203件中 131 - 140件表示
  • 倖田 來未

    倖田來未から見たTAKE BACK

    2000年11月、日本に先駆けてアメリカで1stシングル「TAKE BACK」を「KODA」名義でリリースし、全米で先行デビュー。全米ビルボードダンスポップセールスチャートで初登場20位、最高18位を記録した。同年12月6日、エイベックスのrhythm zoneレーベルより同曲で日本でもデビューを果たす。しかし、「TAKE BACK」は日本のオリコンチャートでは59位で初登場以降、大きなヒットとはならなかった。倖田來未 フレッシュアイペディアより)

  • 倖田 來未

    倖田來未から見た日本ジュエリーベストドレッサー賞

    日本ジュエリーベストドレッサー賞2007「20代部門賞」倖田來未 フレッシュアイペディアより)

  • 倖田 來未

    倖田來未から見た大奥 (2006年の映画)

    この時は妹とレッスンに通い、隣接する東映太秦映画村での「おいらん道中」でかむろ役として出演していたという。奇しくもその14年後、その東映京都撮影所で製作された仲間由紀恵主演の映画大奥 \(2006年の映画\) の主題歌を倖田が飾ることになる。倖田來未 フレッシュアイペディアより)

  • 倖田 來未

    倖田來未から見たオールナイトニッポン

    2008年1月29日、ラジオ「倖田來未のオールナイトニッポン特別番組」内で「35歳をまわるとお母さんの羊水が腐ってくるんですよね」と発言したことが問題となる。公式・エイベックス・ニッポン放送サイトで自らの発言に対する謝罪文を掲載した。30日、アルバムのプロモーション活動を全面自粛し自宅謹慎することを発表。CM出演中の企業サイト休止やCM放送の中止という事態に及んだ。2月7日、報道番組内で「結婚したばかりの女性マネージャーに、早く子供を産んでほしいという気持ちからの発言であったが、(医学的)知識のない中、軽はずみな言動で多くの人に誤った知識を伝え、その心を傷付けた」と涙ながらに謝罪した。一方、6thアルバム『Kingdom』は、プロモーション活動の全面自粛にも関わらずオリコンアルバムチャートで、初登場1位を獲得した。4月13日、ツアー『KODA KUMI LIVE TOUR 2008 ?Kingdom?』静岡エコパアリーナで72日ぶりにファンの前に姿を見せ、5月26日、「BEAT CRUSADERS ヒダカトオルのオールナイトニッポン」内で失言について謝罪。5月30日、自粛後初のTV「ミュージックステーション」出演で本格的に活動再開を果たした。倖田來未 フレッシュアイペディアより)

  • 倖田 來未

    倖田來未から見たカメオ

    5月24日、31枚目のシングル「恋のつぼみ」を発売。タイトル曲は、自身もカメオ出演した関西テレビ・フジテレビ系ドラマ「ブスの瞳に恋してる」の主題歌。発売前から着うた配信が100万ダウンロードを記録する等、話題をさらった。倖田來未 フレッシュアイペディアより)

  • 倖田 來未

    倖田來未から見たレコードレーベル

    2000年11月、日本に先駆けてアメリカで1stシングル「TAKE BACK」を「KODA」名義でリリースし、全米で先行デビュー。全米ビルボードダンスポップセールスチャートで初登場20位、最高18位を記録した。同年12月6日、エイベックスのrhythm zoneレーベルより同曲で日本でもデビューを果たす。しかし、「TAKE BACK」は日本のオリコンチャートでは59位で初登場以降、大きなヒットとはならなかった。倖田來未 フレッシュアイペディアより)

  • 倖田 來未

    倖田來未から見たEXILE ENTERTAINMENT

    (Be Mine feat. 99% Radio AllstarsはEXILEの3rdアルバム『EXILE ENTERTAINMENT』にも収録)倖田來未 フレッシュアイペディアより)

  • 倖田 來未

    倖田來未から見た京都市立藤森中学校

    プロ野球・広島東洋カープの赤松真人外野手は藤森中学校時代の同級生であり、しかも当時野球部員(マネージャーではなく、選手として)だった彼女とは内野の要である二遊間を守るコンビだった。赤松とは現在も連絡を取り合っており、赤松曰く「結婚についても相談を受けた」という。またブラックマヨネーズ・吉田敬の弟とも同級生で、仲良くしていた友人グループで吉田の実家に泊まりに行ったこともあった。倖田來未 フレッシュアイペディアより)

  • 倖田 來未

    倖田來未から見たTRICK (倖田來未のアルバム)

    Venus(後に発売された7thアルバム『TRICK』の「CD+2DVD」形態の『初回TRICKプライス盤』内にボーナス・トラックとして収録された。)倖田來未 フレッシュアイペディアより)

  • 倖田 來未

    倖田來未から見たPlayStation 2

    2003年、スクウェア(現:スクウェア・エニックス)から発売されたプレイステーション2用ゲームソフト『ファイナルファンタジーX-2』のテーマ曲歌手に抜擢され、タイアップ曲が収録された7thシングル「real Emotion/1000の言葉」がオリコンチャート初登場3位で累計23万枚のヒットとなった。しかし、テレビには出演させないという事務所の方針の影響でメディアでの露出がなかったこともあり、その後、1年間ほどシングルセールスには恵まれず、低迷期を迎えた。倖田來未 フレッシュアイペディアより)

203件中 131 - 140件表示

「倖田來未」のニューストピックワード