106件中 41 - 50件表示
  • 小川真理子

    小川真理子から見た俵万智俵 万智

    母音梯形(トゥラペーズ) 歌集 河出書房新社 2002.11 ISBN 978-4309015095 序文:俵万智、解説:佐佐木幸綱小川真理子 フレッシュアイペディアより)

  • 香川ヒサ

    香川ヒサから見た俵万智俵 万智

    1970年、森本治吉主宰の歌誌「白路」入会。1984年、米田登主宰の歌誌「好日」入会。1988年、「ジュラルミンの都市樹」で第34回角川短歌賞を受賞。なおこの年の角川短歌賞は、前年に俵万智『サラダ記念日』の大ヒットがあったため、同賞史上最多の応募数であった。1993年、同人誌「鱧と水仙」を創刊。「理知的な言葉への好奇心によって私達の常識の死角に宿る思いがけない詩を発見してきた歌人」(川野里子)と評される。香川ヒサ フレッシュアイペディアより)

  • 武川忠一

    武川忠一から見た俵万智俵 万智

    『現代短歌の歩み 作品鑑賞による 斎藤茂吉から俵万智まで』 飯塚書店、2007武川忠一 フレッシュアイペディアより)

  • 一条ゆかり

    一条ゆかりから見た俵万智俵 万智

    交流がある著名人は藤沢とおるや吉住渉、俵万智など。一条ゆかり フレッシュアイペディアより)

  • 俵好夫

    俵好夫から見た俵万智俵 万智

    俵 好夫(たわら よしお)は、日本の物理学者、希土類磁石の研究者、俵万智の父。俵好夫 フレッシュアイペディアより)

  • ふるさと日本のことば

    ふるさと日本のことばから見た俵万智俵 万智

    7月16日:福井県「見てんでのう」(俵万智、加藤和夫〔金沢大学〕)ふるさと日本のことば フレッシュアイペディアより)

  • 現代歌人協会賞

    現代歌人協会賞から見た俵万智俵 万智

    第32回(1988年)加藤治郎『サニー・サイド・アップ』・俵万智 『サラダ記念日』現代歌人協会賞 フレッシュアイペディアより)

  • 林あまり

    林あまりから見た俵万智俵 万智

    前田透に師事。短歌に演劇的な構成を導入し、大胆な性描写や暴力を詠み込んだ過激な作品を発表して注目を浴びた。同世代の俵万智とともに「ライトヴァース」と称され、80年代の口語短歌の浸透に貢献した。穂村弘は「演劇的な構成意識、口語文体に加えて、二行書き表記や記号の使用といった表現面のラディカルな個性は、強靭なモチーフ意識と相俟って、歌壇外の読者にも幅広い支持を得ている。」と書いている。敬虔なクリスチャンであり、キリスト教をモチーフとした作品も多い。林あまり フレッシュアイペディアより)

  • 角川短歌賞

    角川短歌賞から見た俵万智俵 万智

    次席 - 「野球ゲーム」俵万智角川短歌賞 フレッシュアイペディアより)

  • 和田誠

    和田誠から見た俵万智俵 万智

    連句日和 笹公人, 矢吹申彦, 俵万智, 和田誠 著 自由国民社 2015和田誠 フレッシュアイペディアより)

106件中 41 - 50件表示

「俵万智」のニューストピックワード