前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
849件中 1 - 10件表示
  • 福山市

    福山市から見た備後国備後国

    古代における現在の福山市街の中心地はほぼ全域が干潟や海であった。近年までは現在の神辺平野も海となっていて「穴の海」と呼ばれたといわれていたが、これは遺跡の分布や地層の調査から現在では否定されており、この呼称があったとすれば江戸時代に干拓され陸地化された現在の福山市街を示していた可能性が高いようである。古代における備後地方の中心地は備後国国府のあった現在の府中市一帯でこれに至る旧山陽道が中国地方の重要な幹線道となっていた。その名残が市北部地区の駅家町の地名で文字通り山陽道の駅家(宿駅)であったことを示している。現在の福山市域に含まれる山陽道は神辺平野を横断するように通され、外港として深津市は賑わいこの周辺は備後で最も栄えた地域となっていた。また、この地方はヤマト王権と吉備との勢力争いの最前線であったため古くからヤマト王権の重要拠点ともなっており、“二子塚古墳”のような大規模な前方後円墳や畿内以外では珍しい横口式石槨を持つ古墳が残り全国でも有数の古墳集積地となっている。瀬戸内の中央部に位置する備後南部に港が多く点在し、津ノ郷、深津、吉津、など港を意味する地名が今日も残されている。また中でも、鞆の浦は万葉集にも詠まれるように風待ち、潮待ちの港として古代より独自の地位を築いていた。福山市 フレッシュアイペディアより)

  • 源時中

    源時中から見た備後国備後国

    右近将監を経て、天徳5年(961年)従五位下に叙爵。応和2年(962年)讃岐権介、侍従を務め、康和3年(966年)右兵衛佐に任ず。康保4年(967年)守平親王(のちの円融天皇)の立太子に伴って春宮昇殿となり、左近衛少将に任ぜられる。安和元年(968年)従五位上・備後権介に叙任、安和2年(969年)右近衛少将に任ぜられる。源時中 フレッシュアイペディアより)

  • 福山 (城下町)

    福山 (城下町)から見た備後国備後国

    福山(ふくやま)は広島県福山市の福山城周囲に元和8年(1622年)頃に造られた城下町で明治6年(1873年)に福山城が廃城されるまで備後国の中心地として栄えた。福山 (城下町) フレッシュアイペディアより)

  • 上山広信

    上山広信から見た備後国備後国

    上山 広信(かみやま ひろのぶ)は、戦国時代の武将。毛利氏と同族の長井氏の庶流であり、備後国世羅郡上山郷を本拠とした国人・上山氏の当主。初め山名氏、後に大内氏に属する。上山広信 フレッシュアイペディアより)

  • 福山城 (備後国)

    福山城 (備後国)から見た備後国備後国

    福山城は江戸時代初期、元和偃武の後に建造された近世城郭で最も新しい城である(厳密には赤穂城や松前城など福山城より後に築かれたものもあるが、慶長期から続く近世城郭の体系に含まれる大規模な新規築城では最後としてよいだろう)。元和5年(1619年)、関ヶ原の戦い以降備後国・安芸国の2国を治めていた福島正則が武家諸法度違反により改易されたことから、 徳川家康の従兄弟である水野勝成 が毛利氏など西日本の有力外様大名に対する抑え(西国の鎮衛)として備後国東南部と備中国西南部の計10万石を与えられ、大和国の郡山藩から転封する。入封時の領地目録上は備後神辺城主であったが、神辺城はやや内陸にあり過去に何度も落城した歴史があったことなどから、一国一城令が徹底されていたこの時期としては異例の新規築城が行われることになったといわれる。福山城 (備後国) フレッシュアイペディアより)

  • 鴨方往来

    鴨方往来から見た備後国備後国

    3. より更に備後国福山城下(広島県福山市)までを本街道とする。鴨方往来 フレッシュアイペディアより)

  • 細川頼之

    細川頼之から見た備後国備後国

    細川 頼之(ほそかわ よりゆき)は、南北朝時代から室町時代初期にかけての武将、政治家。第2代室町幕府管領、中国管領、四国管領。阿波・伊予・備後・讃岐・土佐守護。第6代細川京兆家当主。幼名は弥九郎。はじめ武蔵守、後に相模守。細川頼之 フレッシュアイペディアより)

  • 平信範

    平信範から見た備後国備後国

    その後、永暦元年(1160年)に再度蔵人に任じ、仁安3年(1168年)には正四位下・蔵人頭・権右中弁に進むが、翌嘉応元年(1169年)、延暦寺大衆の強訴によって院近臣の藤原成親が配流される事件が勃発する(嘉応の強訴)。この事件に対処していた信範は、甥の平時忠ともども法皇から責任を問われることとなり、「奏事不実(奏上に事実でない点があった)」の罪により解官の上、備後国へ配流されるという憂き目を見ている。平信範 フレッシュアイペディアより)

  • 山内直通

    山内直通から見た備後国備後国

    山内 直通(やまのうち なおみち)は、戦国時代の武将。備後国甲山城主。山内直通 フレッシュアイペディアより)

  • 和智元郷

    和智元郷から見た備後国備後国

    和智 元郷(わち もとさと)は、戦国時代から安土桃山時代の武将。備後国の国人で、毛利氏家臣。和智元郷 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
849件中 1 - 10件表示

「備後南部のできごと」のニューストピックワード