118件中 41 - 50件表示
  • 倉本聰

    倉本聰から見た山形市

    戦時中は山形市上山市や岡山県金光町に疎開。このうち、上山への疎開は政府が実施した学童集団疎開によるもので、都会育ちの倉本は大きなカルチャーショックを受けた。東京に帰りたいと考えた倉本は仮病を使って数ヶ月後には東京に戻ることに成功した。この体験は、『北の国から』の最初の連続シリーズにおいて、純が東京に帰りたがって起こす行動のヒントにしたと記している。倉本聰 フレッシュアイペディアより)

  • 倉本聰

    倉本聰から見た未確認飛行物体

    『うちのホンカン』、『北の国から』の初期や、映画『ブルークリスマス』では、(未知の知的生命体のものとしての)UFOが登場する描写がある。また、『火の用心』の登場人物の一人が超能力を持つなどの描写がある。『北の国から』にUFOを出したことについて、倉本は移住当時北海道でUFOを目撃したという騒ぎがよくあったことと、科学で割りきれないものやメルヘンやファンタジーを大切にしたいという思いが背景にあったことを述べている。倉本聰 フレッシュアイペディアより)

  • 倉本聰

    倉本聰から見た24時間テレビ 「愛は地球を救う」

    24時間テレビ スペシャルドラマ『機の音』(1980年、日本テレビ系)倉本聰 フレッシュアイペディアより)

  • 倉本聰

    倉本聰から見た東京大学

    麻布中学校・高等学校、東京大学文学部美学科卒業。倉本聰 フレッシュアイペディアより)

  • 倉本聰

    倉本聰から見た日本放送協会

    その後、東京でフリーの脚本家となったが、NHK大河ドラマ『勝海舟』制作に際し、脚本家の演出関与の是非をめぐる問題がこじれたことで嫌気がさし、脚本を途中降板。1974年6月、取材を受けた週刊誌『ヤングレディ』の記事がNHKを攻撃する内容に変わっていたので、最終稿まで確認して記事は修正されたが、広告の見出しが「倉本聰氏、『勝海舟』を内部から爆弾発言」と修正されぬまま出てしまったことがきっかけだった。当時の制作局長には軽率を謝罪したが、20 - 30人からつるし上げられたという。その日に千歳空港へ飛び、そのまま北海道札幌市に転居。倉本聰 フレッシュアイペディアより)

  • 倉本聰

    倉本聰から見たニッポン放送

    1959年、ニッポン放送に入社。ディレクター・プロデューサーを担当するが、ニッポン放送在籍時に『パパ起きてちょうだい』(日本テレビ)で脚本家デビュー。倉本聰 フレッシュアイペディアより)

  • 倉本聰

    倉本聰から見た北海道放送

    第790回『風船のあがる時』(1972年、北海道放送倉本聰 フレッシュアイペディアより)

  • 倉本聰

    倉本聰から見た山野楽器

    麻布中学・高校時代の同級生に銀座山野楽器の息子が居た縁で、山野楽器店にあった当時まだ高価だったテープレコーダーを自由に使う事が出来た。倉本は友人らと共にそのテープレコーダーを使って音声ドラマ(いわゆるラジオドラマと同じもの)を1本仕上げた。本人曰く「これが人生で最初に作ったドラマである」とのことである。倉本聰 フレッシュアイペディアより)

  • 倉本聰

    倉本聰から見た文藝春秋

    新テレビ事情(文藝春秋、1980年)倉本聰 フレッシュアイペディアより)

  • 倉本聰

    倉本聰から見た扶桑社

    北の動物園(扶桑社、2004年)のち文庫 倉本聰 フレッシュアイペディアより)

118件中 41 - 50件表示

「倉本聰」のニューストピックワード