備後南部のできごと ニュース&Wiki etc.

備後国(びんごのくに)は、かつて日本の地方行政区分だった令制国の一つ。山陽道に属する。 (出典:Wikipedia)

つながり調べ

関連のありそうなワードから見た「備後国」のつながり調べ

  • 玉木吉保

    玉木吉保から見た備後国

    その後、天正年間には尼子氏の尼子勝久・山中幸盛らに追討に参加し、天正6年(1578年)の上月城の戦いにも加わっている。天正8年(1580年)6月、毛利氏と織田氏の対立が激しくなる中、上方に赴いて曲直瀬道三流の医術を修行する。修得後に帰国し、天正13年(1585年)の豊臣秀吉による四国征伐に参加。天正15年(1587年)頃より毛利氏の領国支配の強化のため、安芸国・備後国・周防国・長門国・石見国・出雲国・伊予国等の検地を実施している。(玉木吉保 フレッシュアイペディアより)

  • 小早川敬平

    小早川敬平から見た備後国

    明応2年(1493年)に帰国した後は、幕府との関係を後ろ盾にして備後などに勢力を拡大する一方で、奉行制度を確立するなどして戦国時代における小早川氏の基礎を築き上げた。明応8年(1499年)4月17日に死去。享年48。跡を長男の扶平が継いだ。(小早川敬平 フレッシュアイペディアより)

「備後国」から見た関連のありそうなワードのつながり調べ

「備後南部のできごと」のニューストピックワード