145件中 11 - 20件表示
  • 倉本聰

    倉本聰から見た田向正健

    脚本家の山田太一は、刺激を受けた同業者として向田邦子と田向正健、倉本の名を挙げた。また、倉本作品の魅力のひとつは「間がいい」点だと評している。倉本聰 フレッシュアイペディアより)

  • 倉本聰

    倉本聰から見たさだまさし

    さだまさし - 「北の国から」の音楽を担当。公私共に親交が深く、「先生」「まさし」と呼び合う仲。倉本聰 フレッシュアイペディアより)

  • 倉本聰

    倉本聰から見た長渕剛

    長渕剛 - さだ同様、公私ともに親交が深い。倉本聰 フレッシュアイペディアより)

  • 倉本聰

    倉本聰から見た実相寺昭雄

    『波の盆』(1983年、日本テレビ系)※演出:実相寺昭雄倉本聰 フレッシュアイペディアより)

  • 倉本聰

    倉本聰から見た堤義明

    西武鉄道グループオーナーの堤義明とは、麻布中学・高校時代の同級生である。2005年、堤が証券取引法違反に問われた東京地裁公判においては、倉本自ら弁護側証人を申請し出廷した。また、こうした交友関係がもとになって、富良野自然塾などの事業の実現につながっている。倉本聰 フレッシュアイペディアより)

  • 倉本聰

    倉本聰から見た日本テレビ放送網

    1959年、ニッポン放送に入社し、局では本名でディレクター・プロデューサーとして勤務する傍ら「倉本聰」のペンネームで脚本家としての活動を行なう。『パパ起きてちょうだい』(日本テレビ)が脚本家デビュー作。会社に内緒で脚本活動を行なっており、当時は夜10時に会社を出て帰宅してから脚本を書き午前4時頃に就寝、2時間ほどの睡眠で出社する毎日だった。倉本聰 フレッシュアイペディアより)

  • 倉本聰

    倉本聰から見たRKB毎日放送

    第802回『平戸にて』(1972年、RKB毎日放送倉本聰 フレッシュアイペディアより)

  • 倉本聰

    倉本聰から見たプリンスホテル

    若手の俳優と脚本家を養成するために、1984年に、富良野市布礼別にて「富良野塾」を私財を投じて開設し、26年にわたって主宰した。塾生は受講料は無料で2年間共同生活をし、夏季は地元の農協や農家などの協力を得て畑仕事を手伝い塾生自らが生活費を稼ぎ出し、冬季は集中講義などの他、ふらの演劇工場で行われる演劇公演に向けた稽古をおこなうスタイルだった。年一回、原始の日(電気・水道・ガスに頼らない、いわゆる原始生活を体験する行事)を設けるなどのユニークな養成術で知られ、脚本家の友澤晃一(第1期)、吉田紀子(第2期)、田子明弘(第3期)、久松真一(第5期)、俳優の加藤久雅(第4期)、二階堂智(第6期)らを送り出した。また、富良野塾の活動を受け市民によって設立されたNPO法人・ふらの演劇工房にも深く関わり、同市に建てられた劇場・ふらの演劇工場にも大きく貢献している。2005年には、閉鎖された富良野プリンスホテルゴルフコースに植樹して、同地を自然の森に戻そうとするNPO法人・C・C・C富良野自然塾を開設し、その塾長に就任している。富良野塾は、倉本の体力の限界を理由として2010年3月末をもって閉塾することが2007年3月末の卒塾式で発表され、発表どおり2010年に26年の歴史に幕を閉じた。閉塾後は卒塾生を中心に再編された「富良野GROUP」にて全国公演の脚本・演出を手掛け、2016年の『屋根』全国公演を最後に演出から退き脚本に専念する意向を示した。倉本聰 フレッシュアイペディアより)

  • 倉本聰

    倉本聰から見た集英社

    ニングルの森 - 悠久なるものへ(集英社、2002年)倉本聰 フレッシュアイペディアより)

  • 倉本聰

    倉本聰から見たフジテレビジョン

    『0戦はやと』(アニメ、1964年、フジテレビ系)※主題歌の作詞も担当。倉本聰 フレッシュアイペディアより)

145件中 11 - 20件表示

「倉本聰」のニューストピックワード