前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
156件中 1 - 10件表示
  • 拝啓、父上様

    拝啓、父上様から見た倉本聰倉本聰

    主演の二宮和也が出演したドラマ『優しい時間』と同じく倉本聰が脚本を手がけ、同じスタッフが制作を手がけている。拝啓、父上様 フレッシュアイペディアより)

  • 岡田茂 (東映)

    岡田茂 (東映)から見た倉本聰倉本聰

    1964年、組合活動で会社批判をやっていた中島貞夫は、岡田に呼び出され「オイ能書きばっかりたれとらんと、何ぞ企画出さんかい」と言われ、どうせこちらの企画が通るなずもないと、茶化したつもりで『くノ一忍法帖』なんかどうです」と言うと「バカモン、あんなの映画になるかい」と言われた。当時、山田風太郎の同作はベストセラーになっていたが、男女の忍者が“アレ”と“ソレ”を駆使して闘い合うという素材で、とうてい映画になるとは思えなかった。ところが数日後、岡田にまた呼び出され「おい、アレなァ、飲み屋の女どもが面白い言うとるぞ。ほん(脚本)にしてみいや」と言われさらに数日後、「監督やるもんがおらん。お前やってみい」「裸、バンバン入れてなァ」「自分で言い出した企画で一本撮れるなんで、幸せやでえ」と言われた。脳天割りのようなショックを受け、土下座して許しを請うたが、30歳前に一本映画を撮りたいという気持ちとの葛藤で揺れ、やむなく承諾。萬屋錦之介からは「お前とは絶交だ」と言われたが、助っ人を同窓生・倉本聰に頼み、これが自身の監督デビュー作となった。女優に裸になってもらわないといけないキャスティングは難航したが、この『くノ一忍法』には、深作欣二夫人・中原早苗や野川由美子、芳村真理などが出ている。映画はヒットしたため、また岡田から「裸が少ない。もっと盛大に女優を脱がせろ」と、こちらの苦しみなどどこ吹く風の第二弾製作指令が出て二作目『くノ一化粧』を製作。今度は男忍者が普通では面白くないと、当時は怪優と呼ばれた西村晃や小沢昭一を起用した。中島はその後も小川知子や大原麗子ら、女優を脱がせる仕事が増え、女の裸を見ると胃が痛むようになり以来、治っていないという。岡田茂 (東映) フレッシュアイペディアより)

  • マナカナ

    マナカナから見た倉本聰倉本聰

    2010年11月、倉本聰作・演出の富良野GROUP公演2010秋『オンディーヌを求めて』に主演、二人芝居で日本の売れっ子女優・谷村めぐみ(佳奈)とニューヨークで演劇を学ぶ売れない女優・久米島愛(茉奈)を演じた。倉本聰が主宰する富良野GROUPの演劇作品に外部から主演女優を迎えるのは初のことであり、富良野の倉本邸に1ヵ月間滞在して稽古を積み、公演に臨んだ。マナカナ フレッシュアイペディアより)

  • 0戦はやと

    0戦はやとから見た倉本聰倉本聰

    脚本担当の倉本聡は、主題歌の作詞も担当している。オープニングで、隼人がアップになるカットには、一コマだけ腕時計をつけたスタッフのものと思われる左手が映り込んでいる。漫画原作と異なり、劇中では政治的理由から現実の国名は避けられ、敵国名はアルファベットで代用している。0戦はやと フレッシュアイペディアより)

  • 末広透

    末広透から見た倉本聰倉本聰

    子どもモデルとして活動し、1993年、イマジンミュージカル『ナンとジョー先生』で子役デビュー。関東国際高等学校演劇科卒業後、倉本聰主宰の富良野塾に19期生として入塾。大判社に所属。末広透 フレッシュアイペディアより)

  • 昨日、悲別で

    昨日、悲別でから見た倉本聰倉本聰

    昨日、悲別で(きのう、かなしべつで)は日本テレビ系列で1984年3月9日から放送された倉本聰脚本のテレビドラマ(全13回)。昨日、悲別で フレッシュアイペディアより)

  • 6羽のかもめ

    6羽のかもめから見た倉本聰倉本聰

    原案は倉本聰。NHK大河ドラマ『勝海舟』を巡るトラブルによるテレビメディア不信がもとになっている。札幌市転居後、偽名で発表した。6羽のかもめ フレッシュアイペディアより)

  • 石田 えり

    石田えりから見た倉本聰倉本聰

    時計 Adieu l'Hiver(1985年、製作:フジテレビ、脚本・監督:倉本聰石田えり フレッシュアイペディアより)

  • ゴリラ・警視庁捜査第8班

    ゴリラ・警視庁捜査第8班から見た倉本聰倉本聰

    古舘伊知郎による第1話冒頭の前説では「西部警察」の存在が前面に押し出されており、西部警察の姉妹編的な位置付けを狙って製作されたが、実際の視聴率は期待を大きく下回る結果となった。その為、ハードなイメージを強調した横文字のサブタイトルを廃止し、番組冒頭にその回のダイジェスト場面集を紹介するなどのテコ入れ策が取られたが、視聴率は改善されなかった。更に、撮影中の負傷により渡哲也自身によるアクションシーンが格段に減ったことから、初期のコンバット&コメディ路線から次第に「西部警察」と同様の爆破シーンや地方ロケを売り物にした物量アクション、人情路線へと作品のトーンが変化。特に最終クールである第36話以降は脚本監修に「大都会 闘いの日々」のメインライターを務めた倉本聰を迎え、アクションドラマとしての体裁は維持しつつ、言葉を失った妻を献身的に介護する倉本と、病魔に冒された伊達の姿を軸に据えるなどの大幅な路線変更が図られた。ゴリラ・警視庁捜査第8班 フレッシュアイペディアより)

  • 山田太一 (脚本家)

    山田太一 (脚本家)から見た倉本聰倉本聰

    1970年代には倉本聰、向田邦子とともに「シナリオライター御三家」と呼ばれていた。山田太一 (脚本家) フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
156件中 1 - 10件表示

「倉本聰」のニューストピックワード