218件中 81 - 90件表示
  • 星のフラメンコ

    星のフラメンコから見た倉本聰倉本聰

    同じく1966年にはまた、日活が西郷を主演に本曲をモチーフにした映画『遙かなる慕情 星のフラメンコ』(監督・森永健次郎、脚本・倉本聰)を製作し、全国ロードショー公開している。星のフラメンコ フレッシュアイペディアより)

  • ビートたけしのオールナイトニッポン

    ビートたけしのオールナイトニッポンから見た倉本聰倉本聰

    生放送中の乱入も度々あり、志村けんがドリフ内部の人間関係を吐露したり、和田アキ子が泥酔状態で参加し放送禁止用語を連発するといったハプニングがあった。また、札幌雪祭りの中継のため、札幌STVラジオから放送したときは地元の松山千春がゲストで出演し『北の国から』の作家倉本聰に対し爆弾発言を行った。ビートたけしのオールナイトニッポン フレッシュアイペディアより)

  • 羽佐間重彰

    羽佐間重彰から見た倉本聰倉本聰

    倉本聰はニッポン放送在籍時、ディレクター・プロデューサーであった羽佐間の下で補佐を務めていた。羽佐間重彰 フレッシュアイペディアより)

  • 比佐一平

    比佐一平から見た倉本聰倉本聰

    19歳の時、本格的に役者を目指し、富良野塾へ16期生として入塾。北の国からなどで知られる脚本家、倉本聰に師事。比佐一平 フレッシュアイペディアより)

  • 加賀義二

    加賀義二から見た倉本聰倉本聰

    元々ドラマ・映画志望だったこともあり、局次長に声をかけられて1964年からドラマ制作に係わり始める。同年、プロデューサーの小坂敬の下に付き、同年のテレビドラマ『風来坊先生』の制作に参加。1966年には大映テレビ室担当となり、同年のテレビドラマ『母の曲』で初めてプロデューサーを務める。しかし1971年にプロデュースを手掛けたドラマ『ひかりの中の海』が打ち切りになるなど一時不遇の時期があったが、この『ひかりの中の海』や『君は海を見たか』で組んでいた脚本家の倉本聰に救われる形で、倉本が脚本で参加していた火曜日の女シリーズ『ガラス細工の家』(1973年2月13日 - 1973年3月27日放送)でプロデューサーとして復帰。なお同作は、同年のギャラクシー賞を受賞した。その後も『俺たちは天使だ!』『警視-K』などの現代劇、『桃太郎侍』『唖侍鬼一法眼』時代劇共にプロデュース、1981年からスタートした『火曜サスペンス劇場』にも係わった。特に『警視-K』については、劇場版『男一匹ガキ大将』や『唖侍鬼一法眼』でプロデューサーとして係わっていたことで、勝プロダクション及び勝新太郎から信頼されていたことでプロデューサーに起用されたものだった(その勝との出会いは、これ以前から『男一匹ガキ大将』『北上川哀歌』『颱風とざくろ』といった加賀自身のプロデュース作品に出演していた、勝の子分的存在の俳優・酒井修とのつながりがあったためという)。加賀義二 フレッシュアイペディアより)

  • みんなでスコール

    みんなでスコールから見た倉本聰倉本聰

    構成:前田武彦、保富康平、倉本聰みんなでスコール フレッシュアイペディアより)

  • 菊池寛賞

    菊池寛賞から見た倉本聰倉本聰

    倉本聰とフジテレビ「北の国から」制作出演スタッフ菊池寛賞 フレッシュアイペディアより)

  • 森本正夫

    森本正夫から見た倉本聰倉本聰

    長年にわたって、北海道の各分野で活躍する人材を育成し、北海道の教育界の水準向上にも貢献したことから、2005年(平成17年)11月に脚本家・倉本聰とともに北海道功労賞を受賞森本正夫 フレッシュアイペディアより)

  • Tsuyoshi Nagabuchi All Time Best 2014 傷つき打ちのめされても、長渕剛。

    Tsuyoshi Nagabuchi All Time Best 2014 傷つき打ちのめされても、長渕剛。から見た倉本聰倉本聰

    発売に際し、朝日新聞の紙面広告では、王貞治、倉本聰、佐藤琢磨、上田晋也 (くりぃむしちゅー)、市原隼人、稲盛和夫、遠藤保仁、冨永愛、湯川れい子、北乃きい、古舘伊知郎、柏木由紀 (AKB48、NMB48)、藤原竜也、後藤輝基 (フットボールアワー)、菊池雄星といった各界の著名人らが、各々の思い入れのある長渕の歌とその歌詞の一節を紹介した。また、Yahoo! JAPANでは期間限定の特別企画として、本作収録の全58曲のテーマ別人気投票や、思い入れのある歌詞の一節が投稿できるようになっている。Tsuyoshi Nagabuchi All Time Best 2014 傷つき打ちのめされても、長渕剛。 フレッシュアイペディアより)

  • おやじの背中

    おやじの背中から見た倉本聰倉本聰

    八木康夫(TBSテレビプロデューサー)がプロデュースを担当、鎌田敏夫、倉本聰、山田太一、三谷幸喜ら10名の脚本家が脚本を手掛ける一話完結形式のオムニバスドラマ。各話作家性を志したオリジナル作品である。脚本だけでなく、出演者および舞台設定を毎回変えるが、それぞれ一組の親子が描かれるホームドラマというスタイルは共通するおやじの背中 フレッシュアイペディアより)

218件中 81 - 90件表示

「倉本聰」のニューストピックワード