前へ 1 2 3 4 5 6 7
66件中 1 - 10件表示
  • 金曜報道スペシャル

    金曜報道スペシャルから見た倉田真由美倉田 真由美

    当番組では、「あなたが今知りたいニュース」をテーマに、あらかじめ街頭インタビューを実施。その結果を踏まえて徹底的に取材した特集の映像を、前半と後半に1本ずつ放送する。前半の特集では、テレビ大阪報道局の記者が、週替わりで1名ずつ取材を担当する。しかし、庄野にテレビ大阪の就業規則違反を疑われる問題が浮上したため、庄野は2017年12月15日放送分で降板(同月26日付で編成局アナウンス部から編成局長付へ異動)。同年の最終放送(12月22日)では、サブキャスターの井下育恵(テレビ大阪アナウンサー)がMCを務めるとともに、コメンテーター(眞鍋と倉田真由美)・気象キャスター(堀奈津子)を含めて出演者を女性で統一させた。金曜報道スペシャル フレッシュアイペディアより)

  • 渡辺洋香

    渡辺洋香から見た倉田真由美倉田 真由美

    友人である漫画家倉田真由美の作品『だめんず・うぉ〜か〜』(扶桑社)に登場するヨーコ会長としても有名。その他麻雀プロ以外に、著書やヘアヌード写真集、Vシネマ主演等があり、活動は多岐にわたっていた。しかし2006年に自らの雀荘「fairy」をオープンして以降は、ほぼ、そちらに専念するようになった。渡辺洋香 フレッシュアイペディアより)

  • 中村うさぎ

    中村うさぎから見た倉田真由美倉田 真由美

    漫画家の倉田真由美と親しく、いくつもの共著を出しており、その愛称「くらたま」とあわせて「うさたま」と称される。『5時に夢中!』では美保純との掛け合いの絶妙さから「うさじゅん」コンビと呼ばれていたこともあった。中村うさぎ フレッシュアイペディアより)

  • 深澤真紀

    深澤真紀から見た倉田真由美倉田 真由美

    『くらたまとフカサワのアジアはらへり旅』(倉田真由美との共著,理論社,2008年)深澤真紀 フレッシュアイペディアより)

  • 叶井俊太郎

    叶井俊太郎から見た倉田真由美倉田 真由美

    叶井 俊太郎(かない しゅんたろう、1967年9月18日 - )は、日本の映画関連企業「トランスフォーマー」のプロデューサー、コラムニスト。東京都出身。妻は漫画家倉田真由美叶井俊太郎 フレッシュアイペディアより)

  • バラいろダンディ

    バラいろダンディから見た倉田真由美倉田 真由美

    10月31日・11月21日:倉田真由美(当時、月曜ダンディ)バラいろダンディ フレッシュアイペディアより)

  • 福島瑞穂

    福島瑞穂から見た倉田真由美倉田 真由美

    対談者(掲載順): 山田太一、森達也、岡留安則、浅野健一、中森明夫、倉田真由美、荻原博子、大内裕和、早房長治、重松清、雨宮処凛、やなせたかし、愛敬浩二、神野直彦、粟屋憲太郎、杉浦ひとみ、村尾信尚、鎌田實、藤田和芳、川田龍平、星川淳、金子哲夫、宮本太郎福島瑞穂 フレッシュアイペディアより)

  • くらたま

    くらたまから見た倉田真由美倉田 真由美

    くらたま フレッシュアイペディアより)

  • まあじゃんよゐこ

    まあじゃんよゐこから見た倉田真由美倉田 真由美

    主人公は作者自身(のんちん)。のんちんは酒とパチンコには目が無いが、麻雀はまるで知らない。それがどういう訳か麻雀を主題にした漫画を描く羽目になってしまう。のんちんは当然弱いので、いつも負けてしまう。そこに、ハイエナのように麻雀仲間が寄ってきて、のんちんから金を巻き上げようとする。同業の後輩倉田真由美には「のんちんは私の貯金箱よ」とまで言われている。降りかかる火の粉を払うため、のんちんはなりふり構わず、友人を自分の代わりに生贄に差し出し、友人を失っていくという負のスパイラルに陥ってしまう。連載の終わりあたりでは、多少上達するが、まだ初心者レベル。「永遠のビギナー」という言葉を残し、物語は終わる。まあじゃんよゐこ フレッシュアイペディアより)

  • 扶桑社新書

    扶桑社新書から見た倉田真由美倉田 真由美

    扶桑社新書(ふそうしゃしんしょ)とは扶桑社から出版されている新書のレーベル。2007年2月28日創刊。2015年の現時点で約200冊刊行されている。創刊時は、「オレンジと黒の表紙が目印。国家論から恋愛事情までを扱う扶桑社の新しい顔」として売り出された。背表紙は当初オレンジ地に白抜きの文字であったが、2008年 - 2009年頃からは白抜き文字から黒字へ変更された。これは新刊だけでなく既刊の重刷でも同様である。創刊ラインナップは、『だめんず症候群』(倉田真由美著)、『スキミング』(松村喜秀著)、『偽装国家』(勝谷誠彦著)、『亡食の時代』(産経新聞社「食」取材班)、『大阪人はなぜ振り込め詐欺に引っかからないのか』(竹山隆範著)、『親より稼ぐネオニート』(今一生著)、『「脱・談合知事」田中康夫』(チームニッポン特命取材班)の7点。扶桑社新書 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7
66件中 1 - 10件表示

「倉田真由美」のニューストピックワード