生前によく着用していた服を着せ、死に装束は遺体の上からかぶせたり、棺内に入れるだけであったりすることもある。なお、神道やキリスト教などでは特に死に装束に相当するものはないが、神道では神主に近い形の白い衣装もある。死に装束 フレッシュアイペディアより)

  • 明音

    明音から見た修行僧修行

    「毎度会う人に修行僧と言われる」「東京に来る時でも手ぶらにサンダルでやってくる」とのこと。明音 フレッシュアイペディアより)

  • 院政期文化

    院政期文化から見た修行修行

    聖たちは、山林修行や諸国遊行を主としながらも造寺・造塔、写経、供養、鋳鐘、架橋や道路・港湾建設の勧進などの多彩な活動を通じて、民衆からの尊崇と支持を獲得していった。院政期文化 フレッシュアイペディアより)

  • 極楽寺 (ハルビン市)

    極楽寺 (ハルビン市)から見た修行修行

    1921年から1924年にかけ建設された東北三省の4大古刹のひとつ。(後の3つは吉林省長春市の般若寺、遼寧省瀋陽市の慈恩寺、営口市の楞厳寺)中国の伝統的な寺院建築様式が見られる。僧坊もあり常に70-80人の僧侶が修行している。極楽寺 (ハルビン市) フレッシュアイペディアより)

202件中 81 - 90件表示

「修行」のニューストピックワード