156件中 31 - 40件表示
  • 三保敬太郎

    三保敬太郎から見た倉本聰倉本聰

    1965年、日本テレビのテレビドラマ「ザ・レーサー」(演出:早川恒夫、脚本:倉本聰、主演:鈴木やすし、長谷川明男、和田浩治、斎藤チヤ子)に俳優として出演。1968年、寺尾聰らとともにグループ・サウンズ『ザ・ホワイト・キックス』を結成。シングル1枚(『アリゲーター・ブーガルー/愛のことば』:EP・東芝)のみで解散。三保敬太郎 フレッシュアイペディアより)

  • 高際和雄

    高際和雄から見た倉本聡倉本聰

    青山学院大学在学中に脚本家の倉本聡に師事。倉本の口述筆記作業をこなしつつ1971年、『新・オバケのQ太郎』で脚本家デビューを果たす。しかし、アニメーション作品は自身の作家性に合致しないことを実感し、以降は一貫して実写ドラマを手掛けていく。高際和雄 フレッシュアイペディアより)

  • 現代っ子 (テレビドラマ)

    現代っ子 (テレビドラマ)から見た倉本聰倉本聰

    脚本家・倉本聰のオリジナル作品。継続中に日活で映画化された。現代っ子 (テレビドラマ) フレッシュアイペディアより)

  • 荒木一郎

    荒木一郎から見た倉本聰倉本聰

    30歳頃から3年半にわたって桃井かおりのマネージャーを務める。俳優業としては、中島貞夫監督の映画『893愚連隊』(1966年)のチンピラ役、テレビドラマでは倉本聰の秀作の一つ『たとえば、愛』(1979年、TBS)での大原麗子扮するDJ工藤冬子の上司・姑息なディレクター役などで強い印象を残した。また名作『仁義なき戦い』の第3作『代理戦争』(1973年、東映)で出演が決まっていたが「広島ロケが恐い」と降板、代わりに抜擢された大部屋俳優・川谷拓三が世に出たという有名なエピソードがある。チンピラ、ヒモ、小悪党などの役や低予算B級映画でもまったく忌避せず、むしろ好んで出る傾向にある。作曲担当、音楽監督のみでの参加も少なくない。荒木一郎 フレッシュアイペディアより)

  • 与勇輝

    与勇輝から見た倉本聰倉本聰

    1994年 - 人形写真集『ニングル』を倉本聰と出版。与勇輝 フレッシュアイペディアより)

  • 路傍の石文学賞

    路傍の石文学賞から見た倉本聰倉本聰

    第4回 (1982年) 倉本聰 『北の国から』の脚本または、シナリオをすぐれた読みものにした功績路傍の石文学賞 フレッシュアイペディアより)

  • 加藤 久雅

    加藤久雅から見た倉本聰倉本聰

    倉本聰主催の富良野塾の第4期生。卒塾後、演技の勉強のためニューヨークへ渡った。現在テレビドラマ、CMナレーション等で活動中である。加藤久雅 フレッシュアイペディアより)

  • 君は海を見たか

    君は海を見たかから見た倉本聰倉本聰

    君は海を見たか(きみはうみをみたか)は、1970年に日本テレビ系列で放送され、その後1971年に大映で上映され、さらに1982年にフジテレビ系列で放送された倉本聰脚本によるドラマ。君は海を見たか フレッシュアイペディアより)

  • 比佐 一平

    比佐一平から見た倉本聰倉本聰

    19歳の時、本格的に役者を目指し、富良野塾へ16期生として入塾。北の国からなどで知られる脚本家、倉本聰に師事。比佐一平 フレッシュアイペディアより)

  • カツドウ屋一代

    カツドウ屋一代から見た倉本聰倉本聰

    脚本:土居通芳、杉本守、本山大生、石森史郎、倉本聰、吉村寛之、井戸広夫、岸生朗、水島善弥カツドウ屋一代 フレッシュアイペディアより)

156件中 31 - 40件表示

「倉本聰」のニューストピックワード