備後南部のできごと ニュース&Wiki etc.

備後国(びんごのくに)は、かつて日本の地方行政区分だった令制国の一つ。山陽道に属する。 (出典:Wikipedia)

「備後南部のできごと」最新ニュース

つながり調べ

関連のありそうなワードから見た「備後国」のつながり調べ

  • 松野勇雄

    松野勇雄から見た備後国

    備後国御調郡三原(現在の広島県三原市)生まれ。父は広島藩三原城主浅野家の家臣で郡奉行に所属、平田篤胤没後の門人であった。勇雄は幼少より国学、漢学を修めまた剣、弓、銃、砲の技を学んだ。1864年浅野家の大砲方を拝命、1866年、藩校の授読を命じられその後、矢野郷校、三原郷校(藩校修道館分校)、竹原皇学校、三津皇学校の教授となった。1872年大阪に出て翌1873年、立志を抱き上京し平田銕胤の学僕となる。同年、宇佐神宮禰宜。1875年神道事務局編輯専務、大教院専務を兼任、『祝詞文例』等を編す。1876年、生徒寮塾長兼務、皇大神宮権主典拝命。奉職中、神宮神官の子弟の教育機関・神宮教院の生徒取締役に転ず。これを基礎に拡大強化し本教館を興し全国規模で有志学生を募集。落合直文、池辺義象等はこの折りの学生の一部。1877年権禰宜と進み本居豊穎の養子となったが、まもなく同家を去った。1879年神宮権禰宜を辞し、神道事務局に奉仕し漢学を講じた。(松野勇雄 フレッシュアイペディアより)

  • 槇島城の戦い

    槇島城の戦いから見た備後国

    信長は「怨みに恩で報いる」と言ったとされるが、20日、羽柴秀吉に命じ、義昭を妹婿である三好義継の居城・河内若江城に送り届けさせた。現在の歴史学では、この際に室町幕府は(実質的に)滅亡した、と解釈されることが多い(但し前述の通り、義昭自身はなおも征夷大将軍の地位にあり、従三位の位階すらも保ったままであった)。11月16日に若江城の戦いで義継が信長に討たれた後、義昭は僅かな近臣と共に堺、次いで紀伊へと流浪・亡命し、後に毛利輝元を頼って備後鞆(鞆幕府)にまで落ち延びることとなる。(槇島城の戦い フレッシュアイペディアより)

「備後国」から見た関連のありそうなワードのつながり調べ

「備後南部のできごと」のニューストピックワード