156件中 41 - 50件表示
  • 田向正健

    田向正健から見た倉本聰倉本聰

    同世代の脚本家である山田太一との交流が深い。山田は、刺激を受けた脚本家として倉本聰と向田邦子、田向の名を挙げている。田向正健 フレッシュアイペディアより)

  • 菊池寛賞

    菊池寛賞から見た倉本聰倉本聰

    倉本聰とフジテレビ「北の国から」制作出演スタッフ菊池寛賞 フレッシュアイペディアより)

  • 文五捕物絵図

    文五捕物絵図から見た倉本聰倉本聰

    脚本:杉山義法、倉本聰、佐々木守、川崎九越、岡田光治、須藤出穂、石堂淑朗、津上忠、田村孟、石山透ほか文五捕物絵図 フレッシュアイペディアより)

  • 前略おふくろ様

    前略おふくろ様から見た倉本聰倉本聰

    倉本聰原案による、東京の下町(深川)を舞台にした、照れ屋な板前の青年(萩原健一)と周囲の人々との触れ合いを描いた青春ドラマ。前略おふくろ様 フレッシュアイペディアより)

  • 県警対組織暴力

    県警対組織暴力から見た倉本聰倉本聰

    本作品は、ヤクザ役の川谷拓三へ、警官役の菅原文太と山城新伍が取調室で暴行を加えるシーンが有名な見所になっている。最初いきがっていた川谷は、菅原と山城に、投げられ、裸に剥かれ、殴る蹴るの暴行を受けて泣き叫ぶ。滑稽さと迫真性から川谷の演技は評判となり、のちの川谷たちピラニア軍団の出世へとつながっていった。萩原健一は、このシーンを観て川谷のファンになり、倉本聰脚本のテレビドラマ『前略おふくろ様』のプロデューサーを通じて川谷に「共演したい」とオファーを出し、川谷は同作の利夫役に抜擢され、お茶の間でもブレイクした。同じピラニア軍団の室田日出男にも出てもらうことになったという。県警対組織暴力 フレッシュアイペディアより)

  • 山本麟一

    山本麟一から見た倉本聰倉本聰

    1970年にフリーとなり、テレビドラマでも刑事ドラマや時代劇に多数出演。テレビ朝日『浮浪雲』、日本テレビ『大追跡』などでは、コミカルな演技も見せ、後期はスキンヘッド姿が多かった。晩年はバラエティ番組にも多く出演した。多くの映画・ドラマロケ地にもなった北海道にも拠点を構えていた。同地に在住した倉本聰とも交流があった。山本麟一 フレッシュアイペディアより)

  • 幻の町

    幻の町から見た倉本聰倉本聰

    『幻の町』(まぼろしのまち)は、倉本聰の原作及び脚本による北海道放送(HBC)制作の小樽市を舞台にした単発テレビドラマ。1976年2月8日、JNN系列で全国ネット放映された。東芝日曜劇場1000回記念シリーズの一作品でもある。正味48分のVTR作品。幻の町 フレッシュアイペディアより)

  • 国際ドラマフェスティバル in TOKYO

    国際ドラマフェスティバル in TOKYOから見た倉本聰倉本聰

    脚本賞:倉本聰(フジテレビ『風のガーデン』)国際ドラマフェスティバル in TOKYO フレッシュアイペディアより)

  • フレッド・カサック

    フレッド・カサックから見た倉本聰倉本聰

    本作は1970年に『砂の城』(NHK 脚本倉本聰)、1983年に『殺しの連鎖反応』(テレビ朝日 土曜ワイド劇場内)と、二度テレビドラマ化されている。フレッド・カサック フレッシュアイペディアより)

  • 守分寿男

    守分寿男から見た倉本聰倉本聰

    倉本聰は東京から北海道に移住したきっかけのひとつとして守分の名を挙げており、「自分の意見をしっかりと出す人で大いに刺激を受けた」とコメントしている。守分寿男 フレッシュアイペディアより)

156件中 41 - 50件表示

「倉本聰」のニューストピックワード