849件中 11 - 20件表示
  • 藤原山蔭

    藤原山蔭から見た備後国備後国

    清和朝では天皇の側近として蔵人・近衛少将を務める傍ら、備後権介・伊予介・美濃守と地方官を兼ねる。貞観6年(864年)従五位上に叙せられてから10年近く昇進の機会がなかったが、貞観14年(872年)の太政大臣・藤原良房の没後に俄に昇進し、貞観15年(873年)正五位下、貞観17年(875年)従四位下・蔵人頭兼右近衛権中将に叙任される。藤原山蔭 フレッシュアイペディアより)

  • 備後都市圏

    備後都市圏から見た備後国備後国

    備後都市圏(びんごとしけん)とは、旧備後国南部福山市を中心に、旧備中国西南部である岡山県西部や旧安芸国・旧伊予国の一部地域に及ぶ都市群の総称、または多核交流圏のこと。備後都市圏に含まれる代表的な自治体は、広島県福山市・尾道市・三原市・岡山県笠岡市・井原市など。備後都市圏 フレッシュアイペディアより)

  • 渋川氏

    渋川氏から見た備後国備後国

    室町幕府2代将軍足利義詮の正室渋川幸子は義季の娘で、その弟直頼は備後国御調郡に所領を得た。直頼の子義行(母は高師直の娘)は備後守護に任命され、さらに南朝方の盛んな九州を平定するべく九州探題に抜擢されたが、その勢いの前になすすべなく、ついに九州へ上陸することなく探題職を更迭された。義行の後の渋川氏は、満頼系と満行系の二流に分かれる。渋川氏 フレッシュアイペディアより)

  • 足利義昭

    足利義昭から見た備後国備後国

    足利将軍家の家督相続者以外の子として、慣例により仏門に入って覚慶(かくけい)と名乗り一乗院門跡となった。兄・義輝らが三好三人衆らに暗殺されると、三淵藤英・細川藤孝ら幕臣の援助を受けて奈良から脱出し、還俗して義秋(よしあき)と名乗る。美濃国の織田信長に擁されて上洛し、第15代将軍に就任する。やがて信長と対立し、武田信玄や朝倉義景らと呼応して信長包囲網を築き上げる。一時は信長を追いつめもしたがやがて京都から追われ備後国に下向し、一般にはこれをもって室町幕府の滅亡とされている。足利義昭 フレッシュアイペディアより)

  • 浅野長澄

    浅野長澄から見た備後国備後国

    浅野 長澄(あさの ながずみ、寛文11年12月1日(1671年12月31日) - 享保3年8月4日(1718年8月29日))は、第3代備後三次藩主。浅野長澄 フレッシュアイペディアより)

  • 小田県

    小田県から見た備後国備後国

    小田県(おだけん)は、1871年(明治4年)に備中国および備後国東部を管轄するために設置された県。現在の岡山県西部、広島県東部にあたる。設置当時は深津県(ふかつけん)と称した。小田県 フレッシュアイペディアより)

  • 藤原為通

    藤原為通から見た備後国備後国

    崇徳天皇に寵愛される。大治5年(1130年)叙爵され、右少将、左中将、備中介等を歴任。大治6年(1131年)従五位上の昇叙から、保延年間に従四位上まで昇進。永治2年(1141年)に正四位下に叙され、備後権介、左中将、蔵人頭等を経て、久安6年(1150年)に参議・中宮権大夫。仁平2年(1152年)に丹波権守となるが、2年後に卒去した。享年43。藤原為通 フレッシュアイペディアより)

  • 阿部正教

    阿部正教から見た備後国備後国

    阿部 正教(あべ まさのり、1840年1月21日(天保10年12月17日) - 1861年7月4日(文久元年5月27日))は、備後福山藩阿部家8代藩主。阿部家宗家12代。阿部正教 フレッシュアイペディアより)

  • 阿部正右

    阿部正右から見た備後国備後国

    阿部 正右(あべ まさすけ、享保9年11月29日(1725年1月13日) - 明和6年7月12日(1769年8月13日))は、江戸時代の大名、老中。備後福山藩第3代藩主。阿部家宗家7代。阿部正右 フレッシュアイペディアより)

  • 菅谷政利

    菅谷政利から見た備後国備後国

    万治3年(1660年)、赤穂藩浅野家譜代家臣・菅谷平兵衛の次男として生まれる。母は津田五郎左衛門の娘。兄に岡本松之助がいたが、この兄は菅谷家の家督を継がず備後国三次で浪人したため、政利が菅谷家の嫡男となった。菅谷政利 フレッシュアイペディアより)

849件中 11 - 20件表示

「備後南部のできごと」のニューストピックワード