24件中 11 - 20件表示
  • 茨城県立下館第一高等学校

    茨城県立下館第一高等学校から見た俳句甲子園俳句甲子園

    ディベート甲子園(2005年関東甲信越大会優勝)、俳句甲子園(2005年準優勝)の常連校でもある。茨城県立下館第一高等学校 フレッシュアイペディアより)

  • 恋は五・七・五!

    恋は五・七・五!から見た俳句甲子園俳句甲子園

    愛媛県松山市で実際に行われている、全国の高校生が競う俳句大会「俳句甲子園」を舞台にした青春ラブコメディである。恋は五・七・五! フレッシュアイペディアより)

  • 高田中学校・高等学校

    高田中学校・高等学校から見た俳句甲子園俳句甲子園

    また、俳句好きの教諭と生徒の有志で結成した俳句サークルは、2003年に愛媛県松山市で開催された第6回俳句甲子園において、東京の強豪校開成高校に敗れたものの、準優勝した実績がある。高田中学校・高等学校 フレッシュアイペディアより)

  • 対馬康子

    対馬康子から見た俳句甲子園俳句甲子園

    対馬 康子(つしま やすこ、1953年10月22日 - )は、俳人。香川県高松市に生まれる。小学校高学年より詩に興味を持ちはじめ、高松高校時代は文芸部に所属。1972年日本女子大学文学科に入学、文芸部に入部し同人誌に詩や短文を執筆。東大俳句会と文芸部との合同ハイキングで西村我尼吾と出会い俳句を作り始める。1973年、国文科教授中島斌雄が主宰する「麦」入会、また東大俳句会に学外参加。1976年「麦」同人。大学卒業後、日本女子大学学生課に勤務。1978年我尼吾と結婚。1981年より我尼吾のイェール大学留学に伴いコネティカット州ニューヘブンに1983年まで住む。1984年、海外生活時代の作品により第28回麦作家賞。1990年有馬朗人の「天為」創刊に参加。同年8月赴任によりバンコクに移る。1991年朝日新聞国際衛星版にて「アジア俳壇」創設、2003年まで続ける。1996年帰国。1999年「松山宣言」起草に参加。同年正岡子規国際俳句賞調整委員。2001年より俳句甲子園審査員。同年「天為」編集長となる。2002年より芝不器男俳句新人賞選考委員。対馬康子 フレッシュアイペディアより)

  • 芝不器男俳句新人賞

    芝不器男俳句新人賞から見た俳句甲子園俳句甲子園

    芝不器男俳句新人賞の特徴は、量、質、透明性、斬新性である。量は、角川俳句賞が50句、俳壇賞が30句なのに対し、100句が選考対象となる(150句を要求する北斗賞は、芝不器男俳句新人賞の影響を受け、2010年に創設された)ため、大量の佳品を物している俳人に限定される。また、100句という量により、作者の実力や特性も明らかになる。また、角川俳句賞や俳壇賞と違い、未発表に新作だけでなく、過去数年程度(正確な期間は募集時に異なる)の既発表句を含めた作品を対象とするため、結社の主宰や同人たちの選句眼にかなった珠玉ばかりが応募されることになり、総じて応募作品の質は高い。そのため、応募者、特に一次選考通過者には有力結社・同人誌の若手同人が多く並ぶ。俳句甲子園優勝者も多い。さらに、一次選考から多種多様の作風を持つ選考委員全員が全作品に目を通すため、個性的な実力作品が目に留まらずに終わるリスクは極めて低い(角川俳句賞や俳壇賞では、編集部が事前に予選通過作品を大幅に絞るため、個性的な作品や無季・破調・自由律の作品は残りづらい)。一次選考落選作品にも質が高い句があり、選考委員たちも「最終までは残さなかったけど、良い句は見過ごしてはいない」という証明のため、第三回から特別賞が設けられた。優秀なら無季・破調・自由律の作品も最終選考に残る。透明性という面では、無記名審査である事、最終選考が公開されている事(出席者がツイッターなどで実況中継する事も)が大きく、既発表句が多く含まれている作品群で争われるのにもかかわらず、選考委員の関係者が入賞しやすいという傾向は見られていない。賞の創設当時、公開選考は非常に斬新であり、賞選考の密室性を除く上で貴重であった。公開選考も斬新であるが、選考委員の作風や傾向も大きく分かれており、俳壇で支配的な作風以外にもありとあらゆる作風(伝統的なものから無季・破調・自由律まで)が掬われる、という意味でも透明であり、斬新である。芝不器男俳句新人賞 フレッシュアイペディアより)

