156件中 71 - 80件表示
  • 中条静夫

    中条静夫から見た倉本聰倉本聰

    1948年、大映の入社試験に合格し俳優デビュー。以後、エキストラ同然の大部屋暮らしが長く続いたが、1965年から始まった大映テレビ室制作のテレビドラマ『東京警備指令 ザ・ガードマン』(宇津井健主演)に小森隊員役でレギュラー出演。これがはまり役となり、一気に名優の仲間入りをした。大映倒産後、福田恆存の主宰する現代演劇協会・劇団欅に入団。1976年、「劇団欅」と「劇団雲」が合併した「劇団昴」の旗揚げに参加し、新劇の舞台でも活躍した。1974年の『6羽のかもめ』は脇役だが、メイン脚本家倉本聰は中条を軸に据えたエピソードも何本か執筆し、その演技が高い評判を呼ぶ。中条自身は後年のインタビュー(キネマ旬報1978年8月下旬号)で「俳優・中条静夫は、倉本聰さんとの出会いによって作り上げていただいた」「ぼくの、代表作ですよ」と語っている。中条静夫 フレッシュアイペディアより)

  • 1976年のテレビ (日本)

    1976年のテレビ (日本)から見た倉本聰倉本聰

    8日 - TBS系単発ドラマ枠東芝日曜劇場が放送1000回を達成。当日は『幻の町』(倉本聰脚本、北海道放送制作)を放送。1976年のテレビ (日本) フレッシュアイペディアより)

  • 扇澤延男

    扇澤延男から見た倉本聰倉本聰

    シナリオセンターで師事していた金子成人の紹介によりテレビ朝日で企画書やプロットの執筆などを手掛けた後、同局のプロデューサー小関明を通じ『超人機メタルダー』で脚本家デビュー。その後久世光彦率いるKANOXに参加し、1時間ドラマや月9ものを手掛ける傍ら、子供向けの特撮番組や刑事ドラマなどのジャンル物も多数手掛ける。弱者の悲哀や公権力の腐敗・暴走などにスポットを当てた社会性の強い作風に定評があり、固定ファンも多い。倉本聰は大師匠にあたる。扇澤延男 フレッシュアイペディアより)

  • ウッチャンナンチャン

    ウッチャンナンチャンから見た倉本聰倉本聰

    レンタルビデオショップシリーズ:倉本聰脚本編など数パターン存在する。ウッチャンナンチャン フレッシュアイペディアより)

  • エランドール賞

    エランドール賞から見た倉本聡倉本聰

    特別賞 - 倍賞千恵子、倉本聡、「太陽にほえろ!」 (NTV) 番組関係者エランドール賞 フレッシュアイペディアより)

  • これが青春だ

    これが青春だから見た倉本聰倉本聰

    脚本:須崎勝弥、倉本聰、井手俊郎、桜井康裕、上條逸雄、浅野正雄これが青春だ フレッシュアイペディアより)

  • ハイポネックスジャパン

    ハイポネックスジャパンから見た倉本聰倉本聰

    森上千絵?新聞広告には倉本聰の書く詩が付くハイポネックスジャパン フレッシュアイペディアより)

  • いつみても波瀾万丈

    いつみても波瀾万丈から見た倉本聰倉本聰

    2004年3月の汐留移転後も麹町分室のスタジオで収録されていたが、その後番組終了までは汐留本社スタジオにて収録されていた。2004年10月30日の放送では1992年の番組開始以来初めてスタジオを飛び出しての野外収録ロケが行われた。場所はこの回のゲストのエッセイスト・玉村豊男の農園場の長野県東御市から。そのほか、2005年3月6日の放送では作家・倉本聰の活動場所でもある北海道富良野市にて屋内での収録ロケ、2007年5月6日の放送では宮崎県知事・東国原英夫の地元にある宮崎県宮崎市のシェラトン・グランデ・オーシャンリゾートにて屋外での収録ロケ(全編4:3SDで収録)、2008年8月3日の放送では田中義剛の花畑牧場がある北海道中札内村にて屋外での収録ロケがそれぞれ行われた。いつみても波瀾万丈 フレッシュアイペディアより)

  • 日本テレビ月曜7時枠連続ドラマ

    日本テレビ月曜7時枠連続ドラマから見た倉本聰倉本聰

    最初の作品は学園ドラマ『黒帯先生青春記』、その後は倉本聰が脚本を手がけたホームドラマ『現代っ子』をヒットさせるが、『てなもんや三度笠』(朝日放送制作・TBS系列)や『サンデー志ん朝』(フジテレビ系列)人気に便乗したコメディを放送するも『ビッグX』(TBS系列)人気で低迷して中断、そして1966年放送のホームドラマ『オーイわーいチチチ』をもってドラマは長期中断となる。日本テレビ月曜7時枠連続ドラマ フレッシュアイペディアより)

  • 上砂川駅

    上砂川駅から見た倉本聰倉本聰

    1984年(昭和59年)に放映された倉本聰脚本・演出のテレビドラマ『昨日、悲別で』で、当駅がロケ地として使用された。同作品では「悲別駅(かなしべつえき)」として撮影され、撮影後「上砂川駅」の駅舎や駅名標の裏に「悲別駅」と書かれるようになった。また、乗車券に小型の「悲別駅」のスタンプが押されて発券されていた。上砂川駅 フレッシュアイペディアより)

156件中 71 - 80件表示

「倉本聰」のニューストピックワード