71件中 11 - 20件表示
  • 谷岡亜紀

    谷岡亜紀から見た俵万智俵 万智

    高知県高知市生まれ。高知学芸高等学校卒業後、19歳で上京。1980年、「心の花」に入会し、佐佐木幸綱に師事。同門の俵万智や黒岩剛仁らと交友を持つ。早稲田大学第一文学部哲学科中退。在学中より演劇活動に熱中し、劇団を主宰する。谷岡亜紀 フレッシュアイペディアより)

  • 現代詩ラ・メール

    現代詩ラ・メールから見た俵万智俵 万智

    1989年夏 25号(怪談/俵万智現代詩ラ・メール フレッシュアイペディアより)

  • 詩のボクシング

    詩のボクシングから見た俵万智俵 万智

    一般参加形式の全国大会では、ジャッジとして、過去、幅広いジャンルの著名人が担当している。川上弘美、大林宣彦、天野祐吉、香山リカ、ルー大柴、加賀美幸子、江國香織、森絵都、関川夏央、鈴木史朗、ピーター・バラカン、山田五郎、しりあがり寿、ヤノベケンジ、俵万智、黛まどか、国本武春、蛭子能収、ダンカン、嵐山光三郎、泉麻人、糸井重里、奈良美智、岡本敏子、立松和平、束芋、他。詩のボクシング フレッシュアイペディアより)

  • 梅内美華子

    梅内美華子から見た俵万智俵 万智

    第一歌集『横断歩道(ゼブラ・ゾーン)』の頃は俵万智の影響がみられるが、「自立した女性像」を青春の叙情とともに描いた芯の強い歌風に特色がある。第二歌集『若月祭』以降には巧みな叙景を用いた重厚さのある歌が多く詠まれるようになった。梅内美華子 フレッシュアイペディアより)

  • 1987年の日本の女性史

    1987年の日本の女性史から見た俵万智俵 万智

    俵万智の歌集『サラダ記念日』ベストセラーに1987年の日本の女性史 フレッシュアイペディアより)

  • 新宿ゴールデン街

    新宿ゴールデン街から見た俵万智俵 万智

    俵万智 - 結婚後、アルバイトをしていた。新宿ゴールデン街 フレッシュアイペディアより)

  • 米川千嘉子

    米川千嘉子から見た俵万智俵 万智

    1985年、「夏樫の素描」で第31回角川短歌賞受賞(同年の次席は俵万智「野球ゲーム」)。米川千嘉子 フレッシュアイペディアより)

  • 堀文子

    堀文子から見た俵万智俵 万智

    愛の季節 堀文子・俵万智画歌集 アートデイズ 1995.7堀文子 フレッシュアイペディアより)

  • 泰流社

    泰流社から見た俵万智俵 万智

    竹内の在任中、最も売り上げた書は、俵万智のベストセラー『サラダ記念日』(河出書房)に対して、短歌における「返歌」の手法をもじってパロディ化した『男たちの「サラダ記念日」』(1987年刊行)だった。同書は、惨敗した多くの「あやかり商法」で発刊された類書を押し退けて、半年で20万部の実売部数と大健闘。その後のテレビ文化の中での言葉遊びブームの先駆となった。同社30年余の歴史で最大の販売部数でもあった。泰流社 フレッシュアイペディアより)

  • 角川短歌賞

    角川短歌賞から見た俵万智俵 万智

    第32回 1986年 「八月の朝」俵万智角川短歌賞 フレッシュアイペディアより)

71件中 11 - 20件表示