145件中 51 - 60件表示
  • 倉本聰

    倉本聰から見たBS-TBS

    みんな子どもだった(BS-TBS、2012年4月 - 2015年3月)倉本聰 フレッシュアイペディアより)

  • 倉本聰

    倉本聰から見た札幌テレビ放送

    『もう呼ぶな、海!』(1999年、札幌テレビ制作・日本テレビ系)倉本聰 フレッシュアイペディアより)

  • 倉本聰

    倉本聰から見た理論社

    北の国から 前後編(理論社、1981年)倉本聰 フレッシュアイペディアより)

  • 倉本聰

    倉本聰から見たニッポン放送

    1959年、ニッポン放送に入社し、局では本名でディレクター・プロデューサーとして勤務する傍ら「倉本聰」のペンネームで脚本家としての活動を行なう。『パパ起きてちょうだい』(日本テレビ)が脚本家デビュー作。会社に内緒で脚本活動を行なっており、当時は夜10時に会社を出て帰宅してから脚本を書き午前4時頃に就寝、2時間ほどの睡眠で出社する毎日だった。倉本聰 フレッシュアイペディアより)

  • 倉本聰

    倉本聰から見た静岡放送

    イブアイしずおか(静岡放送、2016年11月17日)倉本聰 フレッシュアイペディアより)

  • 倉本聰

    倉本聰から見た北の国から

    1981年、富良野を舞台にした家族ドラマ『北の国から』で話題を呼ぶ。他に歌志内市、上砂川町を舞台とした『昨日、悲別で』の脚本、富良野を舞台に父子の絆の断絶と再生を描く『優しい時間』の原作など、北海道を舞台とした数々のドラマでも有名。倉本聰 フレッシュアイペディアより)

  • 倉本聰

    倉本聰から見た君は海を見たか

    君は海を見たか』(1970年、日本テレビ系)倉本聰 フレッシュアイペディアより)

  • 倉本聰

    倉本聰から見たやすらぎの郷

    2017年4月には、「テレビ局は若者向けのドラマばかり作っているから年寄りは見ても面白くない。だから、ゴールデンタイムに対抗する『シルバータイム』を作ろう」とテレビ局へ働きかけ、テレビ朝日が新設した帯ドラマ枠「帯ドラマ劇場」にて、テレビ全盛期を担った俳優・作家・ミュージシャンなどが入居する老人ホームを舞台に現在のテレビの在り方に対する批判も盛り込んだ『やすらぎの郷』を執筆した。倉本聰 フレッシュアイペディアより)

  • 倉本聰

    倉本聰から見たうちのホンカン

    うちのホンカン』、『北の国から』の初期や、映画『ブルークリスマス』では、(未知の知的生命体のものとしての)UFOが登場する描写がある。また、『火の用心』の登場人物の一人が超能力を持つなどの描写がある。『北の国から』にUFOを出したことについて、倉本は移住当時北海道でUFOを目撃したという騒ぎがよくあったことと、科学で割りきれないものやメルヘンやファンタジーを大切にしたいという思いが背景にあったことを述べている。倉本聰 フレッシュアイペディアより)

  • 倉本聰

    倉本聰から見た勝海舟 (NHK大河ドラマ)

    その後、東京でフリーの脚本家となったが、NHK大河ドラマ『勝海舟』制作に際し、脚本家の演出関与の是非をめぐる問題がこじれたことで嫌気がさし、脚本を途中降板。1974年6月、取材を受けた週刊誌『ヤングレディ』の記事がNHKを攻撃する内容に変わっていたので、最終稿まで確認して記事は修正されたが、広告の見出しが「倉本聰氏、『勝海舟』を内部から爆弾発言」と修正されぬまま出てしまったことがきっかけだった。当時の制作局長には軽率を謝罪したが、20 - 30人からつるし上げられたという。その日に千歳空港へ飛び、そのまま北海道札幌市に転居。倉本聰 フレッシュアイペディアより)

145件中 51 - 60件表示

「倉本聰」のニューストピックワード