583件中 11 - 20件表示
  • 広島県

    広島県から見た備後国備後国

    旧国制に倣い、大まかに広島市を中心とする県西部を「安芸」、県東部で岡山県と隣接している福山市を中心とする県東部を「備後」と呼び、現在でも方言・文化的に大きな違いを見せる(方言については広島弁・備後弁を参照のこと)。ただし近年の広島県の施策では、有する都市機能と生活圏などから、広島圏域(県西部)、備後圏域(県東部)、備北圏域(県北東部)の3つにわける場合も多い。広島県 フレッシュアイペディアより)

  • 安芸福原氏

    安芸福原氏から見た備後国備後国

    安芸国の国人領主であった毛利元春の五男広世が、縁戚の備後長井氏へ養子に入り、後に内部荘福原を所領としたことか安芸福原氏 フレッシュアイペディアより)

  • 備北

    備北から見た備後国備後国

    備後国北部・広島県北東部の地域。奥備後。 ⇒ 備北 (備後国)備北 フレッシュアイペディアより)

  • 倉敷県

    倉敷県から見た備後国備後国

    倉敷県(くらしきけん)は、1868年(慶応4年)に美作国、備中国、備後国内の幕府領・旗本領を管轄するために明治政府によって設置された県。管轄地域は何度か変遷しているが、現在の岡山県、広島県、香川県に広く分布している。倉敷県 フレッシュアイペディアより)

  • 山名藤幸

    山名藤幸から見た備後国備後国

    尼子氏からの離反後は備後国人の宮氏のもとに身を寄せた。本拠地であった生山城(日野本城)は当初、尼子氏に掌握されていたが、永禄5年(1562年)6月、宮景盛と共にこれを攻略し、城番であった中井久家・米原綱寛を退却させた。城を回復した後は、生山城を拠点に毛利氏による尼子勢力の討伐に協力した。永禄6年(1563年)7月には西伯耆北部の尼子勢力を退けるため、杉原盛重ら備後国人衆と共に河岡城・尾高城方面(いずれも現・米子市内)に派遣された。山名藤幸 フレッシュアイペディアより)

  • 菅谷政利

    菅谷政利から見た備後国備後国

    赤穂浅野家家臣菅谷平兵衛の次男として生まれる。母は津田五郎左衛門の娘。兄に岡本松之助という者がいるが、なぜかこの兄は菅谷家の家督を継がず、備後国三次で浪人をしている。そのため政利が菅谷家の嫡男となった。政利は家老の大石良重に山鹿流兵学を学び、免許皆伝を受けていたといわれる。元禄6年(1693年)に父平兵衛が死去しているので家督もこのあたりと思われる。元禄7年(1694年)に主君浅野長矩が備中松山城受け取りのために出陣した際には菅谷は赤穂留守部隊に編入されていた。赤穂藩改易後は、備中国足守や備後国三次へ赴いていたようである。三次ではおそらく兄を頼ったのであろうと思われる。また伏見に住んでいた時期もあるようだ。元禄15年(1702年)10月7日に大石良雄にお供して江戸へ下向した。江戸到着後は大石良金の借家石町小山屋へ入るが、一時は谷中長福寺の近松行重の弟のところへ身を寄せていた。菅谷政利 フレッシュアイペディアより)

  • 中国国分

    中国国分から見た備後国備後国

    なお、本能寺の変後の和睦条件は、当初織田氏方が要求していた備中・備後・美作・伯耆・出雲の5か国割譲に代えて、備後・出雲をのぞく備中・美作・伯耆の3か国の割譲と高松城(岡山県岡山市北区)の城主清水宗治の切腹というものであった。中国国分 フレッシュアイペディアより)

  • 小田県

    小田県から見た備後国備後国

    小田県(おだけん)は、1871年(明治4年)に備中国および備後国東部を管轄するために設置された県。現在の岡山県西部、広島県東部にあたる。設置当時は深津県(ふかつけん)と称した。小田県 フレッシュアイペディアより)

  • 藤原為通

    藤原為通から見た備後国備後国

    崇徳天皇に寵愛される。大治5年(1130年)叙爵され、右少将、左中将、備中介等を歴任。大治6年(1131年)従五位上の昇叙から、保延年間に従四位上まで昇進。永治2年(1141年)に正四位下に叙され、備後権介、左中将、蔵人頭等を経て、久安6年(1150年)に参議・中宮権大夫。仁平2年(1152年)に丹波権守となるが、2年後に卒去した。享年43。藤原為通 フレッシュアイペディアより)

  • 長井氏

    長井氏から見た備後国備後国

    備後の長井氏は、鎌倉幕府より備後国の守護として任命され栄えた。長井氏 フレッシュアイペディアより)

583件中 11 - 20件表示

「備後南部のできごと」のニューストピックワード