849件中 91 - 100件表示
  • 尼子再興軍の雲州侵攻

    尼子再興軍の雲州侵攻から見た備後国備後国

    この新たに大将として擁立された勝久は、尼子新宮党の一族・尼子誠久の5男の生まれで、同じ尼子氏一族の者であった。しかしながら去る天文23年11月1日(1554年11月25日)、当時の尼子家当主・尼子晴久によって新宮党一族の粛清が行われ、一族の者は殺されるか、あるいは尼子氏の領国外へ逃亡することとなった(新宮党の粛清事件)。当時、幼子であった勝久はこの粛清から逃れるため、乳母人に抱えられ富田(島根県安来市広瀬町)から備後の徳分寺へ落ち延び、成長後にこの東福寺で僧となっていた経緯があった。尼子再興軍の雲州侵攻 フレッシュアイペディアより)

  • 府中市 (広島県)

    府中市 (広島県)から見た備後国備後国

    「府中」は国府所在地を表す一般名詞で日本各地にあり、また東京都には同一市名の府中市(武蔵府中)が、広島県内にも安芸郡府中町(安芸府中)が存在する。広島県府中市は備後国の府中であり、他の府中と区別するために「備後府中」とも呼ぶ。府中市 (広島県) フレッシュアイペディアより)

  • 坂本龍馬

    坂本龍馬から見た備後国備後国

    同年7月、龍馬の朋友であり、親戚でもある武市半平太が、武者修行のために門人の岡田以蔵・久松喜代馬・島村外内らとともに土佐を出立した。龍馬は「今日の時勢に武者修行でもあるまい」と笑ったが、実際は西国諸藩を巡って時勢を視察することが目的であった。一行はまず讃岐丸亀藩に入り、備前・美作・備中・備後・安芸・長州などを経て九州に入り、途中で龍馬の外甥の高松太郎と合流している。坂本龍馬 フレッシュアイペディアより)

  • 水野勝成

    水野勝成から見た備後国備後国

    水野 勝成(みずの かつなり)は、戦国時代から江戸時代初期にかけての武将・大名。三河刈谷藩主、大和郡山藩主を経て備後福山藩の初代藩主となる。水野勝成 フレッシュアイペディアより)

  • 芦田川

    芦田川から見た備後国備後国

    備後地方を代表する河川である。流路延長86キロメートル、流域面積860平方キロメートル。1967年(昭和42年)6月一級河川に指定。芦田川 フレッシュアイペディアより)

  • 新・忠臣蔵

    新・忠臣蔵から見た備後国備後国

    浅野家赤穂藩藩主浅野内匠頭が備後国三次藩浅野家の息女阿久里を正室として迎えるところから始まり、元禄赤穂事件までのエピソードを描いている。新・忠臣蔵 フレッシュアイペディアより)

  • 帝釈川ダム

    帝釈川ダムから見た備後国備後国

    この地域は帝釈峡と呼ばれる中国地方を代表する峡谷が形成されている。本来カルスト台地であった所が長い歳月を経て帝釈川に浸食され、石灰岩による断崖絶壁や奇岩を形成した。ダム建設中の1923年(大正12年)には文化財保護法に基づく国指定の名勝に、「帝釈川の谷」として指定されている。さらに1963年(昭和38年)には比婆道後帝釈国定公園に指定され、以後現在に至るまで備後地域の主要な観光地として年間約70万人の観光客を集めている。帝釈川ダム フレッシュアイペディアより)

  • 小浦一守

    小浦一守から見た備後国備後国

    『松原氏系譜』によれば、祖は鎌倉幕府問注所執事三善康信の末葉、石見守朝宗が、応安年間に備後国から越中国に入り氷見池田村の小浦山に城を築き居住したという。桃井直常討伐による恩賞として地頭職を得たものであろう。ただし、これらの所伝は仮冒で、越中の古代氏族射水臣氏出身の三善為康の子孫であろうとの説もある。一守は朝宗より七代の孫で、父光康は能登畠山氏に仕えて戦功があったという。朝光の時代々居住してきた地名をとって小浦と改姓したという。小浦一守 フレッシュアイペディアより)

  • 岡山県道290号上稲木東江原線

    岡山県道290号上稲木東江原線から見た備後国備後国

    備後福山城下(現: 広島県福山市の中心部。)と備中荏原(現:井原市東江原町。)の山陽道〔西国街道〕(現:旧山陽道。)を結んでいたとされる道で、現在の福山市坪生町から井原市に入り、本県道と並行して旧山陽道に接続する。岡山県道290号上稲木東江原線 フレッシュアイペディアより)

  • 今出川公直

    今出川公直から見た備後国備後国

    延元2年/建武4年(1337年)叙爵。以降、侍従・左近衛少将・備後介・左近衛中将などを経て、正平4年/貞和5年(1349年)に従三位となり公卿に列する。その後も参議や権中納言・検非違使別当を経て、正平14年/延文4年(1359年)に権大納言に就任する。その後も大納言・右近衛大将・内教坊別当などを経て、天授3年/永和3年(1377年)に内大臣拝命。弘和元年/永徳元年(1381年)には従一位へと進む。応永元年(1394年)には右大臣に任じられたがすぐに辞す。その翌年に左大臣となるもやはりすぐに辞している。今出川公直 フレッシュアイペディアより)

849件中 91 - 100件表示

「備後南部のできごと」のニューストピックワード