57件中 31 - 40件表示
  • 俳句甲子園

    俳句甲子園から見たエフエム愛媛

    エフエム愛媛『How To 俳句甲子園』 2006年8月12日(参加36チームのメッセージ紹介など)俳句甲子園 フレッシュアイペディアより)

  • 俳句甲子園

    俳句甲子園から見た白泉社

    たくまる圭『僕らは長く夢をみる ?めざせ俳句甲子園?』 (白泉社『ヤングアニマル』2003年9号 - 11号に掲載・連載全3回) - この作品は後に、たくまる圭『アカシヤの星』第3巻 (イッキコミックス IKKI comix 小学館 2005年 ISBN 4-09-188513-6)の巻末に収録されている。俳句甲子園 フレッシュアイペディアより)

  • 俳句甲子園

    俳句甲子園から見たエヌ・ティ・ティ出版

    有馬朗人・黛まどか・監修・編『第一回 俳句甲子園』 NTT出版 2000年3月 ISBN 4-7571-5021-0俳句甲子園 フレッシュアイペディアより)

  • 俳句甲子園

    俳句甲子園から見た角川学芸出版

    俳句甲子園実行委員会監修 『俳句生活 一冊まるごと 俳句甲子園』(カドカワムック 351 別冊俳句) 角川学芸出版 2010年俳句甲子園 フレッシュアイペディアより)

  • 俳句甲子園

    俳句甲子園から見た愛媛県

    愛媛県松山市で毎年8月に開催される、高校生を対象にした俳句コンクール「全国高校俳句選手権大会」。本記事で詳述。俳句甲子園 フレッシュアイペディアより)

  • 俳句甲子園

    俳句甲子園から見た学びんピック

    全国高校俳句選手権大会(略称:俳句甲子園)は、愛媛県松山市で毎年8月に開催されている、高校生を対象とした俳句コンクールである。社団法人松山青年会議所、NPO法人俳句甲子園実行委員会が主催。当地が正岡子規や高浜虚子など著名な俳人の出身地であることから、これにあやかって1998年に始まった。第8回(2005年)大会から文部科学省より学びんピックに認定されている。俳句甲子園 フレッシュアイペディアより)

  • 俳句甲子園

    俳句甲子園から見た恋は五・七・五!

    2004年12月に愛媛新聞社により『五・七・五のバトル 俳句甲子園』として書籍化され、2005年2月には荻上直子監督の『恋は五・七・五!』にて映画の題材に取り上げられた。俳句甲子園 フレッシュアイペディアより)

  • 俳句甲子園

    俳句甲子園から見たサントリー文化財団

    正岡子規没後100年の第4回大会より松山市が後援となる。しだいに参加校が増え、2004年の第7回大会より地区予選制度導入。この年12月、愛媛新聞社による『五・七・五のバトル 俳句甲子園』が出版。翌年2月、同大会を題材にした映画『恋は五・七・五!』公開。またこの年の第8回より学びんピック認定大会になった。2006年の第9回以降、参加校数は50以上、参加チーム数は70?100程度を維持している。2012年、実行委員会が第34回サントリー地域文化賞を受賞。俳句甲子園 フレッシュアイペディアより)

  • 俳句甲子園

    俳句甲子園から見た愛媛新聞社

    2004年12月に愛媛新聞社により『五・七・五のバトル 俳句甲子園』として書籍化され、2005年2月には荻上直子監督の『恋は五・七・五!』にて映画の題材に取り上げられた。俳句甲子園 フレッシュアイペディアより)

  • 俳句甲子園

    俳句甲子園から見た甲子園

    1999年から2001年にかけて、夏の高校野球を応援する企画として朝日新聞社の主催で高校野球を題材とした俳句コンクール「俳句甲子園」が行われた。選者は有馬朗人、黛まどか。文部省(文部科学省)他が後援し、各回に全国から15?20万句の応募があった。なおこの俳句募集の折に選者から、「甲子園」を夏の季語として扱うとの提案もあった。俳句甲子園 フレッシュアイペディアより)

57件中 31 - 40件表示

「俳句甲子園」のニューストピックワード