218件中 51 - 60件表示
  • 倉田信雄

    倉田信雄から見た倉本聰倉本聰

    1994年以降、倉本聰作・演出による「ニングル」等の舞台・ラジオ用音楽を担当しており、富良野塾および富良野GROUP公演の音楽監督を務めている。また、服部克久のライフワークである『音楽畑』シリーズにも参加している。倉田信雄 フレッシュアイペディアより)

  • 富良野GROUP

    富良野GROUPから見た倉本聰倉本聰

    作家倉本聰主宰の富良野塾を卒業した役者・ライターらを中心とした演劇創作集団で、2006年より活動を開始。富良野GROUP フレッシュアイペディアより)

  • 林健嗣

    林健嗣から見た倉本聰倉本聰

    1998年 もう呼ぶな、海!(テレビドラマ、倉本聰脚本、 主演:大沢たかお・岸谷五朗)プロデュース・演出林健嗣 フレッシュアイペディアより)

  • 扇澤延男

    扇澤延男から見た倉本聰倉本聰

    シナリオセンターで師事していた金子成人の紹介によりテレビ朝日で企画書やプロットの執筆などを手掛けた後、同局のプロデューサー小関明を通じ『超人機メタルダー』で脚本家デビュー。その後久世光彦率いるKANOXに参加し、1時間ドラマや月9ものを手掛ける傍ら、子供向けの特撮番組や刑事ドラマなどのジャンル物も多数手掛ける。弱者の悲哀や公権力の腐敗・暴走などにスポットを当てた社会性の強い作風が多い。系譜上は倉本聰の孫弟子にあたる。扇澤延男 フレッシュアイペディアより)

  • 上野義美

    上野義美から見た倉本聰倉本聰

    1980年9月 - 陣内孝則率いる「ザ・ロッカーズ」を博多でスカウト、「めんたいロック」というキャッチーコピーを冠し、デビュー前に音楽雑誌「Player」の表紙を飾り話題になる。しかし、レコードの売り上げ枚数は伸び悩んだため、上野が思案。歌心をつけるためと称して、1982年にオフ・ブロードウェイでミュージカル化され1984年に日本で初演されることになった『リトル・ショップ・オブ・ホラーズ』に陣内を出演させる1。最初は抵抗していた陣内だが、メーンアクト以外の役、7役を早変わりするという役を演じ、中でも暴走族でサディスティックな歯科医役が話題になる(舞台を観にきていた脚本家の倉本聰が陣内の演技に興味をいだき、1986年にフジテレビ系のテレビドラマ『ライスカレー』の時任三郎の相手役に抜擢。陣内にとってターニングポイントになる)。 ロッカーズ解散後、陣内は役者に転向する。上野義美 フレッシュアイペディアより)

  • サントリーオールド

    サントリーオールドから見た倉本聰倉本聰

    過去にこの製品のCMに起用された俳優・歌手は数知れない。俳優の武田鉄矢や役所広司、作家で同社に在社歴を持つ開高健に加え、村松友視、倉本聰、村上龍の他、1994年に発売された「マイルド&スムース」には俳優の長塚京三や田中裕子(「恋は、遠い日の花火ではない。」)、2006年のリニューアル時にはミュージシャンの井上陽水、2007年2月からは國村隼、伊藤歩など多くのタレントが登場している。中でも武田は1982年に日本テレビ系で放映されたドラマ「幕末青春グラフティ」に出演した際、サントリーが一社提供でスポンサーについていたこともあり、番組内で放送された90秒のインフォマーシャルに出演している。また村松がCMに出演した際のキャッチコピーだった「ワンフィンガーでやるもよし。ツーフィンガーでやるもよし。」は、当時の流行語にもなったことで知られる。サントリーオールド フレッシュアイペディアより)

  • 加藤久雅

    加藤久雅から見た倉本聰倉本聰

    倉本聰主催の富良野塾の第4期生。卒塾後、演技の勉強のためニューヨークへ渡った。現在テレビドラマ、CMナレーション等で活動中である。加藤久雅 フレッシュアイペディアより)

  • 北の国から資料館

    北の国から資料館から見た倉本聰倉本聰

    かつてフジテレビ系列で放映されて人気となった富良野市を舞台にしたドラマ「北の国から」の足跡を残すために、このドラマの脚本を務めた倉本聰の全面バックアップのもと、富良野町農業協同組合駅前4号倉庫を改装して1995年から2002年まで期間限定で8回の展示会が開かれたが、好評だったことから常設の資料館として2003年6月にリニューアルオープン。運営は、和夫(劇中では地井武男が演じた)のモデルとなった材木店社長・仲世古善雄が私財を投じて地元住民と協力して行っている。北の国から資料館 フレッシュアイペディアより)

  • 高際和雄

    高際和雄から見た倉本聡倉本聰

    青山学院大学在学中に脚本家の倉本聡に師事。倉本の口述筆記作業をこなしつつ1971年、アニメ『新・オバケのQ太郎』で脚本家デビュー。しかしアニメーション作品は自身の作家性に合致しないことを実感し、以降は一貫して実写ドラマを手掛けた。高際和雄 フレッシュアイペディアより)

  • 棟田博

    棟田博から見た倉本聰倉本聰

    サイパンから来た列車 - 2010年(平成22年)、倉本聰により「歸國」としてテレビドラマ化。棟田博 フレッシュアイペディアより)

218件中 51 - 60件表示

「倉本聰」のニューストピックワード