118件中 61 - 70件表示
  • 倉本聰

    倉本聰から見た幻の町

    札幌在住当時に手がけたドラマ『幻の町』に特別出演した北島三郎に頼み込んで、一時期付き人となり巡業に同行した。これはロケ地の小樽で地元民が北島に熱狂する姿を見て「この人気は何なんだ」と関心を持ったことがきっかけだった。巡業中、北島が観衆のどんなリクエストも歌うというコーナーで両者がお互いに遠慮も何もなくやり取りする模様に、自分が今まで庶民ではなく「上から目線」で批評家や業界などに気に入られるような作品を書こうとしていたのではないかという思いに駆られ、「俺は変わろう」と思った気がすると記している。倉本聰 フレッシュアイペディアより)

  • 倉本聰

    倉本聰から見た歌志内市

    1981年、富良野を舞台にした家族ドラマ『北の国から』で話題を呼ぶ。他に歌志内市、上砂川町を舞台とした『昨日、悲別で』の脚本、富良野を舞台に父子の絆の断絶と再生を描く『優しい時間』の原作など、北海道を舞台とした数々のドラマでも有名。倉本聰 フレッシュアイペディアより)

  • 倉本聰

    倉本聰から見たブルークリスマス

    ブルークリスマス』(1978年、脚本)倉本聰 フレッシュアイペディアより)

  • 倉本聰

    倉本聰から見た風のガーデン

    風のガーデン』(2008年、フジテレビ系)倉本聰 フレッシュアイペディアより)

  • 倉本聰

    倉本聰から見た詐病

    戦時中は山形市上山市や岡山県金光町に疎開。このうち、上山への疎開は政府が実施した学童集団疎開によるもので、都会育ちの倉本は大きなカルチャーショックを受けた。東京に帰りたいと考えた倉本は仮病を使って数ヶ月後には東京に戻ることに成功した。この体験は、『北の国から』の最初の連続シリーズにおいて、純が東京に帰りたがって起こす行動のヒントにしたと記している。倉本聰 フレッシュアイペディアより)

  • 倉本聰

    倉本聰から見たこれが青春だ

    これが青春だ』(1966年、日本テレビ系)倉本聰 フレッシュアイペディアより)

  • 倉本聰

    倉本聰から見た2丁目3番地

    2丁目3番地』(1971年、日本テレビ系)倉本聰 フレッシュアイペディアより)

  • 倉本聰

    倉本聰から見たさよならお竜さん

    さよならお竜さん』(1980年、毎日放送制作・TBS系)倉本聰 フレッシュアイペディアより)

  • 倉本聰

    倉本聰から見た東京府

    東京府(現・東京都)出身。倉本聰 フレッシュアイペディアより)

  • 倉本聰

    倉本聰から見た上山市

    戦時中は山形市上山市や岡山県金光町に疎開。このうち、上山への疎開は政府が実施した学童集団疎開によるもので、都会育ちの倉本は大きなカルチャーショックを受けた。東京に帰りたいと考えた倉本は仮病を使って数ヶ月後には東京に戻ることに成功した。この体験は、『北の国から』の最初の連続シリーズにおいて、純が東京に帰りたがって起こす行動のヒントにしたと記している。倉本聰 フレッシュアイペディアより)

118件中 61 - 70件表示

「倉本聰」のニューストピックワード