40件中 11 - 20件表示
  • 修行

    修行から見た悟り

    しかし、「修行」が、上述のとおり「宗教的な行」すなわち、本質的に「仏の悟りを求めて実践すること」を指しているのに対し、「修業」は「世間的な学問や技芸などを習い修めること」や「職業的な生業(なりわい)を習得すること」を指す語であり、明確な違いがある。修行 フレッシュアイペディアより)

  • 修行

    修行から見た古代インド

    この仏教用語を元に、古代インド宗教における同質の行為や、他の宗教における精神鍛錬にも、固有の用語が無い場合にはこの語が用いられる(例:イスラーム修行)。修行 フレッシュアイペディアより)

  • 修行

    修行から見た性欲

    財産・名誉・性欲といった人間的な欲望(相対的幸福)から解放され、生きていること自体に満足感を得られる状態(絶対的幸福)を追求することを指す。修行 フレッシュアイペディアより)

  • 修行

    修行から見た怒り

    修行においては、怒り・怨み・妬み・憎悪といった否定的感情も破棄しなければならない。修行 フレッシュアイペディアより)

  • 修行

    修行から見た感情

    修行においては、怒り・怨み・妬み・憎悪といった否定的感情も破棄しなければならない。修行 フレッシュアイペディアより)

  • 修行

    修行から見た日本

    修行を行う僧を日本では行者(ぎょうじゃ)、あるいは、修行僧(しゅぎょうそう)と呼び、同じく、修験者(修験道の修行者)をも行者と呼ぶ。また、その他の宗教の修行者も行者の名で呼ばれる場合がある(例:ヨーガの行者)。修行 フレッシュアイペディアより)

  • 修行

    修行から見た忍者

    フィクション作品の分野では、例えば、正しく修験道の修行者(修験者)でもある忍者の訓練や、精神鍛錬を伴う魔法使いの訓練に対して、それらの精神面を主体と見なす感覚から、「修業」ではなく「修行」の字が選ばれて表現される場合もある。その用法の言語的正否は別の問題として、多くは、混同ではなくよく知った上での使用であろうと思われ、その意味で他とは異なる。修行 フレッシュアイペディアより)

  • 修行

    修行から見た人間

    財産・名誉・性欲といった人間的な欲望(相対的幸福)から解放され、生きていること自体に満足感を得られる状態(絶対的幸福)を追求することを指す。修行 フレッシュアイペディアより)

  • 修行

    修行から見た行 (仏教)

    仏典の中では、特に「修行」と呼ぶことは少なく、「(ぎょう)」とのみ呼ぶことが多い。修行 フレッシュアイペディアより)

  • 修行

    修行から見た訓練

    花嫁修業や武者修業など、能力・技術の向上を目指した訓練(修業)に「修行」の字を当てる。修行 フレッシュアイペディアより)

40件中 11 - 20件表示

「修行」のニューストピックワード