前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
218件中 1 - 10件表示
  • 瀬尾卓也

    瀬尾卓也から見た倉本聰倉本聰

    感銘を受け、北の国からの脚本家、倉本聰氏の作品に出たいという一心で、倉本聰氏に毎月手紙を書くようになる。瀬尾卓也 フレッシュアイペディアより)

  • マナカナ

    マナカナから見た倉本聰倉本聰

    一方で、翌2010年の11月には倉本聰作・演出の二人芝居、富良野GROUP公演2010秋『オンディーヌを求めて』に揃って主演、日本の売れっ子女優・谷村めぐみ(佳奈)とニューヨークで演劇を学ぶ売れない女優・久米島愛(茉奈)を演じている。倉本聰が主宰する富良野GROUPの演劇作品に外部から主演女優を迎えるのは初のことであり、富良野の倉本邸に1ヵ月間滞在して稽古を積み公演に臨んだ。マナカナ フレッシュアイペディアより)

  • くノ一忍法

    くノ一忍法から見た倉本聰倉本聰

    1960年9月号から1961年5月号まで連載された山田風太郎の時代小説「忍法帖」シリーズ第4作『くノ一忍法帖』最初の映像化作品。映画のタイトルはくノ一忍法。シリーズ化され計三作が作られた。「くノ一」(女忍者)とタイトルに冠された最初の映像作品で、今日続くお色気時代劇の1ジャンル"くノ一忍法帖モノ"の元祖と見られる作品。また1960年代後半から始まる東映エロ路線「東映ポルノ」の先駆けとなった一本である。中島貞夫の監督デビュー作で東映に籍を置いていた時期の倉本聰が脚本を担当している。くノ一忍法 フレッシュアイペディアより)

  • 拝啓、父上様

    拝啓、父上様から見た倉本聰倉本聰

    主演の二宮和也が出演したドラマ『優しい時間』と同じく倉本聰が脚本を手がけ、同じスタッフが制作を手がけている。拝啓、父上様 フレッシュアイペディアより)

  • 6羽のかもめ

    6羽のかもめから見た倉本聰倉本聰

    原案は倉本聰。NHK大河ドラマ『勝海舟』を巡るトラブルによるテレビメディア不信がもとになっている。札幌市に転居後、偽名で発表した。6羽のかもめ フレッシュアイペディアより)

  • 中村敏夫

    中村敏夫から見た倉本聰倉本聰

    2015年5月26日、急性肺炎のため死去。77歳没。通夜は同月31日に護国寺桂昌殿で営まれ、タモリや北島三郎、倉本聰など550人が参列した。葬儀・告別式は翌日同所で営まれ、倉本聰が弔辞を述べた。また、吉岡秀隆、中嶋朋子、岩城滉一など250人が最後の別れを告げた。中村敏夫 フレッシュアイペディアより)

  • 0戦はやと

    0戦はやとから見た倉本聰倉本聰

    脚本担当の倉本聡は、主題歌の作詞も担当している。0戦はやと フレッシュアイペディアより)

  • 内田高子

    内田高子から見た倉本聰倉本聰

    のちに夫となる向井寛との出会いもこの時期であり、今井正、佐伯清に師事し教育映画『二人の少年』(1962年)で監督に昇進した向井は、同年、東京芸術プロダクション(現在の向井プロダクション)を設立して独立、その第1作として『肉』を製作・監督、主演女優に内田を起用、同作は国映が配給して同年5月に公開された。同年6月9日に日活が配給して公開された武智鉄二監督の『黒い雪』は、わいせつ図画であるとして武智と日活の配給部長が起訴されたが、同作に出演していた内田は、紅千登世、松井康子、村田知栄子らとともに警視庁への出頭を求められている。この黒い雪事件は1969年(昭和44年)9月17日、東京高等裁判所で無罪が確定したが、新映倫(映画倫理管理委員会、現在の映画倫理委員会)を通過した劇場用映画が刑事罰に問われた事件として知られる。前年の『雌 めす 牝』では「内田高子(東芝レコード)」とクレジットされていた内田は、同年には東芝を離れ、岡雅美の岡プロダクションに所属、同社の専務取締役を務めた。中島貞夫や倉本聰が脚本を執筆し同年10月1日に放映を開始した連続テレビ映画『勝海舟』(製作毎日放送)、国際放映が製作しフジテレビジョンが同年10月5日に放映した連続テレビ映画『刑事』の第1回、五社英雄監督作にも、内田はそれぞれ出演、ジャンルを超えた活動を行った。内田高子 フレッシュアイペディアより)

  • フレッド・カサック

    フレッド・カサックから見た倉本聰倉本聰

    ※本作は1970年に『砂の城』(NHK 脚本倉本聰)、1983年に『殺しの連鎖反応』(テレビ朝日 土曜ワイド劇場内)と、二度テレビドラマ化されている。フレッド・カサック フレッシュアイペディアより)

  • 富良野プリンスホテル

    富良野プリンスホテルから見た倉本聰倉本聰

    1972年(昭和47年)に北の峰スキー場(現在の富良野スキー場)を譲受したプリンスホテルが1974年(昭和49年)に北の峰プリンスホテル(富良野プリンスホテルの前身)を開業し、1988年(昭和63年)に新富良野プリンスホテルを開業した。周辺にスキー場、ガーデン、カフェ、温泉、ゴルフ場などがあるリゾートとなっており、パークゴルフ、熱気球体験フライト、セグウェイ体験、ラフティングなどのアクティビティがある。なお、富良野ゴルフコースは車で20分ほど移動した同市八幡丘にある。2005年(平成17年)に閉鎖した富良野プリンスホテルゴルフコースは、翌年から倉本聰主宰による「富良野自然塾」が開講しており、ゴルフ場跡地を森に還す自然返還事業と環境教育事業を行っている。富良野プリンスホテル フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
218件中 1 - 10件表示

「倉本聰」のニューストピックワード