前へ 1 2 3 4 5 6 7 8
71件中 1 - 10件表示
  • 短歌

    短歌から見た俵万智俵 万智

    昭和60年代には、都市文化を基調としたヴィジュアルな表現が登場する。坂井修一や、新古典派と呼ばれる紀野恵・水原紫苑などが平成のニューウェーブの先駆けとなる。俵万智『サラダ記念日』がミリオンセラーを記録、短歌はそれまでの硬いイメージから開放され、コピー言語のように読まれるようになった。短歌 フレッシュアイペディアより)

  • 大口玲子

    大口玲子から見た俵万智俵 万智

    生業である日本語教師としての立場から、国家や異文化に目を向けた知的な作風が特徴。俵万智は自身のエッセイにて、第一歌集「海量」を「20代にしては恋の歌が少ない」と評している。第二歌集「東北」以降は結婚によって移り住んだ東北地方の風土が作風に大きく影響を落としている。大口玲子 フレッシュアイペディアより)

  • 日本の近現代文学史

    日本の近現代文学史から見た俵万智俵 万智

    短歌では、釈迢空、土屋文明、木俣修、宮柊二らが、俳句では、水原秋桜子、山口誓子、中村草田男、加藤楸邨、西東三鬼、金子兜太らが活躍した。また、1987年に発表された俵万智の『サラダ記念日』は歌集としては異例の驚異的な売れ行きを示した。日本の近現代文学史 フレッシュアイペディアより)

  • 神奈川県立橋本高等学校

    神奈川県立橋本高等学校から見た俵万智俵 万智

    神奈川県立橋本高等学校(かながわけんりつ はしもとこうとうがっこう)は、神奈川県相模原市緑区橋本にある公立の高等学校。男女共学。歌人の俵万智が国語科の教師として在職時に、校名を短歌に詠み込んだことでも知られる。神奈川県立橋本高等学校 フレッシュアイペディアより)

  • 手をのばす

    手をのばすから見た俵万智俵 万智

    手をのばす(てをのばす)は、第74回(2007年度)NHK全国音楽コンクール小学校の部課題曲。作詞は俵万智、作曲は新実徳英。手をのばす フレッシュアイペディアより)

  • 古橋信孝

    古橋信孝から見た俵万智俵 万智

    吉本ばななと俵万智 筑摩書房 1990古橋信孝 フレッシュアイペディアより)

  • 成沢未来

    成沢未来から見た俵万智俵 万智

    文化デザインフォーラム「東京を詠む」 - 俵万智成沢未来 フレッシュアイペディアより)

  • 口語短歌

    口語短歌から見た俵万智俵 万智

    1つめは、文語表現と口語表現を巧みに組み合わせた文語口語混淆体短歌で、旧来の短歌表現に口語表現を交えた昔からあるスタイルだが、この時期には口語をかなり大幅に取り入れることで、もはや文語と口語のどちらがベースなのか不明な短歌が登場する。このスタイルは俵万智の登場で、大いに世に広まった。2つめは、もはや完全に口語がベースとなった口語短歌である。これは1つめに挙げた文語口語混淆体短歌とほぼ時を同じくして現れた。ここでは加藤治郎、荻原裕幸、穂村弘らが中心となり、散文化、字余り・字足らず、句跨がりをも恐れず、積極的に口語短歌運動を推進した。口語短歌 フレッシュアイペディアより)

  • 俵好夫

    俵好夫から見た俵万智俵 万智

    俵好夫(たわら よしお)は、希土類磁石の研究者、俵万智の父。俵好夫 フレッシュアイペディアより)

  • JUNET

    JUNETから見た俵万智俵 万智

    翌年から7月1日は「JUNET記念日」と呼ばれるようになった。この日はニュースの配送に感謝して、ほとんどの人がニュース記事の投稿を控えた。この名称は、当時はやっていた俵万智の「サラダ記念日」をもじったものである。JUNET フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8
71件中 1 - 10件表示