218件中 71 - 80件表示
  • 氷壁

    氷壁から見た倉本聰倉本聰

    1972年4月5日から5月3日までNHKで放映。全5話。脚本は倉本聰が担当。氷壁 フレッシュアイペディアより)

  • 陽のあたる坂道 (小説)

    陽のあたる坂道 (小説)から見た倉本聰倉本聰

    脚本:池田一朗、倉本聰陽のあたる坂道 (小説) フレッシュアイペディアより)

  • 上砂川町

    上砂川町から見た倉本聰倉本聰

    昨日、悲別で : テレビドラマ(倉本聰演出)のロケ地として有名になった。上砂川町 フレッシュアイペディアより)

  • 歸國

    歸國から見た倉本聰倉本聰

    『歸國』(きこく)は、倉本聰の戯曲。倉本の演出で、2009年に富良野GROUPにより初演、2010年と2011年に再演された。歸國 フレッシュアイペディアより)

  • 小学館児童出版文化賞

    小学館児童出版文化賞から見た倉本聡倉本聰

    第36回(1987年) - 倉本聡 『北の国から '87初恋』、スズキコージ 『エンソくん きしゃにのる』小学館児童出版文化賞 フレッシュアイペディアより)

  • 富良野塾

    富良野塾から見た倉本聰倉本聰

    1984年に脚本家の倉本聰が私財を投じて開設した脚本家や俳優の養成施設。2年間共同生活をしながら、脚本の創作や俳優としての稽古をする。授業料は無料だが、地元農家から依頼される農作業で生活費を稼いでいる。2010年4月4日、25期生卒塾をもって閉塾。卒業生は380名を数えた。富良野塾 フレッシュアイペディアより)

  • ロクタロー

    ロクタローから見た倉本聡倉本聰

    6人のC.W.ニコルが自然破壊を憂い、いざログハウスを飛び出し行動を起こそうとするのだが、その都度ホーキンスのヒモがほどけていることや、倉本聡にお歳暮のハムを送り忘れていたことに気を取られ、結局出かけられないというコント。ロクタロー フレッシュアイペディアより)

  • 田向正健

    田向正健から見た倉本聰倉本聰

    同世代の脚本家である山田太一との交流が深い。山田は、刺激を受けた脚本家として倉本聰と向田邦子、田向の名を挙げている。田向正健 フレッシュアイペディアより)

  • 瀬降り物語

    瀬降り物語から見た倉本聰倉本聰

    中島貞夫が1964年に『くノ一忍法』で監督デビューし、同年二本目の『くノ一化粧』を撮った後、岡田茂プロデューサー(のち、東映社長)が、中島を本意でない作品でデビューさせたことを気にして「何か一本だけやりたいものを撮らせてやる」というので、本企画を提出した。中島の千葉の実家は醸造関係の仕事を営んでおり、戦前子供のころ、毎年冬になると箕直しをする同じ山窩が家に来ていたのを覚えていて、戦後も三角寛の小説を読み山窩に興味を持っていた。1964年当時は高度経済成長期でもあり、各地で自然破壊が問題となっていた時期で、そうした時代背景から、人間と自然の関係を今一度見つめ直してみたいというテーマがあった。この頃は三角がまだ健在で三角と何度も話し、三角が山窩を撮ったフィルムを見せてもらったりした。しかし三角の小説に出てくるような猟奇的な部分は映画でやるには難しいと考え、そこは薄めて倉本聰と共同で脚本を書き、少年と少女の淡い恋の話を中心に、なぜサンカがいなくなったのかといった内容でシナリオを書き「瀬降りの魔女」(後年『キネマ旬報』でシナリオのみ掲載されたときは『サンカ』というタイトルに改題)というタイトルで岡田に提出し了承された。 瀬降り物語 フレッシュアイペディアより)

  • 野沢尚

    野沢尚から見た倉本聰倉本聰

    川、いつか海へ 6つの愛の物語(NHK、2003年) - 倉本聰、三谷幸喜との共作によるリレードラマ。全6話で野沢は1・5話を担当。野沢尚 フレッシュアイペディアより)

218件中 71 - 80件表示

「倉本聰」のニューストピックワード