71件中 31 - 40件表示
  • 河出書房新社

    河出書房新社から見た俵万智俵 万智

    1962年(昭和37年)より文藝賞を創設した。同賞を受賞した高橋和巳は主たる作家となる。1981年、田中康夫『なんとなく、クリスタル』、堀田あけみ『1980年アイコ16歳』、83年、唐十郎『佐川君からの手紙』、87年、俵万智『サラダ記念日』、97年、俵万智『チョコレート革命』がベストセラーとなる。河出書房新社 フレッシュアイペディアより)

  • 山崎 銀之丞

    山崎銀之丞から見た俵万智俵 万智

    ずばぬけてさびしいあのひまわりのように(1994年、シアターX、原作・俵万智山崎銀之丞 フレッシュアイペディアより)

  • 武川忠一

    武川忠一から見た俵万智俵 万智

    『現代短歌の歩み 作品鑑賞による 斎藤茂吉から俵万智まで』 飯塚書店、2007武川忠一 フレッシュアイペディアより)

  • 男はつらいよ 寅次郎サラダ記念日

    男はつらいよ 寅次郎サラダ記念日から見た俵万智俵 万智

    題名の由来は俵万智の歌集『サラダ記念日』から。寅次郎が早稲田大学で講義を受ける場面があるなど、『サラダ記念日』の世界を反映した内容となっている。俵万智の歌も随所に使われている。男はつらいよ 寅次郎サラダ記念日 フレッシュアイペディアより)

  • 佐佐木幸綱

    佐佐木幸綱から見た俵万智俵 万智

    青年時代はラグビーやボクシングに熱中し、ダイナミックな肉体感覚を詠んだ勇猛な作風は「男歌」と称される。門下には俵万智、大口玲子、横山未来子、大野道夫、黒岩剛仁、谷岡亜紀、奥田亡羊、本田一弘、田中拓也、?小川真理子、矢部雅之、藤島秀憲、佐藤モニカ、など。佐佐木幸綱 フレッシュアイペディアより)

  • 田原町駅 (福井県)

    田原町駅 (福井県)から見た俵万智俵 万智

    俵万智 - 高校時代に利用していた駅。自分の名前と同じ読みであることが当時、同級生の間で話題になっていたと語っている。田原町駅 (福井県) フレッシュアイペディアより)

  • 鈴木健介 (映画監督)

    鈴木健介 (映画監督)から見た俵万智俵 万智

    1970年(昭和45年)、フジテレビのテレビドキュメンタリー『只今奮闘中』で初監督を手掛けた。以後、『美の世界』『ドキュメンタリー人間劇場』『世界わが心の旅』などのテレビドキュメンタリーを監督する一方で、1976年(昭和51年)には記録映画『新しい木の家』を監督。同作品で毎日映画コンクール奨励賞を受賞した。また、1992年(平成4年)から1993年(平成5年)に歌人の俵万智を伴ってインドのカルカッタ(現・コルカタ)を取材した記録をもとに、1994年(平成6年)に記録映画『ガンガー 俵万智イン・カルカッタ』を発表した。鈴木健介 (映画監督) フレッシュアイペディアより)

  • 田中章義

    田中章義から見た俵万智俵 万智

    東京都立日比谷高等学校在学中に短歌結社竹柏会「心の花」に入会し、佐佐木幸綱に師事。1990年、大学1年生の時に作品「キャラメル」50首で第36回角川短歌賞を受賞。同年、第1歌集『ペンキ塗りたて』を出版。ポスト俵万智としての期待が大きく、TBSのバラエティ番組「青春!島田学校」への出演や秋元麻巳子とのコラボレーション詩集の出版など、幅広い分野で作家活動を行う。その後は世界各地を旅しながら紀行文や絵本などを執筆した。BEGIN、遠藤久美子、ミネハハ、初田悦子などへの作詞提供も行っている。田中章義 フレッシュアイペディアより)

  • 東直子

    東直子から見た俵万智俵 万智

    俵万智著『愛する源氏物語』(文春文庫)東直子 フレッシュアイペディアより)

  • 日曜美術館

    日曜美術館から見た俵万智俵 万智

    俵万智(1990年度 - 1992年度)日曜美術館 フレッシュアイペディアより)

71件中 31 - 40件表示