  • 佐藤文香

    佐藤文香から見た俳句甲子園俳句甲子園

    佐藤 文香(さとう あやか、1985年6月 - )は、日本の俳人。兵庫県神戸市生まれ。2008年、早稲田大学第一文学部日本文学専修卒業。1997年愛媛県松山市に転居、1998年より句作を開始。2002年、松山東高等学校在学中に第五回俳句甲子園にて団体準優勝、「夕立の一粒源氏物語」が最優秀句に選ばれる。2004年、早大入学同年に早大俳句研究会「里」に参加。2005年、上田信治、谷雄介とともに俳句ユニット「ハイクマシーン」を結成(2007年に谷が抜け、以降は佐藤と上田の二人)。2006年、第二回芝不器男俳句新人賞にて対馬康子審査員奨励賞を受賞。第一句集『海藻標本』を出版。2009年同句集により宗左近俳句大賞を受賞。2010年より太田ユリ、石原ユキオとともに「期間限定短詩系女子ユニットguca」を結成。2011年現在「里」「ハイクマシーン」「guca」で活動している。池田澄子に私淑、のち師事。父は国語学者で愛媛大学教育学部教授の佐藤栄作。佐藤文香 フレッシュアイペディアより)

  • 俳句

    俳句から見た俳句甲子園俳句甲子園

    また、現代の俳人は結社に所属している者が多い。結社に関しては俳句結社・結社誌の一覧を参照する。現在では、黒田杏子主宰の藍生(あおい)、金子兜太主宰の海程(かいてい)、中原道夫主宰の銀化(ぎんか)、長谷川櫂主宰(2011年からは大谷至弘主宰)の古志(こし)、小澤實主宰の澤(さわ)、小川軽舟主宰の鷹(たか)、有馬朗人主宰の天為(てんい)などの活動が盛んである。それだけでなく、俳句甲子園の影響もあり、高校生の俳句人口が増加している。俳句 フレッシュアイペディアより)

  • 開成中学校・高等学校

    開成中学校・高等学校から見た俳句甲子園俳句甲子園

    文化部では全国大会で優秀な成績を収める例がある。俳句部は、俳句甲子園として知られる「全国高校俳句選手権大会」で好成績を収めている。また、国際数学オリンピックや国際化学オリンピックなど、高校生(中学生)を対象とした理数系の国際競技大会に、同校の生徒が日本代表として派遣され、好成績を収める例がある。近年では、日本テレビ系の「全国高等学校クイズ選手権」でも第30回(2010年)・第31回(2011年)・第32回(2012年)と3連覇を達成している。開成中学校・高等学校 フレッシュアイペディアより)

  • 甲南中学校・高等学校

    甲南中学校・高等学校から見た俳句甲子園俳句甲子園

    文化部では、文芸部は俳句甲子園に8年連続で全国大会に出場し、2004年度の大会では全国優勝を成し遂げている。甲南中学校・高等学校 フレッシュアイペディアより)

  • 神奈川県立厚木東高等学校

    神奈川県立厚木東高等学校から見た俳句甲子園俳句甲子園

    神奈川県立厚木東高等学校(かながわけんりつ あつぎひがしこうとうがっこう)は、全日制普通科の高等学校。所在地は神奈川県厚木市王子。「東」は、改称当時厚木高校の東に位置していたことによるが、現在は移転により東西関係は逆転している。俳句活動が盛んで全国高校俳句選手権大会(俳句甲子園)の県代表の常連である。神奈川県立厚木東高等学校 フレッシュアイペディアより)

24件中 11 - 20件表示

「俳句甲子園」のニューストピックワード