前へ 1 2 3 4
36件中 1 - 10件表示
  • 学びんピック

    学びんピックから見た俳句甲子園俳句甲子園

    現在、学びんピックとして、全国的規模の幅広いジャンルの大会が既に文部科学省から認定されている。2005年度大会として56大会が認定された。日本数学オリンピック、全国高校化学グランプリといった国際科学オリンピックの国内予選大会にもなっている大会から、プレゼンテーション、情報、環境といった最近注目される分野、あるいはまんが甲子園、俳句甲子園といった柔らかそうな大会まで幅広く対象としているのが特徴的。文化系の活動が対象であり、体育関係は対象から除かれている。学びんピック フレッシュアイペディアより)

  • 大高翔

    大高翔から見た俳句甲子園俳句甲子園

    「藍花」俳句会主宰であった母のすすめで、13歳より句作を開始。青柳志解樹に師事。1996年、10代の若さで第一句集「ひとりの聖域」を出版。2000年より4年間、「俳句王国」(NHK)司会を務める。2003年より 徳島新聞「季節のひとかけら」選者。2005年より毎日新聞 まいまいクラブ「ケータイ俳句写真」選者。2005年?2007年より西武鉄道「秩父・川越 でんたび大賞」審査委員長。愛媛県松山市「全国高校俳句選手権大会」(俳句甲子園)ゲスト審査員(2005?)。2007年、「漱石さんの俳句」で第22回俳人協会評論賞候補。2008年より石川県白山市「千代女少年少女全国俳句大会」選者。2010年度阿波文化創造賞受賞。こどもたちへの俳句指導など、「言葉のたねを蒔く」活動をライフワークとしている。大高翔 フレッシュアイペディアより)

  • 塩見恵介

    塩見恵介から見た俳句甲子園俳句甲子園

    大阪府羽曳野市生まれ、兵庫県芦屋市育ち。1990年、「船団の会」入会、坪内稔典に師事。1996年、甲南大学大学院人文科学研究科修士課程修了。同年より甲南中学校・高等学校国語科教諭。2004年、第7回俳句甲子園にて甲南高校監督として優勝に導く。塩見恵介 フレッシュアイペディアより)

  • 恋は五・七・五!

    恋は五・七・五!から見た俳句甲子園俳句甲子園

    愛媛県松山市で実際に行われている、全国の高校生が競う俳句大会「俳句甲子園」を舞台にした青春ラブコメディである。恋は五・七・五! フレッシュアイペディアより)

  • やのひろみ

    やのひろみから見た俳句甲子園俳句甲子園

    NPO法人 俳句甲子園実行委員会 理事やのひろみ フレッシュアイペディアより)

  • 安里琉太

    安里琉太から見た俳句甲子園俳句甲子園

    2010年 第13回松山俳句甲子園 団体準優勝安里琉太 フレッシュアイペディアより)

  • 詩のボクシング

    詩のボクシングから見た俳句甲子園俳句甲子園

    俳句甲子園 : 俳句甲子園は1998年から1999年にかけての発足前後、「俳句ボクシング」という名称を用いていた 。詩のボクシング フレッシュアイペディアより)

  • 五十嵐秀彦

    五十嵐秀彦から見た俳句甲子園俳句甲子園

    また、俳句甲子園北海道大会の審査委員長を務めるなど、北の俳句界のリーダーとして若い世代の創作意欲向上に尽力している。五十嵐秀彦 フレッシュアイペディアより)

  • 山口優夢

    山口優夢から見た俳句甲子園俳句甲子園

    山口 優夢(やまぐち ゆうむ、1985年12月28日 - )は、日本の俳人、新聞記者。東京都に生まれる。2002年より開成高校の句会「紫雁会」に参加。2003年、第6回俳句甲子園にて団体優勝し、自句「小鳥来る三億年の地層かな」が最優秀句に選ばれる。その後東京大学に進学し、東大俳句会に所属。大学では理学部地球惑星環境学科で火星の地質を研究していた。その後東京大学大学院に進学し、修士課程を修了。2005年、龍谷大学青春俳句大賞大学生部門最優秀賞を受賞。2007年、第四回鬼貫青春俳句大賞優秀賞受賞。山口優夢 フレッシュアイペディアより)

  • 青木亮人

    青木亮人から見た俳句甲子園俳句甲子園

    単著『俳句の変革者たち 正岡子規から俳句甲子園まで』(2017年、NHK出版)青木亮人 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4
36件中 1 - 10件表示

「俳句甲子園」のニューストピックワード