218件中 61 - 70件表示
  • 不忍鏡子

    不忍鏡子から見た倉本聰倉本聰

    『わが青春のとき』 : 監督高橋繁男・今井雄五郎、原作A・J・クローニン、脚本倉本聰、主演石坂浩二、製作国際放映・日本テレビ放送網、1970年2月16日 - 同年4月6日放映(テレビ映画・ファミリー劇場・全8回) - 「進藤幸」名義で出演不忍鏡子 フレッシュアイペディアより)

  • 吉田紀子

    吉田紀子から見た倉本聰倉本聰

    東京都立大泉高等学校の2年生の時に倉本聰脚本のテレビドラマや倉本著のエッセイに触れて脚本家という職業に興味が湧き、演劇学の学べる明治大学文学部文学科演劇学専攻に進学する。大学在学中は映画・演劇サークルに所属し、仲間と名画座に通っては映画について語りあう日々を過ごす。映画監督の中島哲也や脚本家の両沢和幸、映画カメラマンの上野彰吾とはサークルの同期だった。吉田紀子 フレッシュアイペディアより)

  • 青春の海

    青春の海から見た倉本聰倉本聰

    監督:西河克己 脚本:倉本聰、山田信夫青春の海 フレッシュアイペディアより)

  • 波の盆

    波の盆から見た倉本聡倉本聰

    日本テレビ・テレビマンユニオン提携作品。監督は実相寺昭雄、脚本は倉本聡。西武セゾングループ提供の「西武スペシャル」として放送された。第38回(昭和58年度)芸術祭大賞、第1回ATP賞グランプリ、第16回テレビ大賞優秀番組賞を受賞。波の盆 フレッシュアイペディアより)

  • 加山恵子

    加山恵子から見た倉本聰倉本聰

    『くノ一化粧』 : 企画小倉浩一郎・折茂武雅、監督中島貞夫、原作山田風太郎、脚色倉本聰・中島貞夫・金子武郎、主演露口茂、製作東映京都撮影所、配給東映、1964年12月12日公開(成人映画・映倫番号 13755) - 「井瀬昌枝」名義で出演、90分の上映用ポジプリントをNFCが所蔵・東映チャンネルが放映加山恵子 フレッシュアイペディアより)

  • ピラニア軍団

    ピラニア軍団から見た倉本聰倉本聰

    ピラニア軍団を映画監督の深作欣二・中島貞夫、脚本家の倉本聰らが面白いと目をつけ始め、深作・倉本・中島らが加入するスタッフ組を「村民」とした(渡瀬や橘麻紀といった俳優組の一部も村民となっている)。村民が手掛けた映画『仁義なき戦いシリーズ』やテレビ『前略おふくろ様』などに多くキャスティングされ、いち早く川谷拓三・室田日出男らが表舞台に登場した。彼らと同じく他の俳優も徐々に注目され始め、ピラニア軍団ブームが訪れるなど注目を浴び、最終的には20人ほどになった。ピラニア軍団 フレッシュアイペディアより)

  • 川は泣いている

    川は泣いているから見た倉本聰倉本聰

    『川は泣いている』(かわはないている)は、1990年1月4日から1月25日に渡って、テレビ朝日系列で放送された連続テレビドラマ。木曜ドラマ枠で放送されたシリーズ街の一つで全4回。毎週木曜21時 - 。脚本は倉本聰が担当。病院と葬儀屋が舞台で、生と死と自然について考えさせられる佳作。 川は泣いている フレッシュアイペディアより)

  • 日本テレビ月曜7時枠連続ドラマ

    日本テレビ月曜7時枠連続ドラマから見た倉本聰倉本聰

    最初の作品は学園ドラマ『黒帯先生青春記』、その後は倉本聰が脚本を手がけたホームドラマ『現代っ子』をヒットさせるが、『てなもんや三度笠』(朝日放送制作・TBS系列)や『サンデー志ん朝』(フジテレビ系列)人気に便乗したコメディを放送するも『ビッグX』(TBS系列)人気で低迷して中断、そして1966年放送のホームドラマ『オーイわーいチチチ』をもってドラマは長期中断となる。日本テレビ月曜7時枠連続ドラマ フレッシュアイペディアより)

  • ブルークリスマス

    ブルークリスマスから見た倉本聰倉本聰

    『ブルークリスマス』は、東宝映画製作、岡本喜八監督により、倉本聰のオリジナルシナリオ『UFOブルークリスマス』を映画化した日本映画。ブルークリスマス フレッシュアイペディアより)

  • 石井信之

    石井信之から見た倉本聰倉本聰

    1984年、国家公務員を辞し、倉本聰主宰の脚本家養成所・富良野塾に一期生として入塾。現在は演劇ユニットミノタケプランを主宰。石井信之 フレッシュアイペディアより)

218件中 61 - 70件表示

「倉本聰」のニューストピックワード