106件中 11 - 20件表示
  • 新語・流行語大賞

    新語・流行語大賞から見た俵万智俵万智

    しかしながら、この言葉を選出したことについても批判があがり、賞を主催しているユーキャンのWikipediaのページが何者かによって「株式会社ユーキャン死ね」と書き換えられ、ページが半保護状態になるまで編集合戦が繰り返されるなどネットの各地で炎上した。さらに、選考委員の詩人の俵万智のTwitterにも批判が寄せられた。新語・流行語大賞 フレッシュアイペディアより)

  • 穂村弘

    穂村弘から見た俵万智俵万智

    北海道札幌市に長男(ひとりっ子)として生まれる。父親は鉱山技師で、夕張市の炭鉱に勤務した後、建設会社に勤務した。両親はともに北海道出身。なお、父方の北海道におけるルーツは北見市で、曽祖父の代に屯田兵として移住した。父親の転勤で、2歳の時に神奈川県相模原市に移る。その後横浜市を経て、小学5年から高校卒業まで愛知県名古屋市昭和区で育つ。名古屋市立桜台高等学校では天文部にて伊藤史隆と同期。北海道大学在学中に、友人の影響で塚本邦雄の作品を読んだことから、短歌に興味を持ち始める。1983年、上智大学文学部英文学科に入学。ベンチプレスに熱中し始める。1985年、林あまりらの作品に触発され、作歌を開始。1986年、連作「シンジケート」で第32回角川短歌賞次席。この年の受賞者は俵万智だった。「かばん」誌上にて林あまりに激賞される。穂村弘 フレッシュアイペディアより)

  • 口語短歌

    口語短歌から見た俵万智俵万智

    1つめは、文語表現と口語表現を巧みに組み合わせた文語口語混淆体短歌で、旧来の短歌表現に口語表現を交えた昔からあるスタイルだが、この時期には口語をかなり大幅に取り入れることで、もはや文語と口語のどちらがベースなのか不明な短歌が登場する。このスタイルは俵万智の登場で、大いに世に広まった。2つめは、もはや完全に口語がベースとなった口語短歌である。これは1つめに挙げた文語口語混淆体短歌とほぼ時を同じくして現れた。ここでは加藤治郎、荻原裕幸、穂村弘らが中心となり、散文化、字余り・字足らず、句跨がりをも恐れず、積極的に口語短歌運動を推進した。口語短歌 フレッシュアイペディアより)

  • 創作四字熟語

    創作四字熟語から見た俵万智俵万智

    開始当初から俵万智が審査員を務めており、12月中旬(最近は第2木曜日が多い)に「講評・傾向」とともに、50編(優秀作10編、入選作40編)が発表される。入選者には、入選作品集(小冊子)、クオカード(2012年まで図書カード)、同社のノベルティグッズなどが贈られる。創作四字熟語 フレッシュアイペディアより)

  • 内山英明

    内山英明から見た俵万智俵万智

    静岡県菊川市生まれ。1976年東京総合写真専門学校中退。全国を周って旅役者や傀儡子の写真を撮り続ける。1981年『アサヒグラフ』誌上で連載を開始し、若手の作家、音楽家などの肖像写真を撮影。特に俵万智は『サラダ記念日』刊行前から撮り続けていた。1993年より東京の地下施設に惹かれるようになり、国内都市の地下世界を撮影、「地下写真」のムーブメントを起こす。2000年『JAPAN UNDERGROUND 地下の迷宮 II」で伊奈信男賞、2006年『Japan underground 3』などで土門拳賞受賞。内山英明 フレッシュアイペディアより)

  • 1987年の日本の女性史

    1987年の日本の女性史から見た俵万智俵万智

    俵万智の歌集『サラダ記念日』ベストセラーに1987年の日本の女性史 フレッシュアイペディアより)

  • 米川千嘉子

    米川千嘉子から見た俵万智俵万智

    1985年、「夏樫の素描」で第31回角川短歌賞受賞(同年の次席は俵万智「野球ゲーム」)。米川千嘉子 フレッシュアイペディアより)

  • 松本恭子

    松本恭子から見た俵万智俵万智

    松本 恭子(まつもと きょうこ、1958年 - )は、長崎県出身の俳人。「青玄」に入会し伊丹三樹彦に師事。のち同人。1986年、第一句集『檸檬の街で』刊行。「恋ふたつ レモンはうまく切れません」など、女性の青春的感性を口語文体で表現、俵万智『サラダ記念日』の俳句版として話題となり「レモンちゃん」の愛称で親しまれた。のちの第二句集『夜の鹿』(2000年)では伝統的な文語体による作品となっている。エッセイ集に『二つのレモン』(1990年)がある。松本恭子 フレッシュアイペディアより)

  • 泰流社

    泰流社から見た俵万智俵万智

    竹内の在任中、最も売り上げた書は、俵万智のベストセラー『サラダ記念日』(河出書房)に対して、短歌における「返歌」の手法をもじってパロディ化した『男たちの「サラダ記念日」』(1987年刊行)だった。同書は、惨敗した多くの「あやかり商法」で発刊された類書を押し退けて、半年で20万部の実売部数と大健闘。その後のテレビ文化の中での言葉遊びブームの先駆となった。同社30年余の歴史で最大の販売部数でもあった。泰流社 フレッシュアイペディアより)

  • 堀文子

    堀文子から見た俵万智俵万智

    愛の季節 堀文子・俵万智画歌集 (アートデイズ 1995年7月)堀文子 フレッシュアイペディアより)

106件中 11 - 20件表示

「俵万智」のニューストピックワード