91件中 21 - 30件表示
  • 倉田 真由美

    倉田真由美から見た諸富祥彦

    諸富祥彦著『ケッコン構造改革のススメ!―新・男と女の掟62+1』 倉田真由美挿絵 実業之日本社 2003年 ISBN 978-4408105529倉田真由美 フレッシュアイペディアより)

  • 倉田 真由美

    倉田真由美から見た宮崎哲弥

    この件が発覚した後に出演した『たかじんのそこまで言って委員会』(2006年12月10日放送分)冒頭でこの件について涙ながらにコメントをしたが、宮崎哲弥ら共演者からは悪質だと追及を受けた。また『週刊文春』2006年12月14日号でも「くらたま悪質脱税 だめんずを使って領収書集め」と題する記事が掲載されている。倉田がNHKの経営委員会に入ることが決まった際にも、この事件を理由に批判が起きた。倉田真由美 フレッシュアイペディアより)

  • 倉田 真由美

    倉田真由美から見た岩月謙司

    くらたま&岩月教授のだめ恋愛脱出講座(岩月謙司共著) - 青春出版社 2002年 ISBN 978-4413033459倉田真由美 フレッシュアイペディアより)

  • 倉田 真由美

    倉田真由美から見た渡辺洋香

    渡辺洋香(女流雀士)や中村うさぎ(小説家)や深澤真紀(コラムニスト)と親交がある。渡辺洋香はだめんず会会長として『だめんず・うぉ〜か〜』レギュラーだった時期があり、中村うさぎとは共著が多く、深澤とも多く仕事をしている。また北芝健と仲が良く、2003年には倉田真由美と北芝健の2人が協力した『踊る大捜査線』のオフィシャル解読本も出版された(同書内で、倉田は青島俊作をだめんずではないと言い切っている)。倉田真由美 フレッシュアイペディアより)

  • 倉田 真由美

    倉田真由美から見た黒田硫黄

    サッカー部の主将に初恋をし、マネージャーとして入部。その後は恋愛に夢中になり、漫画を描くことを止めていた。さらに同じゼミの、当時既にプロの漫画家であった黒田硫黄と自分の画力の差に愕然とし、漫画家になることを断念した。倉田真由美 フレッシュアイペディアより)

  • 倉田 真由美

    倉田真由美から見た山崎元

    ダメだ! この会社――わが社も他社も丸裸(山崎元共著) - 小学館 2005年 ISBN 978-4093875455倉田真由美 フレッシュアイペディアより)

  • 倉田 真由美

    倉田真由美から見た麻生太郎

    2012年の政権交代により、第2次安倍内閣が成立すると麻生太郎副総理を「失言放言が多く、良いところが全くない。景気対策に失敗した時に責任を取らせるためか、引退前の最後の花道で起用しただけ。」と非難し、安倍総裁のことを自身の漫画に登場する『働かないヒモ』と評した。また、自民党が民主党の政権運営の拙さを指摘したことについても、国民の選択を批判する行為であると非難している。倉田真由美 フレッシュアイペディアより)

  • 倉田 真由美

    倉田真由美から見た浜口乃理子

    西原理恵子、浜口乃理子などと同様に、作者自身を主人公としてその日常体験を漫画にするのを基本的な作風とする。倉田真由美 フレッシュアイペディアより)

  • 倉田 真由美

    倉田真由美から見たいしかわじゅん

    また西原は、倉田と同時期に連載していた雑誌『BUBKA』にて「ぬるい突撃やってんじゃねえよ」と倉田の中途半端なエッセイ漫画をネタ半分で批評。倉田は後輩であるため一旦は下手に出て衝突は収まったものの、自身の『だめんず・うぉ?か?』内で西原の豪邸などを揶揄している。いしかわじゅんはこの一件にと痛烈に倉田を批判している。ただしこの「衝突」はギャグマンガ家同士がギャグ作品内で行ったものであり、その後も両者の間で交流があることが作品内に描かれている。倉田真由美 フレッシュアイペディアより)

  • 倉田 真由美

    倉田真由美から見た齋藤孝 (教育学者)

    喫茶店で2時間もたない男とはつきあうな!(齋藤孝共著) - 集英社 2004年 ISBN 978-4083330261倉田真由美 フレッシュアイペディアより)

91件中 21 - 30件表示

「倉田真由美」のニューストピックワード