156件中 91 - 100件表示
  • 北の国から資料館

    北の国から資料館から見た倉本聰倉本聰

    かつてフジテレビ系列で放映されて人気となった富良野市を舞台にしたドラマ「北の国から」の足跡を残すために、このドラマの脚本を務めた倉本聰の全面バックアップのもと、富良野町農業協同組合駅前4号倉庫を改装して1995年から2002年まで期間限定で8回の展示会が開かれたが、好評だったことから常設の資料館として2003年6月にリニューアルオープンした。北の国から資料館 フレッシュアイペディアより)

  • YOSAKOIソーラン祭り

    YOSAKOIソーラン祭りから見た倉本聰倉本聰

    風のガーデン(富良野が舞台の、倉本聰脚本連続ドラマ。主人公の娘・ルイ(演:黒木メイサ)がYOSAKOIソーランチーム「旭川北の大地」に所属している設定で、実際にYOSAKOIソーラン祭りの踊り手として出場し、ファイナルコンテストにも進出した)YOSAKOIソーラン祭り フレッシュアイペディアより)

  • 風のガーデン

    風のガーデンから見た倉本聰倉本聰

    脚本は倉本聰。連続ドラマとしては『拝啓、父上様』以来約2年ぶりの脚本であり、プロデューサーや製作スタッフも同作品とほぼ同じ顔ぶれになっており、今作は倉本が手がけた『北の国からシリーズ』(1981年 - 2002年)、『優しい時間』(2005年1月 - 3月)に続く「富良野三部作」の第3弾という位置づけになっている。風のガーデン フレッシュアイペディアより)

  • 金子成人

    金子成人から見た倉本聰倉本聰

    長崎県立佐世保南高等学校卒業後、サラリーマン生活を送りながらシナリオ研究所に入り、倉本聰に師事。1972年『おはよう』(TBS)で脚本家デビュー。その後は青春ものや刑事アクションなどの執筆を経て、1979年『死にたがる子』(NHK)で放送文化基金賞を受賞。デビュー以来のテレビドラマ・映画・舞台の執筆本数は述べ400本を超える。金子成人 フレッシュアイペディアより)

  • 酒井 敏也

    酒井敏也から見た倉本聰倉本聰

    ライスカレー(倉本聰原作) ‐ 第1,8話酒井敏也 フレッシュアイペディアより)

  • 椎名誠

    椎名誠から見た倉本聰倉本聰

    PR誌「てんとう虫」の連載対談をまとめたもの。対談相手は山下洋輔、東海林さだお、三遊亭円丈、山藤章二、村松友視、黒田征太郎、倉本聰、沢野ひとし、尾辻克彦、小林信彦、野田秀樹、砂川しげひさ、石川次郎、鶴見俊輔。椎名誠 フレッシュアイペディアより)

  • 大都会 (テレビドラマ)

    大都会 (テレビドラマ)から見た倉本聰倉本聰

    脚本家・倉本聰と石原プロとの共同企画によるシリーズ第1作『大都会 闘いの日々』は暴力団事件にスポットを当てた社会性の強い内容であり、事件記者ドラマ、ラブストーリーとしての要素も組み込まれ、主に識者層から高い評価を得ていたものの視聴率は低迷。日テレの単独企画による第2シリーズ『大都会 PARTII』以降は事実上の原作者である倉本の手から完全に離れ、銃撃戦やカースタントなどのアクションシーンを前面に出した内容が人気を博し、『太陽にほえろ!』『熱中時代』『新五捕物帳』などとともに当時の日テレを代表する看板シリーズのひとつに成長した。大都会 (テレビドラマ) フレッシュアイペディアより)

  • SSジェネレーション

    SSジェネレーションから見た倉本聰倉本聰

    1990年代中ごろ、脚本界は一気に世代交代した。1990年の7月新番組では「火の用心」の倉本聰(1935年生まれ)を始めとし、1950年代前半までに生まれた脚本家が大半を占めていたのに対して、その5年後の1995年7月開始のドラマでは約半数の脚本が30歳代前半のSSジェネレーションの手になるようになった。その結果、それ以前の世代に属する脚本家で連続ドラマを書いていたのは鎌田敏夫ら数人となり、山田太一や市川森一、倉本聰らの作品は単発ものでしか見られなくなった。SSジェネレーション フレッシュアイペディアより)

  • うちのホンカン

    うちのホンカンから見た倉本聰倉本聰

    『うちのホンカン』は北海道放送(HBC)の制作により、TBS系列「東芝日曜劇場」で1975年から1981年にかけて放送されたテレビドラマシリーズ。倉本聰が原作・脚本をつとめた。北海道の小さな駐在所の巡査である「ホンカン」こと河西公吉(大滝秀治)が主人公。 全6作(一話完結、各回55分)。うちのホンカン フレッシュアイペディアより)

  • 浮浪雲

    浮浪雲から見た倉本聰倉本聰

    1978年4月2日から同年9月10日までの半年間、テレビ朝日系で放送。主人公である雲を渡哲也が、妻かめを桃井かおりが演じた。ただし二人の娘であるお花は登場しない。幕末が舞台であるにもかかわらず、アコースティックギターでの弾き語りシーンや、かめがピンクレディーの「ウォンテッド」を口ずさみながら掃除をするシーン等、独特の演出が随所に見られた。メインライターは倉本聰。放送時間は毎週日曜20:00 ‐20:54(JST)。制作は石原プロモーションであり、同社としては初のスタジオドラマとなった。本作終了の1年後、この放送枠には、同じ石原プロ制作の刑事ドラマ『西部警察』がブッキングされた。CS放送局ではチャンネル銀河で2012年7月7日から放送開始された。浮浪雲 フレッシュアイペディアより)

156件中 91 - 100件表示

「倉本聰」のニューストピックワード