218件中 91 - 100件表示
  • 喜多麗子

    喜多麗子から見た倉本聰倉本聰

    倉本聰脚本ドラマSP 町 (2000年)喜多麗子 フレッシュアイペディアより)

  • 山下澄人

    山下澄人から見た倉本聰倉本聰

    兵庫県神戸市出身。神戸市立神戸商業高等学校(現神戸市立六甲アイランド高等学校)卒。倉本聰の富良野塾第二期生。山下澄人 フレッシュアイペディアより)

  • 時計 Adieu l'Hiver

    時計 Adieu l'Hiverから見た倉本聰倉本聰

    『時計 Adieu l'Hiver』(とけい アデュー・リベール)は、1986年10月10日に公開された倉本聰の初監督映画である。グルノーブルオリンピックで、アイスホッケーとフィギュアスケートの日本代表選手だった両親を持つ少女の、9歳から14歳までの5年間を描いた人間ドラマ。フジテレビジョン製作。時計 Adieu l'Hiver フレッシュアイペディアより)

  • ちあきなおみ

    ちあきなおみから見た倉本聰倉本聰

    1976年2月、テレビドラマ『大都会 闘いの日々』の第8話として「俺の愛した、ちあきなおみ」(脚本倉本聰、監督村川透)というサブタイトルの作品が放映された。実在する現役歌手がサブタイトルにフィーチャーされること自体異例であり、ちあきの代表曲「喝采」がドラマの内容に深く関わっているものであった。ちあきなおみ フレッシュアイペディアより)

  • 浅野有生子

    浅野有生子から見た倉本聰倉本聰

    富良野塾(脚本家 倉本聰主宰)5期生。浅野有生子 フレッシュアイペディアより)

  • 大滝秀治

    大滝秀治から見た倉本聰倉本聰

    テレビドラマでは、悪役を経て、1975年から1981年にかけて地方の巡査を演じた『うちのホンカン』で主演(第1作は第23回日本民間放送連盟賞最優秀賞を受賞し、以降、倉本聰作品には多く起用された)。1977年からの8年間にわたっては『特捜最前線』で船村一平刑事役でレギュラー出演し、認知度が上がった。大滝秀治 フレッシュアイペディアより)

  • 山口百恵

    山口百恵から見た倉本聰倉本聰

    当時の人気作詞家だった阿久悠は、『スター誕生!』の審査委員長であったが、同番組出身である百恵には作品を一切提供していなかった。その理由のひとつとして、「当時は桜田淳子に(詞を)書いていたから、同系統の歌手には書かないことにしていた」と、阿久自身が述べている。2008年に日本テレビ系で放送されたドラマ『ヒットメーカー 阿久悠物語』では、『スター誕生!』のテレビ予選で百恵に対して阿久が「妹役のようなものならいいけれど、歌はあきらめたほうがいいかもしれない」と評したことで、「そのことに傷ついた百恵は作品の提供を阿久に求めなかった」という話に脚色されているが、あくまでもドラマでの脚色で、阿久自身は著書『夢を食った男たち』で前述のオーディションでのエピソードについて記した上に、自らファンである事実と更に百恵の魅力についてもかつての倉本聰との対談を差し挟んで語られている。山口百恵 フレッシュアイペディアより)

  • 麓郷の森

    麓郷の森から見た倉本聰倉本聰

    1981年(昭和56年)10月から翌年3月までの放映に使用され、1984年(昭和59年)放映の「北の国から '84夏」で息子である純(吉岡秀隆)の不注意から焼失、五郎一家がこの家に住んだのはわずか1年半であった。ドラマの中で焼失したのは撮影のために作ったセットで現在あるのは移転され保存されたものである。玄関には丸い板が掛かり、倉本聰の言葉、「灯は小さくても いつもあったかい」が刻まれている。麓郷の森 フレッシュアイペディアより)

  • 森上千絵

    森上千絵から見た倉本聰倉本聰

    兵庫県立宝塚北高等学校演劇科を卒業の後、ダンス専門学校を経て、倉本聰が主宰する富良野塾に入塾(8期生)。卒塾後は富良野を拠点に女優として活動し、舞台に加えてテレビドラマ、映画などにも出演する。森上千絵 フレッシュアイペディアより)

  • 桃井かおり

    桃井かおりから見た倉本聰倉本聰

    1975年、倉本聰脚本による日本テレビ系列『前略おふくろ様』の海役が当たり役となり、お茶の間でブレイク。桃井かおり フレッシュアイペディアより)

218件中 91 - 100件表示

「倉本聰」のニューストピックワード