71件中 41 - 50件表示
  • NHK短歌

    NHK短歌から見た俵万智俵 万智

    ※なお、題名が「NHK歌壇」だった頃は、俵万智や水原紫苑、梅内美華子らの歌人や、語り部の平野啓子が司会を務めていたこともある。NHK短歌 フレッシュアイペディアより)

  • 文藝

    文藝から見た俵万智俵 万智

    行定勲 - 2004年春季号/阿部和重 - 2004年夏季号/Cocco - 2004年秋季号/俵万智 - 2004年冬季号文藝 フレッシュアイペディアより)

  • 下村健一

    下村健一から見た俵万智俵 万智

    東京都立立川高等学校を経て、東京大学に入学。東京大学在学中には菅直人の事務所に出入りして選挙の手伝いをしていたことがある(因みに下村以外にも、当時学生だった久和ひとみや歌人の俵万智も菅の事務所に出入りしていた)。1985年3月、東京大学法学部政治コース卒業。下村健一 フレッシュアイペディアより)

  • 日本の新聞

    日本の新聞から見た俵万智俵 万智

    読売新聞 - 歌壇(選者は岡野弘彦、小池光、栗木京子、俵万智日本の新聞 フレッシュアイペディアより)

  • COMIC CUE

    COMIC CUEから見た俵万智俵 万智

    俵万智(歌人):Vol.4COMIC CUE フレッシュアイペディアより)

  • 立松和平

    立松和平から見た俵万智俵 万智

    新・おくのほそ道 俵万智 河出書房新社、2001立松和平 フレッシュアイペディアより)

  • 小谷野敦

    小谷野敦から見た俵万智俵 万智

    『反=文藝評論』では、村上春樹の『ノルウェイの森』や俵万智の『サラダ記念日』が刊行された1987年以降、現代文学が新たな恋愛幻想に取り憑かれ、カジュアル的なセックス描写を批判するとともに、男女関係の現実を描くリアリズムの文学として、藤堂志津子や佐川光晴を高く評価した。『リアリズムの擁護』では、田山花袋の『蒲団』に遡り、赤裸々な事実の暴露という意味での、リアリズムの系譜を掘り起こしている。『私小説のすすめ』でも、自分や周囲のことを書いた小説を「私小説」と定義し、私小説とは流派、洋の東西を問わず存在する小説形態であると主張している。また志賀直哉に始まる「心境小説」系私小説を「随筆」として否定すると同時に、『蒲団』以降の「暴露型破滅型」私小説を高く評価し、自らの成長のためには、情けないこと、苦しい思い出こそ書くべきだと読者に勧める。小谷野敦 フレッシュアイペディアより)

  • 爆笑問題のススメ

    爆笑問題のススメから見た俵万智俵 万智

    俵万智(#22、2003年3月10日放送)、花村萬月(#26、2003年4月7日放送)、田原総一朗(#24、2003年3月24日放送)、松尾スズキ(#36、2003年6月16日放送)爆笑問題のススメ フレッシュアイペディアより)

  • 坂本美雨

    坂本美雨から見た俵万智俵 万智

    詩のボクシング(NHK、2002年) - 俵万智や井筒和幸らと同じく会場外で個人的なジャッジ、コメントをするコメンテーターとして出演。また、会場で応援歌として自作『ブランク』を披露し、その様子も放送された。坂本美雨 フレッシュアイペディアより)

  • コペルニクス (作曲家)

    コペルニクス (作曲家)から見た俵万智俵 万智

    新井満&俵万智「プーさんの鼻のララバイ」コペルニクス (作曲家) フレッシュアイペディアより)

71件中 41 - 50件表示