849件中 101 - 110件表示
  • 安部野童子問

    安部野童子問から見た備後国備後国

    安部野童子問(あべのどうじもん)は、天明6年(1786年)から翌年にかけて備後福山藩で発生した百姓一揆(福山藩領天明6年一揆)を記した記録文学。安部野童子問 フレッシュアイペディアより)

  • 八重崎検校

    八重崎検校から見た備後国備後国

    門人には、『五段砧』、『秋風の曲』、『七小町』などの作曲で知られる光崎検校、後の京都下派(しもは)に続く松崎検校、中国系箏曲、地歌の祖である備後国の葛原勾当、吉沢検校の「古今組」に手事を補作した松坂春栄ら、女性の門人には『おぼこ菊』を作曲した津留らがいる。八重崎検校 フレッシュアイペディアより)

  • 五十川基

    五十川基から見た備後国備後国

    備後国に藩医・五十川周圭の嗣子として生まれる。五十川家は代々漢方医を業とし、周圭の代で蘭方に転じた。江木鰐水、寺地舟里の薫陶を受け、藩校・誠之館で学び、文久3年(1863年)10月17日に藩から洋学修業を命ぜられ、江戸の藩邸に寄留し、蕃書調所・医学所に通学修業。佐藤春海(尚中)の塾において、蘭学を修め、転じて慶応2年(1866年)に福沢諭吉の慶應義塾へ入塾(『慶應義塾入社帳第一巻58項,167項』)。同年帰郷し、誠之館の洋学世話取(教授)。明治2年(1869年)には同藩士・江木高遠が慶應義塾に入塾している。五十川基 フレッシュアイペディアより)

  • 信敷荘

    信敷荘から見た備後国備後国

    信敷荘(しのぶのしょう/しのうのしょう)は、備後国三上郡(現在の広島県庄原市)にあった荘園。信敷荘 フレッシュアイペディアより)

  • 市右衛門

    市右衛門から見た備後国備後国

    市右衛門(いちえもん、生年不詳 - 1670年(寛文10年)6月)は、備後国深安郡広瀬村姫谷(現・広島県福山市付近)の陶工、またはその頭領。初期伊万里の技術をもとに和様の色絵磁器・姫谷焼を焼いた。市右衛門 フレッシュアイペディアより)

  • 浅野長照

    浅野長照から見た備後国備後国

    浅野 長照(あさの ながてる、慶安5年1月17日(1652年2月26日) - 宝永2年11月15日(1705年12月30日))は、第2代備後三次藩主。通称は長蔵(ながぞう)、官位は従五位下・式部少輔(しきぶしょうゆう)。浅野長照 フレッシュアイペディアより)

  • 渡辺通

    渡辺通から見た備後国備後国

    1524年、父が毛利元就の弟の相合元綱を擁立して反乱を起こそうとしたため殺害されると、通は備後国人の山内直通の元に逃亡し、後に許されて元就の家臣となった。なお、「通」という名は恩人の直通の一字に由来する。渡辺通 フレッシュアイペディアより)

  • 国地頭

    国地頭から見た備後国備後国

    文治元年(1185年)11月、北条時政の奏請により、義経・行家の追討を目的として五畿・山陰・山陽・南海・西海諸国に設置することが勅許された。平氏滅亡後に一旦停止された諸国惣追捕使に代わり令制国単位で設置され、荘園・公領からの段別五升の兵粮米の徴収・田地の知行権・国内武士の動員権など強大な権限を保持していたとされる。時政が七ヶ国地頭となったのをはじめ、梶原景時が播磨・美作、土肥実平が備前・備中・備後、天野遠景が九州諸国の国地頭であったと推測されている。だが、兵糧米の獲得や国務への関与を巡り荘園領主・国司の反発を受けた結果、翌年3月に時政は七ヶ国地頭を辞任し、軍事・検断関係を職務とする惣追捕使の地位のみ保持した。国地頭 フレッシュアイペディアより)

  • 宮兼信

    宮兼信から見た備後国備後国

    宮 兼信(みや かねのぶ、生没年不詳)は、備後国の大豪族宮氏の一族で、下野守を称し、後に入道して道仙と号した。宮兼信 フレッシュアイペディアより)

  • 戸田氏倚

    戸田氏倚から見た備後国備後国

    寛政元年(1789年)5月15日将軍徳川家斉に御目見する。寛政10年(1798年)9月14日、高家見習に就任する。12月16日従五位下侍従・備後守に叙任する。後に正四位下に昇進、備前守に改める。文化7年(1810年)12月22日父氏朋の死去により、家督を相続した。12月24日高家肝煎職に就く。天保5年(1834年)9月5日病気を理由に辞任する。天保6年(1835年)4月10日隠居し、息子氏敏に家督を譲る。隠居後、松心と号す。天保8年(1837年)10月25日死去、65歳。戸田氏倚 フレッシュアイペディアより)

849件中 101 - 110件表示

「備後南部のできごと」のニューストピックワード