92件中 51 - 60件表示
  • 倉田真由美

    倉田真由美から見た一橋大学

    高3の頃は小学館や集英社のある東京に憧れ、東京の大学への進学を希望していたが、親からは地元の九州大学より上の国立大学でないとダメだと言われていた。そこで高校では理系であったが、大学受験ではこだわらず、前期に理系の東京工業大学、後期に文系の一橋大学を受験した。倉田真由美 フレッシュアイペディアより)

  • 倉田真由美

    倉田真由美から見ただめんず・うぉ〜か〜

    倉田 真由美(くらた まゆみ、1971年7月23日 - )は、日本の漫画家。本名、叶井 真由美。通称「くらたま」。ミューン所属。血液型O型。代表作は『だめんず・うぉ〜か〜』。倉田真由美 フレッシュアイペディアより)

  • 倉田真由美

    倉田真由美から見た日本催眠術協会

    2009年から「日本催眠術協会」の役員を務めている。倉田真由美 フレッシュアイペディアより)

  • 倉田真由美

    倉田真由美から見た政権交代

    2012年の政権交代により、第2次安倍内閣が成立すると麻生太郎副総理を「失言放言が多く、良いところが全くない。景気対策に失敗した時に責任を取らせるためか、引退前の最後の花道で起用しただけ。」と非難し、安倍総裁のことを自身の漫画に登場する『働かないヒモ』と評した。また、自民党が民主党の政権運営の拙さを指摘したことについても、国民の選択を批判する行為であると非難している。倉田真由美 フレッシュアイペディアより)

  • 倉田真由美

    倉田真由美から見たインターネット・アーカイブ

    キャリアライフストーリー Vol.3 倉田真由美さん ベネッセドリームエントリー 2005年5月13日(2006年1月11日時点のアーカイブ倉田真由美 フレッシュアイペディアより)

  • 倉田真由美

    倉田真由美から見た女子大生

    倉田の漫画家活動は就職活動に失敗したことから始まる。大学4年の就職活動で山一證券の最終面接まで残ったが、面接官からこの会社を選んだ理由を聞かれた倉田は「歯医者が近いので」と思ったことをそのまま口に出してしまったために面接官の不興を買い、最終面接で落とされた。このエピソードを元に就職活動に失敗する女子学生を描いた漫画を、『ヤングマガジン』ギャグ大賞に応募。大賞を受賞し、デビューを果たした。倉田真由美 フレッシュアイペディアより)

  • 倉田真由美

    倉田真由美から見たFNNスーパーニュースアンカー

    FNNスーパーニュースアンカー金曜日(関西テレビ、2007年12月 - 2009年3月)倉田真由美 フレッシュアイペディアより)

  • 倉田真由美

    倉田真由美から見た青島俊作

    渡辺洋香(女流雀士)や中村うさぎ(小説家)や深澤真紀(コラムニスト)と親交がある。渡辺洋香はだめんず会会長として『だめんず・うぉ〜か〜』レギュラーだった時期があり、中村うさぎとは共著が多く、深澤とも多く仕事をしている。また北芝健と仲が良く、2003年には倉田真由美と北芝健の2人が協力した『踊る大捜査線』のオフィシャル解読本も出版された(同書内で、倉田は青島俊作をだめんずではないと言い切っている)。倉田真由美 フレッシュアイペディアより)

  • 倉田真由美

    倉田真由美から見たABO式血液型

    倉田 真由美(くらた まゆみ、1971年7月23日 - )は、日本の漫画家。本名、叶井 真由美。通称「くらたま」。ミューン所属。血液型O型。代表作は『だめんず・うぉ〜か〜』。倉田真由美 フレッシュアイペディアより)

  • 倉田真由美

    倉田真由美から見た面接

    倉田の漫画家活動は就職活動に失敗したことから始まる。大学4年の就職活動で山一證券の最終面接まで残ったが、面接官からこの会社を選んだ理由を聞かれた倉田は「歯医者が近いので」と思ったことをそのまま口に出してしまったために面接官の不興を買い、最終面接で落とされた。このエピソードを元に就職活動に失敗する女子学生を描いた漫画を、『ヤングマガジン』ギャグ大賞に応募。大賞を受賞し、デビューを果たした。倉田真由美 フレッシュアイペディアより)

92件中 51 - 60件表示

「倉田真由美」のニューストピックワード