88件中 21 - 30件表示
  • 俵万智

    俵万智から見たつかこうへい

    1994年(平成6年)、戯曲「ずばぬけてさみしいあのひまわりのように」を書き、つかこうへいが上演した。その時の様子は『ひまわりの日々』に描かれている。また2003年(平成15年)より初の小説『トリアングル』を読売新聞に連載、阿木燿子監督の『TANNKA 短歌』として映画化された。俵万智 フレッシュアイペディアより)

  • 俵万智

    俵万智から見た与謝野晶子

    みだれ髪 1-2 チョコレート語訳 与謝野晶子 河出書房新社 1998 のち文庫俵万智 フレッシュアイペディアより)

  • 俵万智

    俵万智から見た笹公人

    『連句日和』 和田誠、笹公人、矢吹申彦共著 自由国民社 2015 ISBN 4426119871俵万智 フレッシュアイペディアより)

  • 俵万智

    俵万智から見た野村佐紀子

    『燃える肌を抱くこともなく人生を語り続けて寂しくないの』野村佐紀子写真 河出書房新社 1998俵万智 フレッシュアイペディアより)

  • 俵万智

    俵万智から見た俵好夫

    俵 万智(たわら まち、1962年12月31日 - )は、日本の歌人。本名、同じ。結社「心の花」所属。所属事務所は東京コンサーツ。父は希土類磁石の研究者の俵好夫俵万智 フレッシュアイペディアより)

  • 俵万智

    俵万智から見た矢吹申彦

    『連句日和』 和田誠、笹公人、矢吹申彦共著 自由国民社 2015 ISBN 4426119871俵万智 フレッシュアイペディアより)

  • 俵万智

    俵万智から見た野崎洋光

    『俵万智と野崎洋光のゆっくり、朝ごはん。』廣済堂出版 2001俵万智 フレッシュアイペディアより)

  • 俵万智

    俵万智から見た穂村弘

    1985年(昭和60年)に大学を卒業すると、公立高校教員(神奈川県の地方公務員)として神奈川県立橋本高等学校の国語教師として働きながら発表した『野球ゲーム』で第31回角川短歌賞次席。受賞は米川千嘉子に譲るも、その奔放で斬新な表現が歌壇の話題をさらった。翌年、『八月の朝』で第32回角川短歌賞を受賞。同年の次席は穂村弘であった。1987年(昭和62年)発行の第一歌集『サラダ記念日』は歌集としては異例の大ベストセラーとなって社会現象を引き起こし、ライトヴァースの旗手として口語短歌の裾野を一気に広げた。日常会話で使われるカタカナを巧みに使い、親しみやすい歌風は多くの人々の心を掴んだ。俵万智 フレッシュアイペディアより)

  • 俵万智

    俵万智から見た源氏物語

    2003年 - 『愛する源氏物語』で紫式部文学賞受賞。俵万智 フレッシュアイペディアより)

  • 俵万智

    俵万智から見たアナウンサー

    大阪府北河内郡門真町(現門真市)生まれ、同四條畷市、福井県武生市(現・越前市)育ち。福井県立藤島高等学校に入学し、演劇部に所属した。指定校推薦で早稲田大学第一文学部に入学、日本文学専修に進級した。在学中に心の花を主宰している佐佐木幸綱に師事し短歌の世界に入った。なお、大学時代は「アナウンス研究会」に入っていた(フジテレビアナウンサーの軽部真一は同研究会の同期)。俵万智 フレッシュアイペディアより)

88件中 21 - 30件表示

「俵万智」のニューストピックワード