前へ 1 2 3 4 5
47件中 1 - 10件表示
  • 叶井俊太郎

    叶井俊太郎から見た倉田真由美倉田 真由美

    叶井 俊太郎(かない しゅんたろう、1967年9月18日 - )は、日本の映画関連企業「トランスフォーマー」のプロデューサー。東京都出身。漫画家倉田真由美の夫で、コラムニストとしても知られる。叶井俊太郎 フレッシュアイペディアより)

  • 中村うさぎ

    中村うさぎから見た倉田真由美倉田 真由美

    漫画家の倉田真由美と親しく、いくつもの共著を出しており、その愛称「くらたま」とあわせて「うさたま」と称される。『5時に夢中!』では美保純との掛け合いの絶妙さから「うさじゅん」コンビと呼ばれている。中村うさぎ フレッシュアイペディアより)

  • 深澤真紀

    深澤真紀から見た倉田真由美倉田 真由美

    『くらたまとフカサワのアジアはらへり旅』(倉田真由美との共著,理論社,2008年)深澤真紀 フレッシュアイペディアより)

  • 福島瑞穂

    福島瑞穂から見た倉田真由美倉田 真由美

    対談者(掲載順): 山田太一、森達也、岡留安則、浅野健一、中森明夫、倉田真由美、荻原博子、大内裕和、早房長治、重松清、雨宮処凛、やなせたかし、愛敬浩二、神野直彦、粟屋憲太郎、杉浦ひとみ、村尾信尚、鎌田實、藤田和芳、川田龍平、星川淳、金子哲夫、宮本太郎福島瑞穂 フレッシュアイペディアより)

  • くらたま

    くらたまから見た倉田真由美倉田 真由美

    くらたま フレッシュアイペディアより)

  • 叶井真由美

    叶井真由美から見た倉田真由美倉田 真由美

    叶井真由美 フレッシュアイペディアより)

  • 浜口乃理子

    浜口乃理子から見た倉田真由美倉田 真由美

    作風の特徴として、『酒とたたみいわしの日々』などに代表される自分漫画(作者自身を主人公にして、作者の日常を描いた漫画(作者自身が作品中で使用している用語))などエッセイ風のノンフィクション漫画を得意としている。作品よりも作者自身の方が面白いといわれている。西原理恵子の影響の濃い、ラフな画風で作者と作者をめぐる人々をコミカルに脱力気味に描く。友人も頻繁に出演し、お笑いライター「しのピー(別名S崎、これらから「シノ崎」という名前がばらされている)」、芳文社の編集者「ドマリン」等はレギュラーのように登場する。西原理恵子、倉田真由美などが同系統の作風。酒をこよなく愛し、長らく未婚であったが、現在は1女1男の母親。出産時にはさすがに禁酒し、以降も酒が弱くなりあまり量を飲まなくなったと自身の作品などで報告している。浜口乃理子 フレッシュアイペディアより)

  • 湊博昭

    湊博昭から見た倉田真由美倉田 真由美

    一橋大学での湊ゼミで学んだ学生には、漫画家の倉田真由美や黒田硫黄、ジャーナリストの安田純平らがいる。湊博昭 フレッシュアイペディアより)

  • まあじゃんよゐこ

    まあじゃんよゐこから見た倉田真由美倉田 真由美

    主人公は作者自身(のんちん)。のんちんは酒とパチンコには目が無いが、麻雀はまるで知らない。それがどういう訳か麻雀を主題にした漫画を描く羽目になってしまう。のんちんは当然弱いので、いつも負けてしまう。そこに、ハイエナのように麻雀仲間が寄ってきて、のんちんから金を巻き上げようとする。同業の後輩倉田真由美には「のんちんは私の貯金箱よ」とまで言われている。降りかかる火の粉を払うため、のんちんはなりふり構わず、友人を自分の代わりに生贄に差し出し、友人を失っていくという負のスパイラルに陥ってしまう。連載の終わりあたりでは、多少上達するが、まだ初心者レベル。「永遠のビギナー」という言葉を残し、物語は終わる。まあじゃんよゐこ フレッシュアイペディアより)

  • 渡辺洋香

    渡辺洋香から見た倉田真由美倉田 真由美

    友人である漫画家倉田真由美の作品『だめんず・うぉ〜か〜』(扶桑社)に登場するヨーコ会長としても有名。その他麻雀プロ以外に、著書やヘアヌード写真集、Vシネマ主演等があり、活動は多岐にわたっていた。しかし2006年に自らの雀荘「fairy」をオープンして以降は、ほぼ、そちらに専念するようになった。渡辺洋香 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5
47件中 1 - 10件表示

「倉田真由美」のニューストピックワード