583件中 91 - 100件表示
  • 巡見使

    巡見使から見た備後国備後国

    三備(備前・備中・備後)・安芸・周防・長門・石見・出雲・伯耆・美作・因幡・隠岐の12国。巡見使 フレッシュアイペディアより)

  • 糸崎八幡神社

    糸崎八幡神社から見た備後国備後国

    1461年(寛正2年)に備後国納所村(現在の広島県三原市)桜山城主の三原豊後守廣吉が落ち延びて来て三原三郎四朗と称し、西川手村を西三原村と改め、神社を創建して氏神としたのが始まりと言われる。糸崎八幡神社 フレッシュアイペディアより)

  • 安芸門徒

    安芸門徒から見た備後国備後国

    建永2年(1207年)に法然が法難に遭って流罪となった際、その弟子の浄聞が備後国に配流されたことが始まりとされる。鎌倉時代末期に浄土真宗の一派であった明光が沼隈半島に進出し、元応2年(1320年)現在の沼隈町山南に光照寺を築き、そこを西国の布教の拠点とした。安芸門徒 フレッシュアイペディアより)

  • 赤穴城

    赤穴城から見た備後国備後国

    赤穴城は、赤穴荘の地頭として勢力を張った赤穴氏により築かれた山城。備後、石見、出雲三国の境に位置することから、尼子氏時代には尼子十旗の一つに数えられ重要視された。赤穴城 フレッシュアイペディアより)

  • 山名教豊

    山名教豊から見た備後国備後国

    山名 教豊(やまな のりとよ)は、室町時代後期の守護大名。但馬・播磨・備後・安芸守護。山名宗全(持豊)の嫡男。山名教豊 フレッシュアイペディアより)

  • 藤原有年

    藤原有年から見た備後国備後国

    斉衡3年(856年)備後守、天安2年(858年)近江介、貞観5年(863年)大宰少弐、貞観6年(864年)讃岐介、貞観11年(869年)播磨守と地方官を歴任。この間、貞観11年(869年)に従五位上に叙せられている。また、讃岐介在任中の貞観8年(866年)には殺人事件の責任を問われて笞刑50・贖銅5斤を科せられた。藤原有年 フレッシュアイペディアより)

  • 大庭城

    大庭城から見た備後国備後国

    大庭氏の子孫および一族の存続を示す具体的な記録の一つとして、相模国の大庭三郎景連が備後の新庄本郷に地頭として任命され、1213年(建保元年)、当地で築城した事例がみえる。のち大場氏と称した。なおこれも大庭城(または大場山城、本郷城などの別称あり)との呼称が残っている。大庭城 フレッシュアイペディアより)

  • 二ッ山城

    二ッ山城から見た備後国備後国

    二ッ山城(ふたつやまじょう)は、備後国(現・広島県三次市和知町字尾越(おごえ))及び庄原市山内(やまのうち)町字尾引(おびき)の二ッ山(標高382m)にあった城。二ッ山城 フレッシュアイペディアより)

  • 鈴尾城

    鈴尾城から見た備後国備後国

    毛利元春の5男、長井広世は備後国信敷荘の長井氏の養子となっていたが、後に安芸吉田へと戻った。そして南朝:天授7年/弘和元年/北朝:康暦3年/永徳元年(1381年)、広世は父よりこの内部庄福原の地を知行され、この地に鈴尾城を構え、福原を名字とした。その後代々福原氏の居城として使用された。明応6年(1497年)に毛利元就が生まれたのも、この鈴尾城であったと言われている。鈴尾城 フレッシュアイペディアより)

  • 織田忠辰

    織田忠辰から見た備後国備後国

    織田 忠辰(おだ ただとき/ただたつ、生年不詳 - 慶長18年(1613年))は戦国時代、安土桃山時代の武将。織田氏の一族で織田藤左衛門家出身。織田信直の次男。官位は従五位下監物、備後守、兵部大輔。幼名は虎千代。津田姓も名乗った。子は織田信番(忠直)、織田知信、津田宗元など。室は村上頼勝の娘。尾張小田井城主。織田忠辰 フレッシュアイペディアより)

583件中 91 - 100件表示

「備後南部のできごと」のニューストピックワード