前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
583件中 1 - 10件表示
  • 福山市

    福山市から見た備後国備後国

    福山市は、瀬戸内海の中央部で広島県南東端に位置する。岡山県笠岡市、井原市と隣接し広島市まで約107km、岡山県岡山市まで約61kmと所属県である広島県の県庁所在地広島市よりも圧倒的に岡山市の方が近い。令制国の区分で見ても岡山県寄りであり、市域は全域が備後国に属し、この備後国が属していた旧吉備国は現在の岡山県にほぼ一致する。福山市 フレッシュアイペディアより)

  • 福山 (城下町)

    福山 (城下町)から見た備後国備後国

    福山(ふくやま)は広島県福山市の福山城周囲に元和8年(1622年)頃に造られた城下町で明治6年(1873年)に福山城が廃城されるまで備後国の中心地として栄えた。福山 (城下町) フレッシュアイペディアより)

  • 円通寺 (庄原市)

    円通寺 (庄原市)から見た備後備後国

    この寺の創建年代等については不詳であるが、奈良時代の僧行基が千手堂を建立したのに始まるとも、1324年(正中元年)備後守護代山内首藤通資によって創建されたとも伝えられる。なお、この寺は天文年間(1532年?1555年)に)備後山内氏九代山内直通により中興されている。円通寺 (庄原市) フレッシュアイペディアより)

  • 渋川氏

    渋川氏から見た備後備後国

    義顕の曾孫である渋川義季は本家筋にあたる足利尊氏・足利直義兄弟に従って各地を転戦したが、中先代の乱で自害した。室町幕府2代将軍足利義詮の正室渋川幸子は義季の娘であり、この縁により渋川氏は幕府内で重用された。将軍の義弟となった渋川直頼(幸子の弟)は将軍家より備後御調郡に所領を得た。渋川氏 フレッシュアイペディアより)

  • 福山城 (備後国)

    福山城 (備後国)から見た備後国備後国

    福山城は江戸時代初期、元和偃武の後に建造された近世城郭で最も新しい城である(厳密には赤穂城や松前城など福山城より後に築かれたものもあるが、慶長期から続く近世城郭の体系に含まれる大規模な新規築城では最後としてよいだろう)。元和5年(1619年)、関ヶ原の戦い以降備後国・安芸国の二国を治めていた福島正則が武家諸法度違反により改易されたことから、 徳川家康の従兄弟である水野勝成 が毛利氏など西日本の有力外様大名に対する抑え(西国の鎮衛)として備後国東南部と備中国西南部の計10万石を与えられ、大和国の郡山藩から転封する。入封時の領地目録上は備後神辺城主であったが、神辺城はやや内陸にあり過去に何度も落城した歴史があったことなどから、一国一城令が徹底されていたこの時期としては異例の新規築城が行われることになったといわれる。福山城 (備後国) フレッシュアイペディアより)

  • 平信範

    平信範から見た備後国備後国

    その後、永暦元年(1160年)に再度蔵人に任じ、仁安3年(1168年)には正四位下・蔵人頭・権右中弁に進むが、翌嘉応元年(1169年)、延暦寺大衆の強訴によって院近臣の藤原成親が配流される事件が勃発する(嘉応の強訴)。この事件に対処していた信範は、甥の平時忠ともども法皇から責任を問われることとなり、「奏事不実(奏上に事実でない点があった)」の罪により解官の上、備後国へ配流されるという憂き目を見ている。平信範 フレッシュアイペディアより)

  • 備後都市圏

    備後都市圏から見た備後国備後国

    備後都市圏(びんごとしけん)とは、旧備後国南部福山市を中心に、旧備中国西南部である岡山県西部や旧安芸国の一部地域に及ぶ都市群の総称、または多核交流圏のこと。備後都市圏に含まれる代表的な自治体は、広島県福山市・尾道市・三原市・岡山県笠岡市・井原市など。備後都市圏 フレッシュアイペディアより)

  • 鴨方往来

    鴨方往来から見た備後国備後国

    3. より更に備後国福山城下(広島県福山市)までを本街道とする。鴨方往来 フレッシュアイペディアより)

  • 吉備国

    吉備国から見た備後国備後国

    後の令制国では備前国・備中国・備後国・美作国にあたる。吉備国 フレッシュアイペディアより)

  • 足利義昭

    足利義昭から見た備後国備後国

    足利将軍家の家督相続者以外の子として、慣例により仏門に入って「覚慶」と名乗り一乗院門跡であった(一乗院は興福寺別当をつとめる門跡寺院で、延暦寺における青蓮院に該当する)。兄義輝と母慶寿院が松永久秀らに暗殺されると、三淵藤英・細川藤孝ら幕臣の援助を受けて奈良から脱出し、還俗して「義秋」と名乗る。そして、美濃国の織田信長に擁されて上洛し、第15代将軍に就任する。やがて信長と対立し、武田信玄や朝倉義景らと呼応して信長包囲網を築き上げる。一時は信長を追いつめもしたが、やがて信長によって京都から追われ備後国に下向し長らく在国したため、一般には室町幕府は滅亡したとみなされてしまった。足利義昭 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
583件中 1 - 10件表示

「備後南部のできごと」のニューストピックワード