前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
118件中 1 - 10件表示
  • 倉本聰

    倉本聰から見た萩原健一

    1976年、東京の下町を舞台にした萩原健一主演のドラマ『前略おふくろ様』により、ゴールデンアロー賞、毎日芸術賞、芸術選奨文部大臣賞を受賞。倉本聰 フレッシュアイペディアより)

  • 倉本聰

    倉本聰から見た三谷幸喜

    野沢尚、三谷幸喜と3人で仕事をした際(川、いつか海へ 6つの愛の物語)、企画会議中真剣に討論している倉本と野沢を、三谷が発言せず感心しながら聞いていたところ(三谷はこのような討論をしたことがなかったため)、倉本は三谷に向って「もっと主張しなさい、君は卑怯だ」と言ったことがある。倉本聰 フレッシュアイペディアより)

  • 倉本聰

    倉本聰から見た田中絹代

    自身の母の晩年と死をモデルにしたドラマ『りんりんと』がきっかけで、晩年の田中絹代と深い交流を持ち、この交流が『前略おふくろ様』のヒットにつながる。田中の死の直後に彼女が演じる「おふくろ様」の死を描いた『前略おふくろ様』の最終回が放映されて話題となった。倉本聰 フレッシュアイペディアより)

  • 倉本聰

    倉本聰から見た西田ひかる西田 ひかる

    西田ひかるを好きな余り、愛犬に「西田」という名前をつけている。倉本聰 フレッシュアイペディアより)

  • 倉本聰

    倉本聰から見た矢追純一

    『チコといっしょに』(1965年、日本テレビ系)※演出:矢追純一倉本聰 フレッシュアイペディアより)

  • 倉本聰

    倉本聰から見た岡田茂 (東映)

    1963年にニッポン放送を退社。退社のいきさつについて倉本は、後にインタビューで「ニッポン放送には内緒でペンネームを使って脚本家をやっていた負い目から、ニッポン放送で担当していた番組には(脚本家同士として顔見知りである)若手の脚本家ではなくベテランの脚本家ばかり起用していたが、それを上司に咎められた上『最近倉本って若手が出てきたから一度会って来い』と命じられ、そろそろ潮時だと思った」と語っている。岡田茂の自伝では、倉本がニッポン放送のラジオのライターで一生終わりたくない、と東映に籍を置かせて欲しいと中島貞夫を介して岡田に頼んできたと書かれている。倉本聰 フレッシュアイペディアより)

  • 倉本聰

    倉本聰から見た向田邦子

    脚本家の山田太一は、刺激を受けた同業者として向田邦子と田向正健、倉本の名を挙げた。また、倉本作品の魅力のひとつは「間がいい」点だと評している。倉本聰 フレッシュアイペディアより)

  • 倉本聰

    倉本聰から見た田向正健

    脚本家の山田太一は、刺激を受けた同業者として向田邦子と田向正健、倉本の名を挙げた。また、倉本作品の魅力のひとつは「間がいい」点だと評している。倉本聰 フレッシュアイペディアより)

  • 倉本聰

    倉本聰から見た北島三郎北島 三郎

    札幌在住当時に手がけたドラマ『幻の町』に特別出演した北島三郎に頼み込んで、一時期付き人となり巡業に同行した。これはロケ地の小樽で地元民が北島に熱狂する姿を見て「この人気は何なんだ」と関心を持ったことがきっかけだった。巡業中、北島が観衆のどんなリクエストも歌うというコーナーで両者がお互いに遠慮も何もなくやり取りする模様に、自分が今まで庶民ではなく「上から目線」で批評家や業界などに気に入られるような作品を書こうとしていたのではないかという思いに駆られ、「俺は変わろう」と思った気がすると記している。倉本聰 フレッシュアイペディアより)

  • 倉本聰

    倉本聰から見たさだまさし

    さだまさし - 公私共に親交が深く、「先生」「まさし」と呼び合う仲。倉本聰 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
118件中 1 - 10件表示

「倉本聰」のニューストピックワード